UEFAヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝

サッカーです。

イタリア・ミラノのジュゼッペ・メアッツァでの決勝は、
アトレチコ・マドリードとレアル・マドリードとの
二年前と同じ、マドリード・ダービーになりました。

スターティング・メンバーは、
アトレチコ・マドリード(4-4-2)
GK            オブラク
DF ファンフラン  サビッチ   ゴディン  Pルイス
MF         ガビ    Aフェルナンデス
    サウール                  コケ
FW       Fトーレス   グリーズマン

レアル・マドリード(4-3-3)
FW             ベンゼマ
    Cロナウド                ベイル
MF        クロース       モドリッチ
              カゼミーロ
DF  マルセロ   Sラモス    ぺぺ    カルヴァハル
GK              ナバス
です。

お互いをよく知りすぎる対戦なので、
まずは、相手の出方を見るようなゲームの入り方だったかな。
ところが、
前半15分、クロース選手のフリーキックをベイル選手が
頭で反らし、
セルヒオ・ラモス選手が飛び込んで、先制・・。

得点後のレアルは、無理に攻めず、ボール回しをしながら、
隙あらば・・という試合運び。
アトレチコの方は、左サイドからのアーリー・クロスで
チャンスらしいチャンスをつくるものの、レアルの
センター・バックの高さに跳ね返されるパターンが、
繰り返されるのみで、攻め手に乏しい前半でした。

後半、アトレチコのシメオネ監督が動きました。
Aフェルナンデス選手に代えて、カラスコ選手を投入。
そして、システムも4-1-4-1に変えたところ、
GK            オブラク
DF ファンフラン  サビッチ  ゴディン Pルイス
MF             ガビ
    グリーズマン サウール  コケ  カラスコ
FW            Fトーレス
対応に戸惑ったレアルは、後半開始早々、アトレチコにPKを
与えてしまう。
でも、グリーズマン選手PKは、クロスバーをたたき、ゴール
ならず。
それでも、試合の流れは、キレのいいカラスコ選手の応対に
手を焼くレアルが耐える展開に。
レアルのジダン監督の選手交代は、負傷やコンディションを
考えた選手交代のみで、後半31分には、3人の交代枠を
使い切るという、リスクのあるものでした。
レアルのカウンターで、決定機をものにできないと、
逆に、アトレチコが右サイドからのクロスに、カラスコ選手が
合わせて、同点に。
後半の34分のことでした。

この時点で、両チームともに、消耗が激しく、決めきれず
PK戦で決着となりました。

結果は、
レアル・マドリード   ○ ○ ○ ○ ○ 5
アトレチコ・マドリード ○ ○ ○ ×  3

で、レアル・マドリードの優勝です。
スポンサーサイト

MYTH&ROID と DAOKO



先日リリースされたばかりのMYTH&ROIDのシングル、
『STYX HELIX』です。

テレビアニメ「Re;ゼロから始める異世界生活」の
エンディング曲です。

MYTH&ROID(ミス・アンドロイド)は、
ヴォーカルのMayuと、
プロデューサーのTom-H@ckの二人ユニットです。

某テレビ番組にて、Tom-H@ck本人が語っていましたが、
この曲は、「不協和音の曲」ということで、作品の世界観を
反映した、耳に残るメロディの楽曲です。


daoko.jpg

こちらは、DAOKO(だをこ)という、私的に注目のヴォーカリスト
です。
きっかけは、HAL、モード学園のテレビCMで、
♪きらい・・きらい・・きらい・・大すき。
を聴いて、これは誰?と。
検索したところ去年に、メジャーデビューしたばかりの、
ニコ動出身?の歌い手さんで、
ウィスパー調の、ラッパーでもあるとのこと。
まだ、はっきりしたスタイルが、出来上がっていないところも、
可能性を期待したいですね。

⇑は、シングル「ShibuyaK/さみしいかみさま」のジャケです。
「ShibuyaK」は、お気に入りです。

全仏オープンテニス2016 二回戦三回戦

テニスです。

錦織圭選手の二回戦の相手は、
アンドレイ・クズネツォフ選手でした。

錦織   6-3   クズネツォフ
     6-3
     6-3
で、3-0で錦織選手の勝利でした。

サーブに、ショットに力のあるクズネツォフ選手との
対戦は、気の抜けない試合でした。
結果はストレート勝ちでしたが、クズネツォフ選手の
得意の形になると、錦織選手でも手を焼きました。
そこを、緩急を工夫したり、大事なところでポイントが
取れたうえでの勝利でした。

錦織圭選手の三回戦の相手は、
フェルナンド・ベルダスコ選手でした。

錦織   6-3   ベルダスコ
     6-4
     3-6
     2-6
     6-4
で、3-2のフルセットでの錦織選手の勝利でした。

左利きのうえに、強烈なフォアハンド、サーブと、
おまけにドロップ・ショットと使い分けられ、
錦織選手とある意味似たプレイスタイルの、
ベルダスコ選手でした。

第1セット第2セットと先行されたベルダスコ選手は、
開き直ったのか、厳しいコースにサーブも、ショットも
決まりだして、ほんと手が付けられない強さでした。
錦織選手も、ミスはしなくても、ポイントが取れない
追い詰められた試合展開になりました。

お互いにあと1セットという、イーブンな状況で、
冷静だった錦織選手が、しぶとく粘るベルダスコ選手を
最後に突き放した。
そんな薄氷を踏むような勝利でした。

まだまだ先は、長いですね。
なんとか、アンディ・マレー選手と当たるまでは、負けないで
欲しいものです。もし、そこで勝てるようなら、グランドスラム
優勝の夢が、見えてくるかもしれません。
それにしても、長く厳しいたいへんな道のりですね。

グリモワールの庭 1巻



はる桜菜・作。マガジンエッジコミックス・講談社。

魔法技師の学校に通うアトリ・グールドと、
レオンハルト・シェーンブルクの二人の少年のお話です。

語り草になっている大事件、ノインサイド事件。
魔法技師の卵であった夕紅琥珀(ゆうべに・こはく)が起こした
多数の死傷者を出した、禁断魔法をめぐる事件。
禁断魔法を手に染めた者がたどる末路に、誰もが忌避する
ところ・・。

アトリが自室に戻ると、いかにも怪しげな著書が置かれていた。
禁断魔法絡みで、退学になりたくないアトリは、その著書を
燃やして捨てたのだが、もとに復元するのだった。
処遇に困ったアトリは、実技試験の行われる野生地に、
こっそり捨てようとするのだが・・・。

キャラ絵に惹かれたのがきっかけですが、
物語的にも、感情的に刺激がありそうな設定に、
私にとって、新鮮な物語になりそうで、
楽しみで仕方ないですね。

次巻は、今秋ごろ発売予定とのことです。

表紙は、アトリ・グールドです。



ロクでなし魔術講師と禁忌経典 3巻



羊太郎・原作。常深アオサ・漫画。三嶋くろね・キャラ原案。
角川コミックスエース・KADOKAWA。

原作ラノベのコミックス化したものです。

アルザーノ帝国魔術学園の臨時講師に就任した
グレン・レーダスは、落ちこぼれな魔術師だった!?

担当クラスのルミア・ティンジェルのある秘密のために、
「天の智慧研究会」の襲撃を受けた学園だったが、
その一件を解決して晴れて、正規の講師になったグレン先生
と何かと狙われるルミアと、システィーナ・フィーベルの
お話です。

今巻は、女王が観覧する「魔術競技祭」が行われる
魔術学園にて、またしてもルミアが・・・。

数多ある魔術がらみのお話で、
どのあたりに他とは違うものを提示してくれるのか、
期待したいところですが、
どうでしょうか・・。

とある魔術の禁書目録 17巻



鎌池和馬・原作。近木野中哉・作画。はいむらきよたか・キャラ原案。
ガンガン・コミックス・スクウェアエニックス。

原作小説「とある魔術の禁書目録(インデックス)」のコミックス化
したものです。

科学の街・学園都市の上条当麻と、イギリス清教のインデックスの
二人が、科学の街・学園都市に敵対するローマ正教の魔術師たち
とのいざこざに、巻き込まれていくお話です。

大覇星祭のときの賭けに勝った御坂美琴は、罰ゲームとして
上条当麻に、ペア限定のゲコ太ストラップを手に入れるために、
「ハンディ・アンテナ・サービス」の契約につき合わせるのだった。

その頃、一方通行(アクセラレーター)と打ち止め(ラストオーダー)の
二人は、芳川桔梗に連れられて、アンチスキルの黄泉川愛穂の
もとでの、新たな暮らしを始めた早々に、ラストオーダーが・・。

という、コミカルなエピソードののちに、アクセラレーターと、
上条当麻と二人を巻き込む災厄のエピソードに続く
17巻です。

img910.jpg

さすがにもう、アニメ化の話はないのかな。

次巻は、12月発売予定とのことです。

表紙は、左下から御坂美琴と、
右上へと妹たち(シスターズ)一〇〇三二号です。

全仏オープンテニス2016開幕

テニスです。

錦織圭選手の一回戦の相手は、
シモーネ・ボレッリ選手でした。

錦織  6-1  ボレッリ
    7-5
    6-3
で、3-0で錦織選手の勝利でした。

錦織選手、
ここのところのクレー・コートの大会で、
あのジョコビッチ選手と立て続けに試合をする機会が
あって、いづれも敗戦していますが、
手ごたえも掴んだようです。

とはいえ、一回戦から、雨で中断して、かつ、順延にも
なって、ボレッリ選手の思い切りのいいショットに、
苦しめられる場面もありましたが、
ストレート勝ちしました。

ケガなく、勝ち進んでもらいたいものですね。

キャプテンハーロック 次元航海 4巻



松本零士・原作、総設定デザイン。漫画・嶋星光壱。
チャンピオンREDコミックス・秋田書店。

地球を第二の故郷とする『マゾーン』の、
地球移住のための侵攻に抗う、宇宙海賊キャプテン・ハーロック
のお話です。

地球への侵攻を本格化させる『マゾーン』と、その危機を
訴え続ける台羽博士だが、
地球政府は、誰も耳を貸してくれない・・・・。
そんななか、台羽正は、マゾーンの妨害を受けながらも、
マゾーンに抗う宇宙海賊キャプテン・ハーロックの艦、
アルカディア号に乗り込む。

いよいよマゾーン本隊との決戦を前にするアルカディア号。
台場正は、一人地球に戻り、マゾーンの謎を探る・・。
その地球では、機械化勢力に抵抗する大山まゆたちの
周辺に迫る魔の手が・・。

松本零士作品のあれやこれを、ふんだんに盛り込んだ
ストーリーになってきました。
なるほど、こだわりのフレーズを前巻に取り入れたのも、
そういう流れがあったから、なんですね。

う~~む、なんか違うなと思い始めている私です。

火輪を抱いた少女 vol.Ⅱ 悪鬼



七沢またり・著。流刑地アンドロメダ・画。
KADOKAWA。

帝国の「黎明計画」のために集められた子供たち。
十三番と呼ばれる少女は、太陽の血と言われる
液体を飲ませられながら、施設のなかで、次々と
仲間が死んでいく中、ただ生きていた。

ある日、成果の上がらない研究結果に、計画は破棄
されて、研究者もろとも、子供たちも太陽の血によって、
身を焦がされ死んでいった。
打ち捨てられた死体のなかで、生き残った赤い髪の
少女・十三番は、幸せを手にした物語の猫の名前、
ノエルを名乗り、仲間の分も幸せになるために
生きていくことを決意するのだった・・。
そして、ノエルは二又の槍を手に、戦場を駆ける・・。

コインブラ太守・グロールに反発した内乱を、
バハール太守・アミルによる策謀と知ったグロールは、
太守の妻子・サーラとエルガーの救出に貢献したノエルを、
コインブラ軍百人長に抜擢する。
そして、かねてから、皇位継承争いで後れをとるグロールは、
アミルのバハールへと、進軍するのだった・・。

キャラクターの配置や、ストーリーの展開に巧みさを感じる
しつこくなく、物足りないもなく、いいですね。
先々が気になるところです。

「vol.Ⅲ 二つの太陽」が、今月末くらいに発売予定なので、
楽しみです。

訃報 声優の水谷優子さん死去

いや、ほんとびっくりです。

先日の記事PCゲーム『EVE-burst error-R』で
紹介したように、プリン役のCVを担当している

img905.jpg

水谷さんのヴォイスを、
今、毎日のように耳にしていたので、
殊更、ショックです。

乳がんで、享年51歳・・。
若いね。

この作品には、故人となっている名優、
野沢那智さん、飯塚昭三さんのヴォイスが聞ける
私にとって貴重なものになっていますが、さらにまた、
その重要度が、増すことになりそうです。

そろそろエンディングに差し掛かるところまで、
ゲームは進みましたが、いろいろとよく憶えていました。
それだけ、インパクトが強かったストーリーでした。

別の意味でも、涙してしまいそうです。

ご冥福をお祈り申し上げます。

風夏  11巻



瀬尾公治・作。講談社コミックス・講談社。

両親が海外出張になったために、東京で姉姉弟妹(きょうだい)
4人で生活することになり、転校してきた榛名優は、
転校早々、クラスメイトの秋月風夏と強烈な!?
・・出会い方をする。
秋月風夏の夢を引き継ぐ形で結成したバンド・・。
その名も、「The Fallen Moon」。

ヘッジホッグス主催の野外フェスがいよいよ開幕。
今できる、めいっぱいのライブを果たした
ザ・フォールンムーンと碧井風夏だったが、
望月一檎(もちづき・いちご)ら他のバンドのライブに、
思うところがあったようで・・。

そんな彼らに、ヘッジホッグスのヴォーカル、
たまから意外な?提案をされるのでした・・・。

これまでのストーリーの流れから、
こうなるのだろうなという展開なんですが、
またしても、気持ちよくないものに。

もやもやしたものが、スカッと晴れるときがないから・・
かな。晴れそうで、すぐ暗雲が。
その暗雲も、嵐ならまだメリハリになるのだが、
梅雨のようなしとしと降るもので、
なまじ、音楽が好きだったりするから、なにか別のものを
音楽の持つなにかを、メインで描いてほしい気持ちが、
私にあるせいかもしれませんね。

雨降って、地固まるような展開を次巻に期待して・・。

その次巻は、8月17日発売予定とのことです。

表紙は、ヘッジホッグスのたま、です。

Edge of Tomorrow アルバム/SUNSTORM



先日リリースされたばかりの、サンストームの、
4thアルバム『エッジ・オブ・トゥモロー』です。

メンバーは、
ジョー・リン・ターナー、、、、、、、、、リードヴォーカル。
アレッサンドロ・デル・ヴェッキオ、、
、、、、、、、、、、、、、、ハモンドオルガン・キーボード。
シモーネ・ムラローニ、、、、、、、、、、、、、ギター。
ニック・マッズクーニ、、、、、、、、、、、、、、ベース。
フランチェスコ・ジョヴィーノ、、、、、、、、、、ドラムス。
です。

収録曲は、
1  Don't Walk Away From A Goodbye
2  Edge of Tomorrow
3  Nothing Left to Say
4  Heart of The Storm
5  The Sound of Goodbye
6  The Darkness of This Dawn
7  You Hold Me Down
8  Angel Eyes
9  Everything You've Got
10 Tangled in Blue
11 Burning Fire
(Bonus Track)
12 Angel Eyes (Acoustic Version)
です。

サンストームは、ジョー・リン・ターナーを中心とした
プロジェクト的なバンドで、これまでのアルバム3枚ともに、
メンバーや、作家陣が異なりますが、
基本的には、伝統的なメロディアス・ハード・ロック路線の
音作りです。
今作は、とくによりへヴィなサウンドとなっていて、
テクニカルなギターなど、聴き応えありな内容です。
デル・ヴェッキオとムラローニが主に曲を書いています。
緩急織り交ぜた良質のアルバムに仕上がっていると、
思います。

ジョー・リン・ターナーといえば、
リッチー・ブラックモアのレインボー、
イングヴェイ・J・マルムスティーンズ・ライジング・フォース、
マザーズ・アーミーなどでの活躍が印象的でしたが、
サンストームで、今なお健在な歌唱力を披露しています。

「ドント・ウォーク・アウェイ・フロム・ア・グッドバイ」
「エッジ・オブ・トゥモロー」「ハート・オブ・ザ・ストーム」
「ザ・サウンド・オブ・グッドバイ」
「エブリシング・ユーヴ・ガット」などが、
私のお気に入りです。

火輪を抱いた少女 vol.Ⅰ晴れのち地獄



七沢またり・著。流刑地アンドロメダ・画。
KADOKAWA。

帝国の「黎明計画」のために集められた子供たち。
十三番と呼ばれる少女は、太陽の血と言われる
液体を飲ませられながら、施設のなかで、次々と
仲間が死んでいく中、ただ生きていた。

ある日、成果の上がらない研究結果に、計画は破棄
されて、研究者もろとも、子供たちも太陽の血によって、
身を焦がされ死んでいった。
打ち捨てられた死体のなかで、生き残った赤い髪の
少女・十三番は、幸せを手にした物語の猫の名前、
ノエルを名乗り、仲間の分も幸せになるために
生きていくことを決意するのだった・・。
そして、ノエルは二又の槍を手に、戦場を駆ける・・。

冒頭からなかなかへヴィーな内容ですが、
意外に共感できる部分も多くて、
どういった行く末にたどり着けるのか、
楽しみにして、いいのかな。

近日発売予定のvol.Ⅲで、完結っぽいので、
速やかに、vol.Ⅱを読み終えたいな。
しかし、読書ペースは速くないので、ごにょごにょ・・。

表紙絵の少女の表情が、いろいろと物語っていますね。

魔法科高校の劣等生 SS



佐島勤・著。石田可奈・イラスト。電撃文庫・KADOKAWA。

魔法科大学付属第一高校に入学した司波達也・深雪兄妹。
主席入学の深雪は優等生、達也は劣等生と、魔法科高校には、
魔法の成績による格差があり、達也と深雪には、ある秘密が
あった・・・。そんななかで、仲間を得て、魔法師としてのあり方と
戦い続ける兄妹の物語です。

13巻 スティープルチェース編の、
達也が九島家のパラサイドールのテストを阻止するお話で、
九校戦の方の、第一高校と黒羽姉弟のエピソード集です。

SSは、サイド・ストーリーの略でしょうか。

     竜神の虜
     ショットガン!
     一人でできるのに
     目立とうミッション
     薔薇の誘惑
の五話です。

意外性や新鮮味は、いまひとつですが、
このところ学校が舞台でないところでのお話だったので、
当初の、雰囲気を思い出すという意味合いが強かったかな。

そういう意味で、次巻は、先輩たちのエピソード集ということで、
クライマックス前に、ある程度片づけておこうという意図の
ようです。そして、次々巻からいよいよ、という予定とのことです。

来訪者編(漫画・マジコ)のコミックスが楽しみです。

表紙は、西城レオンハルトと、千葉エリカです。


The Alan Parsons Project



アラン・パーソンズ・プロジェクトのベスト・アルバム、
『The Definitive Collection』アルバムです。

収録曲は、
DISC1
1    I Robot
2    I Wouldn't Want to be Like You
3   Breakdown
4   Don't Let it Show
5   Voyager
6   What Goes Up...
7   The Eagle Will Rise Again
8   Can't Take it With You
9   Pyramania
10    Damned If I Do
11    Lucifer
12   If I Could Change Your Mind
13   The Turn Of A Friendly Card (Part 1)
14   Snake Eyes
15   Games People Play
16   Time
DISC2
1    Sirius
2   Eye In The Sky
3   Psychobabble
4   Mammagamma
5   Old And Wise
6   Prime Time
7   Don't Answer Me
8   You Don't Believe
9   Let's Talk About Me
10  Days Are Numbers (The Traveller)
11  Stereotomy
12  In The Real World
13  Standing On Higher Ground
14  Too Late
15  Turn it Up
16  Re-Jigue
です。

77年リリースの「I Robot」アルバムから、
93年リリースのアラン・パーソンズ名義のアルバム、
「Try Anything Once」までの選曲です。

アラン・パーソンズ・プロジェクトは、アラン・パーソンズと
エリック・ウルフソンの二人が中心のプロジェクトです。

プログレっぽいインスト曲ありのの、
耳に馴染むメロディのヴォーカル曲もありのの、
それでいて、しっくりハマる楽曲が並んでいます。

私のお気に入りは、82年「アイ・イン・ザ・スカイ」アルバム、
84年「アンモニア・アヴェニュー」アルバム、
86年「ステレオトミー」アルバムの曲です。
「シリウス」からの「アイ・イン・ザ・スカイ」
「ドント・アンサー・ミー」
「プライム・タイム」
「ステレオトミー」
「イン・ザ・リアル・ワールド」
とか。


WOUNDED LAND アルバム



93年リリース、イギリス出身のプログレ・ハード・ロックな
バンド、THRESHOLDのアルバム、
『ウーンデッド・ランド』です。

メンバーは、
ダミアン・ウィルソン、、、、、、、、、、、、ヴォーカル。
カール・グルーム、、、、、、、、、、、、、ギター。
ニック・ミッドソン、、、、、、、、、、、、、、ギター。
ジョン・ジアリー、、、、、、、、、、、、、、、ベース。
リチャード・ウェスト、、、、、、、、、、キーボード。
トニー・グリナム、、、、、、、、、、、、、、ドラムス。
です。

収録曲は、
1   Consume To Live
2   Days Of Dearth
3   Sanity's End
4   Paradox
5   Surface To Air
6   Mother Earth
7   Sierge Of Baghdad
8   Keep It With Mine
9   Intervention
です。

90年代にDREAM THEATERに代表されるような
プログレ・ハードなバンドが、数多、デビューしたが、
スレッショルドも、そんなバンドのひとつと、
言っていいのかもしれません。

1曲で10分を超える大作的な楽曲ありの、
当時の社会背景を反映したような歌詞世界です。

「コンサーム・トゥ・リブ」
「パラドックス」
「インターヴェンション」
が、お気に入りです。

DEPARTURE アルバム



98年リリース、ディパーチャーのデビュー・アルバム、
「DEPARTURE」です。

メンバーは、
Kenny Michaels・・・・・・・リード・ヴォーカル。
Mike Walsh・・・・・・・・・・ギター・キーボード。
Jeff Seykot・・・・・・・・・・・ベース。
John O'Connell・・・・・・・・・キーボード。
Steve Pazzelanti・・・・・・・・・・ドラムス。
スペシャル・ゲスト
David Rosenthal・・・・・・・・・キーボード。
です。

収録曲は、
1    FASTER
2    SEARCHIN'
3    THE WAY YOU SHOW YOUR LOVE
4    TONIGHT'S THE NIGHT
5    IS THIS LOVE?
6    ANYMORE
7    HOWLING AT THE NIGHT
8    ALL SO EASY
9    EYES DON'T LIE
10   THE BITTER RAGE
11   WHAT GOES AROUND
12   CAN'T HURT MENOW
13   A PRAYER FOR ME
SECRET TRACK・・・
です。

マルチな活躍をしていたマイク・ウォルシュが中心となって
結成されたバンドです。
抒情的なメロディの良質な楽曲が揃いました。
ほんと拾いものなアルバムです。
「トゥナイツ・ザ・ナイト」は、あのスティクスっぽいかもです。
どの曲も好きですが、
「ファスター」「サーチン」「イズ・ディス・ラブ?」
「アイズ・ドント・ライ」「ホワット・ゴーズ・アラウンド」
「ア・プレイヤー・フォア・ミー」が、
とくに、お気に入りです。

歌詞的にも、馴染みやすいです。

家庭用事件



似鳥鶏・著。創元推理文庫・東京創元社。

部員ひとりだけの美術部・一年生の葉山君、
天才、変り者で探偵役・三年生の伊神先輩、
演劇部部長・二年生の柳瀬さん、
の三人の高校生を中心とした学園ミステリーです。

「家庭用事件」は、短編集です。
表紙絵を一新して、改めて『市立高校シリーズ』としての、
新刊です。
以前のものも、
「理由あって冬に出る」
「さよならの次に来る-卒業式編-」
「さよならの次に来る-新学期編-」
「まもなく電車が出現します」
「いわゆる天使の文化祭」
「昨日まで不思議の校舎」
表紙絵を一新して再発売されています。
イラストは、けーしん です。

今巻の短編集は、それぞれのエピソードの間に
入るもので、伊神先輩が卒業していたり、
在学中だったり、します。

・・不正指令電磁的なんとか
・・的を外れる矢のごとく
・・家庭用事件
・・お届け先には不思議を添えて
・・優しくないし健気でもない
の五話です。

葉山君と柳瀬さんの関係性が好きなのですが、
今巻では、柳瀬さんの見せ場がないので残念です。

逆に葉山君の妹・亜理紗のキャラが立ったのかな。
表題でもある「家庭用事件」での、夕食を葉山君と
その妹・亜理紗と伊神先輩とで摂りながらの、
推理談義は、面白かったかな。

逆に、ミステリー的な意味では、短編なので
印象に残らないですね。

次巻は、・・あるかな?
あれば、柳瀬さんに活躍の場がありますように。

怪盗ルパン伝アバンチュリエ 5 奇巌城〈下〉



モーリス・ルブラン原作、森田崇・作。
HCヒーローズコミックス・小学館。

謎の暗号文を入手したイジドール・ボートルレ少年は、
二つの言葉、「エギーユ・クルーズ 空洞の針」と、
「ドモワゼル 令嬢たち」を解明し、暗号文のもとになった
著書を所有者に見せてもらって、さらなる解明をしようと
したところ、ルパンの邪魔が入る・・・。

それでも、ボートルレ少年は、ルパンのアジトを指すもの
として、その暗号文を解き明かそうと、ノルマンディー地方を
見聞してまわるのでした・・。

これまで、何度となくルパンと対決し、ときに追い詰め、
ときにしてやられたボードルレ少年だったが、
アジトに近づくにつれて、対決を重ねるごとに、
ルパンの魅力に気づくのだった・・。

一区切りつきました。
さて、このあとルパンは、ルパンであり続けるのか?

次巻は、どのエピソードになるのかな、楽しみです。
まさか、これでおしまいなんてことは!
ないですよね?

EVE-burst error-R



先日発売になったPCゲーム・EVE-burst error-Rです。
Windows vista/7/8/8.1/10対応。
18才以上推奨。
97年発売のセガサターン版を当時、プレイして、
印象深く残ったシナリオでした。

制作  ElDia
キャラクターデザイン原案・田島直
キャスト
天城小次郎CV子安武人
法条まりなCV三石琴乃
プリンCV水谷優子
御堂真弥子CV堀江由衣
桂木弥生CV本多知恵子
氷室恭子CV松井菜桜子
柴田茜CVかないみか
シリア=フラットCV高乃麗
甲野本部長CV野沢那智
鈴木源三郎CV大塚明夫
二階堂進CV上田祐司
ロス御堂CV若本規夫
アクアCV田中敦子
香川美純CV渕崎ゆり子
松乃広美CVむたあきこ
グレンCV飯塚昭三
孔CV茶風林

セガサターン版から20年でのリメイク。
CVは、プレステ版のようですね。
法条まりなは、岩男潤子だったように記憶しています。
新規書き下ろし含む、デジタルリマスターしたものということです。

いまはもう、聞くことのできない名優のヴォイスが蘇ります。

物語は、
イリーガルな探偵・天城小次郎は、イスラム文様の絵画を
捜索する依頼を受ける。
一方、元内調の一級捜査官・法条まりなは、
エルディア共和国の大使、ロス御堂の娘、御堂真弥子の
護衛を任される。
別々に始まる二人のシナリオが、少しずつ、あるひとつの
物語へと集約していく・・・というものです。

システム的に、選択肢を網羅しないと、先に進めなかったり、
なかなか面倒な側面もありますが、ゆっくりじっくり
楽しめれば、なかなかのボリューム感になります。

懐かしみながらのプレイを楽しみます。

プランダラ  4巻



水無月すう・作。角川コミックスエース・KADOKAWA。

この世界は、数字に支配されている。
人それぞれ特定の事で、身体のどこかに表示されているカウント
が、増えたり、減ったり、するなか、数字が大きい人は、
より小さい人に「命令」ができて、逆らうことができない。
また、数字がゼロになってしまうと、「アピス送り」と言って、
地下に、ずぶずぶと呑み込まれてしまう、そういう世界です。

陽菜(ひな)は、母親が旅の途中で、アピス送りに遭ってしまい、
母親の遺言、「撃墜王を捜しなさい」に従って旅を続けていた。
その撃墜王のひとり、リヒトーはジェイル中尉たち軍部と、
王族直属の特務部隊に追われていた。

そんな矢先に「アビスの悪魔」が出現。リヒトーたちが苦戦する
なか、特務部隊の園原水花(そのはら・みずか)少佐が現れ、
「議会(アルシング)」と呼ばれる地表から伸びる、
無数の黒い手・・・と戦うことに。

今巻は、その戦いで負傷したリヒトーをジェイル中尉たちが、
匿っているところから始まります。

軍部総司令から呼び出しの命令で、ジェイル中尉は王都に
帰還するが、そこで『廃棄戦争』のこと、「撃墜王」たちのこと、
いろいろと知るのだった…。

過去に何があったのか、明らかになりつつ、そして、
ジェイル中尉や陽菜たちは、過去にさかのぼるのでした。
そこには今のリヒトーとは違う、離人(りひと)がいた・・。

というところで、思わぬ方向に話は進みまして、
これまで、前フリみたいなものも、回収される展開に
なるのでしょうか?

次巻はいつごろかな?

表紙は、園原水花です。

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

麻生波枕

Author:麻生波枕
FC2ブログへようこそ!
好きなもの、好きなことを
大切にしています。
音楽・コミックス・
ノベルス・スポーツ・
イラスト・その他を、
おもしろかわいいを
こよなく愛しています。

最新記事

検索フォーム

アルバム コミックス他Ⅰ

紹介した表紙などです。

アルバム コミックス他Ⅱ

コミックス等の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅲ

コミックス他の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅳ

コミックス他の表紙です。

黒メイド時計

QRコード

QR

カテゴリ

リンク

アルバム 音楽Ⅰ

紹介した音楽ジャケット。

アルバム 音楽Ⅱ

音楽ジャケットです。

月別アーカイブ