ホーンテッド・キャンパス なくせない鍵



櫛木理宇・著。角川ホラー文庫・KADOKAWA。

青春オカルトミステリーです。
雪越大学に一浪して合格した八神森司は、霊的なもの感じることのできる
少年であるが、なるべくそういうものに関わらないように、
見えていないものとしていた。

高校生のときに、1年後輩の灘こよみに忍び寄る黒い影を遠ざけて以来、
灘に淡い恋心を抱くようになって、
晴れて、同じ大学の同級生となったのだが、
こよみからは、「八神先輩」と呼ばれる、近づけそうで近づけない間柄のまま
なのでした。
そんな二人は、こよみが心霊的なものに憑かれやすいことを理由に、
幼馴染みにして先輩でもあるオカルト研究会部長・黒沼麟太郎に、
オカ研にいた方がいいと薦められ、入会することに・・。

7冊目です。
クリスマスも終わり、藍はオカ研のメンバーで、「2年参り」をしようと、
提案する・・・・・・。

4話構成です。前巻は、純然たるホラーなお話でしたが、
今回は、バラエティーに富んだ怖さを描いています。

一方、森司とこよみの関係は、ずいぶん進展してきたのかな?
と思い始めていましたが、果那のいけずな一言によって、
ぐらつく森司なのでした・・。
なんかもう、初めは、こよみに対して、森司はもったいないなと、
思っていましたが今は、逆転するくらい森司のヘタレぶりに、
果那がいけずな話をしたくなる気持ちが、よく分かります。

コミックス化されているらしいです。
2つの出版社から、発売になっている(なる)らしいです。
スポンサーサイト

シドニアの騎士  14巻

弐瓶 勉・作。アフタヌーンKC・講談社。

太陽系を謎の生命体・奇居子(ガウナ)の襲撃によって失った人類は、
恒星間宇宙船シドニアで、人類存亡をかけた戦いを千年にわたり、
続けていた。
その地下で、衛人(もりと)のシミュレーション装置で訓練されてきた
谷風長道(ながて)は、師匠の死をきっかけに地上に出てきてしまった。
コメ泥棒で捕まったところ、シドニアの小林艦長に保護されて、
衛人に乗って奇居子と戦うことを決意する・・・。

ガウナの巣窟となっている大シュガフ船との決戦をまえに、
レム恒星系にて準備をすすめる長道たち・・・。
その決戦を直前に、極秘裏に開発し、凍結していた融合生命体「かなた」を
小林艦長の命令で、解体作業を始めたところ、「落合」がそれを乗っ取った。

・・・ところから、今巻は、始まります。
「落合」の目的が、今ひとつ、何がしたいのが、よくわかりません。
私だけなのかな。
これまで、表向き封じられていた「落合」だったが、ここへきて、
シドニアの面々の邪魔になるようなことになっています。
ただでさえ、勝ち目の薄いなかで、決戦を控えていたのだが、
さらに、ピンチなことに・・・。
長道たちは、この難局を、どう乗り越えるのでしょうか?
次巻あたりには、いよいよ出撃することになりそうです。

私の嗜好の少し外側を行く、「シドニアの騎士」です。

SERVICE: アルバム



83年リリース、YMOの7枚目のオリジナル・アルバムです。

収録曲は、
   1    Limbo
        S.E.T.
   2    The Madman
        S.E.T.
   3    Chinese Whispers
        S.E.T.
   4    You’ve Got To Help Yourself(以心電信)
        S.E.T.+ YMO
   5    Shadows on the Ground
        S.E.T.
   6    See-Through
        S.E.T.
   7    Perspective
        S.E.T.
です。

S.E.T.は、三宅裕司主宰の劇団、
スーパー・エキセントリック・シアターによるコメディ・パートです。
「スネイクマン・ショー」ほどの毒はありませんが、
シュールな笑いになっています。

「以心電信」は、前作「浮気なぼくら」アルバムでは、
インストゥルメンタル曲でしたが、今作で歌詞が付き、
ヴォーカル曲になっています。
細野、高橋、坂本の3人の特色が、はっきりしてきたアルバムと
いえるのではないでしょうか。
こののち、「散開」に至るのですが、
3人の共作曲、「シー・スルー」が、私のお気に入りです。

ひまわりさん  5巻



菅野マナミ・作。コミックス・アライブ、メディアファクトリー。

学校の真ん前にある古ぼけた小さな書店「ひまわり書房」の店主・・。
みな、彼女のことを『ひまわりさん』と呼ぶ。
周囲の人々には、親しみを込めて、そう呼ばれているけれど、
肝心の本人には、そんな自覚もなく、悩んだり励まされたり・・・。
ほんのり心温まる、
不器用な日常を描くコミックスです。

ひまわりさんの兄にして小説家の黒井里先生と、
ひまわりさん大好き女子高生・まつりちゃんが、
二人だけでデートすることに・・・・。
その日、ひまわりさんは、親友のあやめの誕生日を祝うために、
お店を閉めて、あやめの部屋に来ていたが、
まつりちゃんのことが気になって、気もそぞろ・・・・。
あやめの提案で、変装して二人のデートの現場に向かう
ひまわりさんなのでした。

1年以上ぶりの新刊です。
もう終わるのかな?と思っていましたが、まだまだ続くようで、
ホッとしました。
しかし、次巻は、いつ頃になりますやら・・・・・・・・・・・。

幸せに・・/七色・・/Un・・

今、お気に入りの曲をば・・・。

『幸せについて私が知っている5つの方法』
坂本真綾

アニメ「幸腹グラフィティ」のOP曲ですが、
Aパート?導入部のもやもやした曲調から、雲が晴れて、
キレイな青空が見えてきそうな、サビへの展開が気持ちいいです。
坂本の透明感のあるヴォーカルと相まって、浄化されそうです。
・・・・・5つの方法、気になりませんか?

『七色シンフォニー』
コアラモード

あんにゅと小幡康裕の男女ユニットの、コアラモード。
アニメ「四月は君の嘘」のOP曲です。
あんにゅのヴォーカルが、少年っぽくて、
初々しく感情を歌い上げます。
♪ド・レ・ミ・ファ・ソっ・・

『Unlock』
三浦大知

テレビドラマ「ゴーストライター」のOP曲です。
ベース音?から始まる雰囲気のある楽曲です。

機会がありましたらば、聴いてみてくださいませ。

87CLOCKERS 6巻



二ノ宮知子・作。ヤングジャンプコミックス・集英社。

音大生の一ノ瀬奏は、寒空のなか、玄関前にたたずむハナに、
ひと目惚れするも、ハナはオーバークロックの記録保持者・MIKEの
パートナーだった・・・。ハナをきっかけに、オーバークロックの世界に
ずるずると、のめり込んでいく奏なのでした・・・。

前巻まで、丸田さんの牧場で、ハナとともにバイトをしながら、
オーバークロックの記録を出し、日本代表として、オーバークロックの
世界大会に出場することになった奏であったが、ハナは許婚という
火切俊光に追われ、牧場を逃げ出す…というところでした。

今巻は、奏が久しぶりに自分の家に帰ると、そのハナが、なぜかいる
というところから、始まります。

いよいよ世界大会が始まるという展開ですが、一筋縄ではいかないことに
悩まされる奏なのでした。

今巻には、MIKEの学生時代から、いかにしてオーバークロックの世界に
入っていったかを描く外伝も、収録されています。

次巻は夏ごろ発売予定とのことです。
奏の恋の行方は、どうなりますやら。

風夏  5巻



瀬尾公治・作。講談社コミックス・講談社。

両親が海外出張になったために、東京で姉姉弟妹(きょうだい)4人で
生活することになり、転校してきた榛名優は、転校早々、クラスメイトの
秋月風夏と強烈な!?・・出会い方をする。
そのときに風夏が落としたCDは、人気歌手・氷無小雪のCDで、
その氷無小雪は、榛名優の幼馴染みでもあった・・・。
優と風夏と小雪の恋模様と、音楽を通して巡り巡っていくお話です。
と思っていたら、違う方向に話が進み始めました。

小雪をフッて、風夏とともにバンドも、ライブハウスでの対バンも決まり、
順風満帆かのようにみえていた優だったが・・・・。
そのライブ当日、風夏が交通事故で帰らぬ人に。
が、前巻までのお話です。

風夏の葬儀にも出席しない優・・・。
大きなショックを受けたメンバーは、当然のようにバラバラになっていく・・。

さてさて、いかがなものでしょうね。
いくら作家本人が作り出したキャラとはいえ、
主役級のキャラをねぇ・・・このような扱いをして。

過去作品にも、名作といわれるものにも、こういうお話はありますが、
やはり、どんなハッピー・エンド的なお話になっても、一度穿たれた楔の
ようなものは、どんどん大きいものになってしまうでしょう。
・・・・・険しい道のりを、どう落とし前つけてくれるのでしょうか。

次巻は、5月15日発売予定とのことです。
表紙は、秋月風夏です。

魔女は月曜日に嘘をつく



太田紫織・著。清原紘・表紙イラスト。朝日エアロ文庫・朝日新聞出版。

著者は、「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」シリーズの著者です。
そして、イラストが清原紘さんとくれば、私が手に取らない理由は、
ありませんでした。

三話構成で、
    第一話 魔女は月曜日に嘘をつく
    第二話 金曜日のカモミール
    第三話 日曜日の白鳥
です。

何事も起用で、話し上手、日米で仕事に成功していた犬居克衛(いぬい・
かつえ)は、健康を損ね仕事も、付き合っていた彼女も失い、傷心のまま
帰国して、北海道で再出発を考えていた。
が、なかなか新しい仕事先が見つからず、大家の東(あずま)夫婦に、
ハーブ農園「フクロウの丘」の店主、
卯月杠葉(うづき・ゆずりは)の手伝いを斡旋してもらった。
だが、その店主は、人の感情の善悪が分かってしまう魔女でした・・・・・。

第一話は、「ビブリア古書堂の事件手帖」と、構造や背景が重なるものが、
あるように思いましたが、最後の最後で、当然ですが、違いました。

かつて、ハーブに関心がありましたが、その頃のことを懐かしく思い出し
ました。犬居と杠葉の二人にどんな変化が訪れるのか・・。
シリーズとして、続いてくれるといいな。

DAYS 10巻

安田剛士・作。講談社コミックス・講談社。

デイズという漫画は、柄本つくしが、高校に進学するときに出会った
風間というサッカーの才能にあふれる少年と友達になることで、初めて
サッカーの楽しさ・面白さを知り、高校でサッカー部に入ることを決めるものの
聖蹟高校サッカー部の強豪校としてのレベルの違いに戸惑いつつも、
愚直に向き合っていく、というお話です。

高校サッカー選手権の東京Aの地区大会・決勝を控えた聖蹟サッカー部。
柄本つくしは、臼井先輩とFWの動きだしの特訓を続けていた。
マネージャーの生方は、決勝戦の対戦相手、東院学園の練習を
偵察しに出かけた・・・・・・・。

いよいよ決勝戦も始まって、開始早々から激しい試合になっている
ようですね。つくしは、先発メンバーでスタートしています。
なにが、勝敗を分けることになるのか、楽しみですね。
丁寧にワンプレー、ワンプレーを描いているので、試合の様子も、
イメージしやすいです。

次巻は、4月17日発売予定とのことです。

ROCK’N SOUL PART 1 アルバム



83年リリース、デビューから10年ほどの間のヒット曲と、
新曲2曲を含む全12曲の、
ホール&オーツのベスト・アルバムです。
「フロム・A・トゥ・ONE」という、邦題が付いています。

収録曲は、
  1     SAY IT ISN’T SO
  2     SARA SMILE
  3     SHE’S GONE
  4     RICH GIRL
  5     KISS ON MY LIST
  6     YOU MAKE MY DREAMS
  7     PRIVATE EYES
  8     ADULT EDUCATION
  9     I CAN’T GO FOR THAT(YOU CAN DO)
  10    MANEATER
  11    ONE ON ONE
  12    WAIT FOR ME(Live Version)
です。

「セイ・イット・イズント・ソー」と「アダルト・エデュケーション」の2曲が、
この時の新曲です。
ホール&オーツは、男性ヴォーカル・デュオで、
ダリル・ホールとジョン・オーツの二人組です。

ベスト盤なので、どこかで耳にしたことのある楽曲が多いのでは、
ないでしょうか。
「ロックン・ソウル」というタイトルが、すごく分かり易く
ホール&オーツの音楽性を象徴しています。
つまり、ロックとソウルの融合ですね。

殆どの曲をダリル・ホールが手掛けていますが、少数でも、
ジョン・オーツが、作曲もリード・ヴォーカルも務めた良曲もあります。
このベストでは、選曲されていませんが。

ベストだけに、私のお気に入りは、全部と言えますが、のちにも前にも、
いいアルバムをリリースしていますので、
いづれまたの機会に、紹介したいアーティストです。

半翼の逃亡者



永野水貴・著。富士見L文庫・富士見書房。

オヴェストの町には、南北に隔てる高い壁が、長く連なっている。
北側は、渓谷地帯で腕に羽が生えていて飛ぶことができる種族・鳥人が、
生活していた。もとは、同じ種族だったが、南側の平地地帯に住む南部人
には、羽は無く、北の種族は南部人を蛮族と蔑み、南部人は北の鳥人の
文明的な遅れを差別し、北と南で争いが絶えませんでした。

そして、こたび、なんとか和平への交渉のテーブルに着いた北の大使たちと、
南の大使たち・・。南の言語を理解しない北の大使は、南の言語も理解する
半翼のフェリータを、通訳として帯同させた。
ところが、南の大使・アンドレアが殺されてしまい、その犯人に、フェリータが
疑われることになった。身に覚えのないフェリータは、逃亡するが、
すぐに牢に捕らえられてしまう。自問自答するフェリータ・・・そのとき、なぜか
アンドレアの声が聞こえてきて、半透明な姿のアンドレアにきづく・・・・・。

幽霊になったアンドレアは、殺された時の記憶がなく、犯人とされてしまった
フェリータは、二人で真犯人を突き止めるべく、脱獄するのであった・・・・・。

という話のはじまりです。
読後の感想としては、鳥人という設定は、必要だったかな?
と思うくらいに、ありそうなお話でした。
あまりリアルに寄せると、カドが立ちそうなので、
ふわっとしたお話にしたのかな。
もう少し違うものを期待していましたが、こじんまりした感じでした。

INNUENDO アルバム



91年リリース、QUEENのフレディ・マーキュリー存命中の
ラスト・アルバム「イニュエンドゥ」です。

残された時間は、あまりないことの自覚があったのかどうかは、
本人たちにしか、分からないことですが、
どんな些細なアイディアでも、
形に出来るものは、全部、形にした、
「ありったけのクィーン」を詰め込んだような楽曲が、揃いました。

収録曲は、
   1    INNUENDO
   2    I’M GOING SLIGHTLY MAD
   3    HEADLONG
   4    I CAN’T LIVE WITH YOU
   5    DON’T TRY SO HARD
   6    RIDE THE WILD WIND
   7    ALL GOD’S PEOPLE
   8    THERE ARE THE DAYS OF OUR LIVES
   9    DELILAH
   10   THE HITMAN
   11   BIJOU
   12   THE SHOW MUST GO ON
です。

私のお気に入り曲は、
1、2、3、4、6、9、12曲目です。

「イニュエンドゥ」は、70年代のヒット曲を思い出させるような、
スケール感のある曲で、間奏にスパニッシュ・ギターをはさみ、
当時、スペインの音楽に傾倒していたのかな(のちの、バルセロナ五輪
のテーマ曲になった「バルセロナ」に携わっている)、という今も昔も
混在した楽曲です。
「アイム・ゴーイング・スライトリィ・マッド」や「ヘッドロング」は、
前作「ザ・ミラクル」アルバムの延長にあるような曲で、
耳馴染みやすいかな。
意図したわけではないのかもしれませんが、
キャリアの総集編的な匂いがしないでもないです。
そして、ラストを飾る「ザ・ショウ・マスト・ゴー・オン」は、
胸に篤いものが、こみ上げてきます。
これで、終わるつもりも、終わらせるつもりも、なかったのでしょうね。
逆に、意味深い楽曲になってしまったように思います。

キャプテン・ハーロック 次元航海 1巻



松本零士・原作、総設定デザイン。漫画・嶋星光壱。
チャンピオンREDコミックス・秋田書店。

松本零士のキャラをそのまま踏襲して、今風にアレンジしたもの、
と、とらえて良さそうです。

地球を第二の故郷とする『マゾーン』の、
地球移住のための侵攻に抗う、宇宙海賊キャプテン・ハーロックのお話です。
地球への侵攻を本格化させる『マゾーン』と、その危機を訴え続ける台羽博士
だが
地球政府は、誰も耳を貸してくれない・・・・。

アルカディア号は、原作コミックス・テレビアニメ版のままでした。
こっちの方が好きですね。
艦首の大型カッターによる攻撃は、衝撃でした。
いろんな意味で。
このあたりは、変更もしくは削除されるかもしれませんね。

冒頭にありますが、絵は、松本零士の、あの独特なキャラをそのままに、
描かれています。多少、劇画チックにした感じでしょうか。
さて、どうなりますやら、楽しみです。


珈琲店タレーランの事件簿 4巻



岡崎琢磨・著。宝島社文庫・宝島社。

京都にある純喫茶タレーランのバリスタを務める切間美星と、
美星の淹れるコーヒーと美星自身にも、心酔するアオヤマの二人が、
謎解きしていくお話です。

「ブレイクは五種類のフレーバーで」というサブタイトルが付いている
今巻は、五編の短編集です。
☆ 午後三時までの退屈な風景
★ パリェッタの恋
☆ 消えたプレゼント・ダーツ
★ 可視化するアール・ブリュット
☆ 純喫茶タレーランの庭で
と、他です。

前巻は、当初のカラクリ(?)が全くないお話だった上に、
中味的にも、、それまでの2巻とは違う趣でしたが、

今巻は、タレーランの持ち味とも言えるカラクリ(?)が、復活しています。
実は、まだ全部を読み終えてはいないのですが、
短編集ということで、日常にあるお話(美星やアオヤマが当事者ではない)に
なっています。もちろん、美星が疑問や謎を解いていきます。

ということで、美星とアオヤマの仲に、進展はないようですね。

アルスラーン戦記 3巻

田中芳樹・原作。荒川弘・漫画。講談社コミックス・講談社。

人はみな平等をうたうイアルダポート教を国教とするルシタニアと
奴隷制をよしとするパルスは、異教徒の国として、戦が絶えなかったが、
パルスの王・アンドラゴラスは、不敗の王として、これを退け続けていた。
が、これまでのルシタニアとは、なにかが違い、
パルスの不敗の王は、策略にかかり、行方不明となる。

バルスの王子・アルスラーンも命の危ういところを、騎士ダリューンに救われる・・。
アルスラーンたちは、ナルサスの協力を得て、
王都奪回をめざす・・・・というお話です。

アルスラーン王子一行を捕縛の為に、王都を出陣したカーラーンの部隊は、
近隣の村を襲い、王子たちを誘い出そうとしていた。
それを知ったアルスラーン王子は、カーラーン部隊を、わずか数名で
迎え撃つことに……。

ルシタニア軍の首謀者・銀仮面卿の正体が、早くも明らかに・・・。
さてさて、案外早くに結末が訪れるのでしょうか。
次巻は、9月発売予定とのことです。

原田真二の世界 ベスト



98年リリース。原田真二の77年デビューから15年間のベスト・アルバムです。

収録曲は、
 1     てぃーんず・ぶる~す          (77年)
 2     キャンディ                 (77年)
 3     シャドー・ボクサー            (77年)
 4     タイム・トラベル              (78年)
 5     スペース・ラブ               (78年)
 6     Our Song                (78年)
 7     マーチ                   (79年)
 8     STRAWBERRY NIGHT      (80年)
 9     雨のハイウェイ              (83年)
 10    Modern Vision            (84年)
 11    永遠を感じた夜             (85年)
 12    伝説KISS                (86年)
 13    見つめてCARRY ON        (86年)
 14    君にもっと近づきたくて         (87年)
 15    You are My Energy        (88年)
 16    Miracle Love              (92年)
 17    黙示録(The Revelation)      (78年)
です。

デビューが、3曲連続リリースで、チャート上位に同時に
ランクインという衝撃的なものでした。
グランドピアノを弾きながらの、「キャンディ」を歌う映像が、
印象に残っています。

80年代は、そんなに目立ったものは無かったようですが、
他アーティストへの楽曲提供で、目に入ることが多かったでしょうか。
松田聖子、吉川晃司、郷ひろみなどなど。
でも、私のお気に入り曲は、この80年代のものが中心です。
「ストロベリー・ナイト」
「モダン・ヴィジョン」
「伝説キス」
の3曲は、ばりばり80年代のサウンドです。
「見つめてキャリー・オン」
「ミラクル・ラブ」
も、好きです。

タイタニア 5 〈凄風篇〉 完結



田中芳樹・著。講談社ノベルス・講談社。

「星間都市連盟の時代」に、タイタニア一族が、ヴァルダナ帝国側に寝返って、
帝国の同盟者を名乗り、決して皇帝の臣下になったわけではない、という
強烈な矜持のもと、苛烈な家風で、繁栄を謳歌していたのである。
「宇宙はタイタニアとともにあり。」
タイタニアの隆盛に反比例して、星間都市連盟は衰退しつつあり、そんななか、
ときおり、タイタニアに反発しつつも、圧倒的なタイタニアに抵抗しうるものは、
いませんでした。

タイタニア藩王君主、アジュマーン・タイタニアは、タイタニアの若き当主、
アリアパート・タイタニア、ザーリッシュ・タイタニア、ジュスラン・タイタニア、
イドリス・タイタニアを集めて、先の会戦で、都市国家艦隊に敗北した件
について問いただすのだった…。
そのときタイタニアの艦隊を率いていたのは、アリアパート・タイタニアであり、
都市国家艦隊を率いていたのは、ファン・ヒューリックだった。
以後、ヒューリックは、タイタニア側に狙われ、反タイタニア勢力からは、
英雄視されて別の意味で、追われるのだった・・・・・・・・1巻〈疾風篇〉。

4巻前巻〈烈風篇〉では、衝撃のラストでした。
若きタイタニアの当主たちを中心に物語は、ずっと動いていたかに
見えていましたが、まさかのアジュマーン藩王の登場、いや登場は
ずっとしていたのですが、目立つ動きはしなかったのに、
どんでん返しでした。

そこからの5巻、〈凄風篇〉がどんな結末に至るのか、楽しみでした。
戦局が、どんどん変化していき、全てを把握できているのは、
藩王のみという混乱した状況・・・・・。ジュスランは、イドリスは、
ヒューリックは、どのように決断していったのか・・。

少しネタバレ的なことになるかもしれませんが、
別作品に登場する王様は、言葉は正確ではありませんが、
「国が完成してしまって、王としてやるべきことがなくなれば、
 きっと俺は、この国を滅ぼしてみたくなるだろう」
ということを言っていました。
玉座というものは、そういうものなのでしょうか。

いまひとつ私には、ピンときません。私が王様じゃないから、
といえば、それまでですが、せっかく自分がつくったものを
壊してみたくは・・・ならないかも。

すっきり・・・とはいかないエンディングでした。
失った代償が、大きすぎる印象でした。
でも、終わり方としては、真っ当なものでした。

ROYAL STRAIGHT FLUSH(3) アルバム



84年リリース、「ロイアル・ストレート・フラッシュ」最後の3枚め、
ベスト・アルバムです。

収録曲は、
1     どん底
2     きめてやる今夜
3     晴れのちBLUE BOY
4     背中まで45分
5     6番目のユ・ウ・ウ・ツ
6     おまえにチェック イン
7     麗人
8     ス・ト・リ・ッ・パ・-
9     TOKIO
10    サムライ
11    勝手にしやがれ
12    あなたへの愛
です。

ツカミは、OKということなのか、ここへきて売れっ子作家陣に、
軌道修正したのでしょうか。
井上大輔、大沢誉志幸、西平彰などの曲が・・。
「背中まで45分」は、井上陽水です。

私のお気に入りは、「麗人」です。
麗人という言葉を最初に知った曲でもあります。
この曲は、沢田研二本人の作曲です。

そして、過去の「ロイアル・ストレート・フラッシュ」から重なる楽曲が、
連なります。究極なベスト・アルバムという意味合いも、
あったのかもしれませんね。

ROYAL STRAIGHT FLUSH(2) アルバム



81年リリース、2枚目の「ロイアル・ストレート・フラッシュ(2)」アルバム
です。

収録曲は、
1    ス・ト・リ・ッ・パ・ー
2    お前がパラダイス
3    恋のバッド・チューニング
4    TOKIO
5    OH!ギャル
6    ウィンクでさよなら
7    渚のラブレター
8    酒場でDABADA
9    ロンリーウルフ
10   さよならを云う気もない
11   立ちどまるな ふりむくな
12   コバルトの季節の中で
です。

これまで、加瀬邦彦と大野克夫の手による楽曲が中心でしたが、
そろそろ沢田研二自身作曲のものに、変わりつつあります。
「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」と「渚のラブレター」と「コバルトの季節の中で」
が、それです。

「恋のバッド・チューニング」でだったかな?
ネオン管が中に入って光るスケルトンなギターを持って、
歌ってましたよね。
「TOKIO」では、パラシュートを背負って?いや、なびかせて?
紙一重な衣装で、ほんとに
ひとり紅白歌合戦みたいな・・・
子供受けを狙ってたわけではないですよね。
でも、インパクト大で、結果、成功だった・・・・でいいのかな。

ROYAL STRAIGHT FLUSH アルバム



79年リリース、沢田研二の3枚リリースされたベストアルバム、
「ロイアル・ストレート・フラッシュ」、最初の1枚です。

収録曲は、
1    カサブランカ・ダンディ
2    ダーリング
3    サムライ
4    憎みきれないろくでなし
5    勝手にしやがれ
6    ヤマトより愛をこめて
7    時の過ぎゆくままに
8    危険なふたり
9    追憶
10   許されない愛
11   あなたに今夜はワインをふりかけ
12   LOVE(抱きしめたい)
です。

衣装が派手で、コスプレ的なものもあり、よく覚えています。
パフォーマンスも、1曲につき、ひとつは必ずインパクトのあるものが
ありました。
「ヤマトより愛をこめて」は、映画「さらば宇宙戦艦ヤマト」のエンディング曲
です。彗星帝国の巨大戦艦に、古代ひとりで立ち向かうヤマトと、テレサも
一緒に寄り添って、この曲が流れて、最後に遠くでキラリと光る・・・。
余程、印象深かったのか、何度も見たとか、何回も聴いたとか、でない
にもかかわらず、よく覚えています。

球春到来・12球団キャンプイン

プロ野球です。
一時、海外でのキャンプもありましたが、お馴染みの地で、
各球団は、スタートです。

われらがベイスターズも、沖縄・宜野湾でキャンプ。
キューバ出身のグリエル選手を、去年、巨人が獲得を考えていると、
報道もあって、心配でしたが、契約できたようです。金城選手がFAで
巨人移籍、元横浜のヤクルト・相川選手も、巨人移籍・・。
3年前には村田選手が移籍して、横浜の選手には、巨人ブランドが、
まだ、眩しいようですね。
これでは『横浜ジャイアンツ』じゃない・・・ハハハハ・・と、笑ってみたものの

おや? あれれ?
われらがベイスターズ・・・・
高田繁GM?中畑清監督?尚成投手?ロペス選手?岡島投手?
東野投手?
しまった、『読売ベイスターズ』になっているではないですか。
どっちの球団を応援すべきか・・・・・悩ましい?

いやいやいや、ベイスターズです。
最近、駒田元選手を見かけないなぁ。大っきいからすぐわかるのですが。

アジアカップin豪州 決勝

サッカーです。

結果は、
    決勝
      オーストラリア代表2-1(延長)韓国代表
オーストラリアの初優勝となりました。
    3位決定戦
       UAE代表3-2イラク代表
でした。

さて、今季から2ステージ制になるJリーグ・・・。
2月28日のゼロックス・スーパーカップ
(リーグ・チャンピオンと天皇杯チャンピオンの対戦・・・・
今回は、天皇杯もガンバ大阪が優勝したので、リーグ2位の浦和レッズ)
    ガンバ大阪 VS 浦和レッズ
からの、3月7日にJリーグ開幕です。

そろそろクラブの特徴が顕著になって欲しいところです。
ストロング・ポイント(走力とか、高さとか、スピードとか、フィジカルとか)を、
明確にして、チーム作りして欲しいものです。
もうどんぐりの背比べなサッカーは、見たくないです。
優勝争いのチームと降格争いのチームが、同じサッカーをしているなんて、
Jリーグくらいなもの・・・。
夢見るサッカーではなくて、磨かれた鍛錬された美しさを期待しています。

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

麻生波枕

Author:麻生波枕
FC2ブログへようこそ!
好きなもの、好きなことを
大切にしています。
音楽・コミックス・
ノベルス・スポーツ・
イラスト・その他を、
おもしろかわいいを
こよなく愛しています。

最新記事

検索フォーム

アルバム コミックス他Ⅰ

紹介した表紙などです。

アルバム コミックス他Ⅱ

コミックス等の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅲ

コミックス他の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅳ

コミックス他の表紙です。

黒メイド時計

QRコード

QR

カテゴリ

リンク

アルバム 音楽Ⅰ

紹介した音楽ジャケット。

アルバム 音楽Ⅱ

音楽ジャケットです。

アルバム 音楽Ⅲ

音楽ジャケットです。

月別アーカイブ