大江戸 雪シマキ  1巻



雨瀬シオリ・作。バーズコミックス・幻冬舎。

江戸中期、父・山崎織部の遺言もあり、町同心のあとを継ぐことになった
山崎彦之丞は、「困ったときに頼れ」と言われていた雪路のもとを
訪ねた・・・・・・・。新米・町同心と訳あり岡っ引きの捕り物話です。

彦之丞は、父亡きあと命を狙われていた。
その事情に、雪路には、思い当たるものがあるらしい・・・・・・。

「てとくち」が思いのほか早く完結してしまったので、
時代物枠になにかないかなぁと、探していたところ、目に留まりました。
実は、私と時代物の相性はいまひとつで、長く付き合える作品に
出会えていないのです。
さて、「雪シマキ」はどうなりますやら。
スポンサーサイト

一変世界  1巻



明治カナ子・作。バンチ・コミックス・新潮社。

冒頭部をそのまま引用します。
『戦が終わって15年 かつては政の中心だった ガーデラン神殿も
 今は昔 神殿は荒れ放題 長いこと王の幸行もなく デラの化身たる
 大巫女も不在のまま 以前と変わらないのは 参拝する人々の数と
 神殿を取り巻く 森の不思議のみ――――――』

魔物の棲む森に囲まれたデラ神殿の、大巫女見習いのプーリョと
その付き人・ミンミとアガサ、少女たちのお話です。

プーニョは、神殿を抜け出しては、友だちエズリンと、魔物の棲む森に
ピクニックに出かけるのだった・・・・・。

まじめにファンタジーしています。
ほのぼのとしそうな絵柄、キャラであっても、シビアなところも、
しっかり描かれています。
どういったものになっていくのか、楽しみです。

表紙は、男装のプーリョです。

アジアカップin豪州 準決勝

サッカーです。
準決勝の結果は、
    韓国代表2-0イラク代表
    オーストラリア代表2-0UAE代表

30日に3位決定戦  
     イラク代表 VS UAE代表
31日に決勝戦
     韓国代表 VS オーストラリア代表
です。

韓国は、5試合無失点・・・・スゴイな。
決勝はグループリーグA組の3試合目と同じカードに。
このときは、1-0で韓国が勝っています。
55年ぶり?3回目の優勝になる韓国か、それとも、
初優勝になるオーストラリアか・・。

日本代表について。
アギーレ監督には、勝負師としての引き出しを期待していましたが、
う~ん、普通でしたね。前任者と同じく、クラブ・チームのような
チームづくりで、レギュラーを固定して戦いました。

私の希望としては、代表監督には、短期決戦であること、夏場に開催される
こと、などから戦い方に変化をつけられる、勝負勘に優れていて欲しいです。
そういう選手選びができる監督がいるなら、理想的です。
初めにシステムありきで、そのポジションの中で選手に序列があるだけでは、
いくら選手交代をしても、試合の流れを変えたり、相手を戸惑わせたり、
できません。

憎まれっ子、世にはばかる。
決定力は、永遠の課題ともいえますが、こと攻撃に関しては、性格の悪さは
大事です。相手ディフェンスをゴールキーパーを欺き、隙をいやらしく狙っていく
とか・・・。
キレイに相手を崩して取ったゴール以外はゴールじゃないみたいな。
パス、パス、パス、シュートばかりでは、相手も守りやすいでしょう。
愚直に武骨に、ゴールを狙えるチームになって欲しいものです。


U2 The Unforgettable Fire-焔-アルバム



80年デビューし、今なお活動中のバンド、U2・・・。
その4枚めのアルバム「焔-ジ・アンフォゲッチャブル・ファイア」・・・。
84年リリース。

U2のメンバーは、
ボノ、、、、、、、、、、、、、、、、ヴォーカル・ギター。
ジ・エッジ、、、、、、、、、、、、、ギター・コーラス。
アダム・クレイトン、、、、、、、、ベース。
ラリー・マレン・Jr、、、、、、、、ドラムス・パーカッション。
です。

収録曲は、
  1    A Sort of Homecoming
  2    Pride(in the name of love)
  3    Wire
  4    The Unforgettable Fire
  5    Promenade
  6    4th of July
  7    Bad
  8    Indian Summer Sky
  9    Elvis Presley and America
  10   MLK~マーティン・ルーサー・キング牧師に捧ぐ~
です。

ここまで3枚のアルバムをプロデュースしてきたスティーブ・リリーホワイト
に代わって、ブライアン・イーノが担当し、初期U2のサウンドが確立した
アルバムになりました。

私のお気に入り曲は、
「ア・ソート・オブ・ホームカミング」「プライド」「ワイアー」
「ジ・アンフォゲッチャブル・ファイア」「バッド」
「インディアン・サマー・スカイ」
です。
とくに「プライド」が好きです。
♪ちゃららら・・ちゃらららら・・
という、ジ・エッジ特有のギター・リフ。
存在感のあるリズム隊(ドラム&ベース)。
好きです。

姑獲鳥の夏 4巻(完)



原作小説・京極夏彦。漫画・志水アキ。角川単行本コミックス・KADOKAWA。

時代は戦後間もない、昭和20年代くらいの東京近郊・・。
うだつのあがらない小説家、関口巽の目線で、物語は基本的には、進みます。
関口先生の友人で、京極堂という古書店を営む傍ら、清明神社の神主にして、
憑き物落しの祈祷師でもある、中禅寺秋彦と、
彼らの先輩にして元華族、榎木津礼二郎が、
謎を紐解いていく、というものです。

雑司ヶ谷の久遠寺医院での、ある噂から始まります。
そこで、久遠寺涼子は、薔薇十字探偵社の榎木津礼二郎のもとを訪れ、
行方不明になった、妹の亭主の捜索を依頼した・・・・・。

今巻は、京極堂も出張ってきての憑き物落しの場面です。
久遠寺家の因習が、明らかに・・。

シリーズ全体についていえますが、女性の悲劇が色濃く残るお話です。

アジアカップin豪州 準々決勝

サッカーです。
準々決勝の結果は、
       韓国代表2-0(延長戦)ウズベキスタン代表
       イラン代表3-3(PK6-7)イラク代表

       中国代表0-2オーストラリア代表
       日本代表1-1(PK4-5)UAE代表
です。

準決勝の組み合わせは、
        韓国代表VSイラク代表
        オーストラリア代表VSUAE代表
となりました。

力の差があまりないところでの対戦、4試合の内、3試合が延長戦まで
もつれて、うち2試合がPK戦です。
まず、韓国とウズベクの試合ですが、韓国のチーム状態も決して盤石
ではないにもかかわらず、4試合無失点・・・堅いですね。
アジアカップ優勝(1960年)からは、ずいぶん久しぶり?のチャンスかも。

イランとイラクの試合は、両国の因縁にふさわしく、激しい試合に
なったようですね。先制しリズムに乗っていたイランだったが、そのイラン
に退場者が出て、イラクに流れが・・・それでも、一進一退の攻防は、
PK戦で決まりました。

中国とオーストラリアは、ケーヒル選手の活躍で開催国としての面目を
果たしています。韓国戦の敗戦の影響は皆無のようです。

日本とUAEは、まあ、日本が敗退するとすれば、こういう形かな、という
過去にも、各年代(ユース)代表でも、ずっと見られてきたパターンです。
先制されて、決定機を決めきれず、もやもやした負け方・・・。
PKを本田選手と香川選手が、止められたのでなく、外している辺りも、
運命的ですね。
伸び悩んでますね、日本のサッカーは。なにか、新鮮な風が、
欲しいところです。

E.G.TIME アルバム/ E-girls



今年元日発売のE-girls、3枚めのアルバム「E.G.TIME」です。

収録曲は、
01   -introduction-
02   E.G.Anthem -WE ARE VENUS-
03   Mr.Snowman
04   Music Flyer
05   Move it!/Dream&E-girls
06   ロックン・ロール・ウィドウ
07   Highschool ♡ love
08   おどるポン・ポコリン
09   自由の女神~ユーヴライア~
10   うれしい!たのしい!大好き!
11   Again
12   ショコラ
13   ごめんなさいのKissing You(E.G.TIME version)
14   Follow Me(E.G.TIME version)
15   希望の光~奇跡を信じて~(Dream&E-girls version)
です。

先日、テレビでE-girls結成の経緯を、放送していたのを見まして、
いろいろと初めて知りました。
メンバーの編成とか、人数が多すぎて、よく分からないのは、
今も変わらないですが、少し前に、YMOの「ライディーン」をカバー?
したりと気になっていたし、そこかしこで、よく耳にするので、買ってみました。
思いのほか、良かったです。
タイ・アップになっている曲が、多いですね。
「ロックン・ロール・ウィドウ」は、山口百恵が歌ってた曲ですし、
今後も、この方向で続けるのかな?

私のお気に入りは、
「E、G、アンセム」「ムーヴ・イット」「ハイスクール・ラブ」
「ごめんなさいのキッシング・ユー」「フォロー・ミ―」
などです。

疾風の軍師 黒田官兵衛 4巻



原哲夫、堀江信彦・原作。八津弘幸・脚本。山田俊明・作画。
ゼノンコミックス・徳間書店。

「義風堂々!!」シリーズ・・・黒田官兵衛のお話です。
徳川家康が竹千代(のちの家光)に、黒田官兵衛なる軍師のことを、
語って聞かせているスタイルで始まります。

少年・黒田万吉(のちの官兵衛)が、堺で織田信長に出会うところから、
ふらふらと夢も目的も無いまま過ごしていたが、播磨の国に戻り黒田家の
家督を継ぐ・・・・・・。

播磨は、赤松、浦上、小寺の三家で支配していたが、浦上と小寺が同盟を
結ぶために、浦上清宗と官兵衛の妹・志織の婚姻が決まったところ・・。
それを快く思わない赤松政秀の策謀により、浦上清宗も志織も殺されてしまう。
激怒の官兵衛は、赤松への復讐に燃えるが、それを祖父・黒田重隆の命を
賭した説得により、のちに機をうかがうことに・・・・そのときのために。

今巻は、織田家の後ろ盾を得た赤松政秀は、戦意の無い小寺家に進軍
していた・・・・だが、官兵衛はこれを迎え撃つ、ところから始まります。

なんというか、どんな策をもってして苦境を乗り越えたとしても、
払った犠牲も、大きいのでは、どうなのかなって、思いますね。

アジアカップin豪州 トーナメント組み合わせ決まる

サッカーです。
グループリーグ全日程が終了して、トーナメントの組み合わせが
決まりました。

日本代表のグループリーグ最終戦は、ヨルダン代表に2-0で勝利。
ニュース・ダイジェストしか見てないので、何とも言えませんが、
3試合を無失点で乗り切ったのは、いいですね。
やはり、カップ戦は高いディフェンス力からの得点力で勝ち上がるもの
なので。
他を見ても、韓国、イランも、無失点でグループリーグを突破しています。
順当な結果ですね。波乱は起きていないです。

1回戦にして準々決勝の組み合わせは、
    韓国代表VSウズベキスタン代表
    (A1位)    (B2位)
    イラン代表VSイラク代表
    (C1位)    (D2位)
    中国代表VSオーストラリア代表
    (B1位)    (A2位)
    日本代表VSUAE代表
    (D1位)    (C2位)
です。

いづれも近年、あまり対戦の無いカードになって、興味深いですね。
アジアのラテン、韓国と、中央アジア、欧州的なウズベク。
アジア版の南米VS欧州みたいな対戦。

中東の欧州的なイランと、中東のなかの中東、アラブのイラク。
似て非なる対戦。

空中戦に強く、欧州的なパス・サッカーを標ぼうする中国と、
オーストラリア。異なる国のよく似たサッカーの対戦。

ディフェンディング・チャンピオンの日本と、
古豪復活にかけるUAE・・・の対戦。

それぞれ22日と23日に試合です。
あー、またしても見られないなぁ。

日記ぽい

日記らしく、

最近、職場で80年代の洋楽ヒット曲が、BGMになって流されています。
うっかり、口ずさんでしまいそうです。
著作権的なものが、クリアになったのかな?
裏では、踊り出していたりするのは、内緒です。

読書が・・・・・新刊は、手元にあるのだけれど、
読みたいと思えない今日この頃です。
なんでしょうねぇ、似たものばかり読み過ぎなのかな。
でも、新ジャンルに挑戦したいとも、思えないので、少し本は、
置いておくとします。

音楽は、ちらほら出会えています。
中森明菜の新曲「Rojo-Tiarra-」は、浅倉大介の曲だったのですね。
6分もあるとは思えないほど、すんなり聴けています。

今日は、アジアカップで日本代表が、ヨルダン代表とトーナメント進出を
かけた厳しい戦いがある日ですね。今大会は、都合が合わなくて、
試合をまともに見られていないのが残念です。

正月に太ってしまった。
少し食事と運動を、考えないとです。
深夜にウォーキングを1時間2時間するのですが、
たぬきに出会うことが何度かあります。山とか森とかではなくて、
普通に住宅地で、です。
ハクビシンかもしれませんが。
丘陵地帯を宅地造成して、人口が増えてるこの辺りですから、
住処を追われて、出てきているのかもしれません。

明日も、忙しそうだ。

RICK SPRINGFIELD



前日の記事からオーストラリアつながりで、紹介するのは、
シドニー出身のリック・スプリングフィールドです。
日本で言うところの福山雅治みたいな人です。時系列的に
例えとしては、逆なんですが、俳優としても歌手としても、
成功したという意味の、例えです。

ベスト・アルバムの収録曲は、
1    I’VE DONE EVERYTHING FOR YOU
2    JESSIE’S GIRL
3    AFFAIR OF THE HEART
4    HUMAN TOUCH
5    LOVE SOMEBODY
6    LIVING IN OZ
7    LOVE IS ALRIGHT TONIGHT
8    WHAT KIND OF FOOL AM I
9    DON’T TALK TO STRANGERS
10   CELEBRATE YOUTH
11   BOP ’TIL YOU DROP
12   STATE OF HEART
13   CALLING ALL GIRLS
14   I GET EXCITED
15   DON’T WALK AWAY
16   TAXI DANCING
17   ROCK OF LIFE
18   DANCE THIS WORLD AWAY
です。

81年リリースのアルバム、シングルがヒットして、80年代の前半を
中心に、ヒット曲を出しています。
どの曲も、サウンド面で工夫されていて、キャッチーであり、
ドラマティックであり、チャーミングな楽曲になっています。

私のお気に入りは、
「アフェア・オブ・ザ・ハート」「ヒューマン・タッチ」「ラブ・サムバディ」
「リビング・イン・オージー」「ドント・トーク・トゥ・ストレンジャーズ」
「セレブレイト・ユース」「ロック・オブ・ライフ」
です。

満足な1枚です。

アジアカップin豪州 グループリーグ

サッカーです。
グループ・リーグ二試合目の結果は、
日本代表1-0イラク代表
でした。
試合を見れていないので、なんともいえないのですが、
再三のチャンスを決めきれていなかったようですね。
今に始まったことでもないし、メンバーも今までと変化があったわけでも
ないので、普段通りだったのかな。
ただ、トーナメントへの進出は、三試合目まで持越しになった上に、
敗れれば、敗退の可能性も残してしまったのは、痛いですね。
イラク相手でも、得失点差を稼いでおきたかったところでした。

それぞれのグループを見てみると、
グループA      勝ち点  勝  分け  敗  得点  失点  得失点差
  オーストラリア   6    2   0    0   8    1     +7
    韓国       6    2   0    0   2    0     +2
   クウェート     0    0   0    2   1    5     -4
   オマーン      0    0   0    2   0    5     -5
予想通りの結果ですね。三試合目は、グループの一位二位を決める試合に
なるオーストラリアVS韓国・・・。地元オーストラリアは勝ちたい試合かな。
グループB      勝ち点  勝  分け  敗  得点  失点  得失点差
  中国         6    2   0    0   3    1    +2
 サウジアラビア   3    1   0    0   4    2    +2
 ウズベキスタン   3    1   0    0   2    2    0
  北朝鮮       0    0   0    2   1    5    -4
中国がトーナメント進出を決めて、最後の椅子をサウジとウズベクが、
三試合目直接対決で決まります。北朝鮮がユース年代で強かったけど、
このチームには、反映されていなかったのかな。
グループC      勝ち点  勝  分け  敗   得点  失点  得失点差
   UAE        6    2   0   0     6   2     +4
   イラン       6    2   0   0     3   0     +3
  バーレーン     0    0   0   2     1   4     -3
   カタール      0    0   0   2     1   5     -4
イランとUAEが、トーナメント進出決定。イランは順当ですが、UAEがこれほど
とは知りませんでした。カタール・・W杯開催国なのに、のんびりな強化だね。
グループD      勝ち点  勝  分け  敗   得点  失点  得失点差
  日本         6    2   0    0    5    0     +5
  ヨルダン       3    1   0    1    5    2     +3
  イラク        3    1   0    1    1    1      0
 パレスチナ      0    0   0    2    1    9     -8
日本がヨルダン相手に不覚をとらなければ、日本とイラクがトーナメント進出
となりますが、ズッコケると得失点差の争いになり、日本のグループリーグ
敗退の可能性もあります。

『展覧会の絵』と『禿山の一夜』 ムソルグスキー



ロシアの作曲家、ムソルグスキーの代表曲です。
レナード・スラットキン指揮、セント・ルイス交響楽団の演奏です。

『展覧会の絵』(ラヴェル編曲)は、「プロムナード」のところが有名で
しょうか。あとは、最後の「キエフの大門」で、聴き応えがあるけれど、
全体で30分くらいの組曲なので、実は、通して聴くことは、殆どないです。
この曲で、思い出されるのは、エマーソン・レイク・パウエル(ELP)が、
3人編成のユニットで、ライブ演奏してアルバム化したものです。
過去記事で、一度紹介していますが、ELPで、最初にこの曲のことを、
知りました。

『禿山の一夜』(リムスキー=コルサコフ編曲)は、記憶違いでなければ、
コミックス「タッチ」にて、南に、何を聴いているの?と問われ、達也が
答えたのが、「はげ山の一夜」でした。きっかけは、これです。
11分くらいの曲ですが、険しい山の頂付近に、悪魔たちが集まり、
夜通し歌や踊りの宴を催し、夜明けが近くなると、ひと盛り上がりして
宴がお開きとなり、朝日が昇るとともに、平穏な日常に還る・・・みたいな
曲です。視覚的にイメージしやすい曲です。

魔法科高校の劣等生15 古都内乱編(下)



佐島勤・著。石田可奈・イラスト。電撃文庫・KADOKAWA。

魔法科大学付属第一高校に入学した司波達也・深雪兄妹。
主席入学の深雪は優等生、達也は劣等生と、魔法科高校には、
魔法の成績による格差があり、達也と深雪には、ある秘密が
あった・・・。そんななかで、仲間を得て、魔法師としてのあり方と
戦い続ける兄妹の物語です。

司波兄妹が、2年生になって迎えた『九校戦』も、なんとか無事に終わり、
暗躍していた横浜中華街の周公瑾は、四葉家の黒羽貢の襲撃をかわし、
京都を中心とする古式魔法のグループ「伝統派」にかくまわれていた…。

司波達也、深雪と桜井水波の邸宅に、黒羽亜夜子、文弥姉弟が、
四葉家当主・四葉真夜の「周公瑾の捕縛への協力要請」の書状を
持ってやって来た。不審に思う所もあったが、達也は引き受けることにした・・。

周公瑾の捜索も兼ねて、論文コンペ会場の下見に出発する前に、
達也のもとに、七草真由美が訪ねてくる。その要件は、真由美のボディ・ガード
でもあった名倉三郎の、京都で不審死した真相の調査に協力を求める
ものだった・・・・。

古都内乱編の完結編です。
九島光宣(くどうみのる)の案内で、捜索を続ける達也のグループと、
コンペ会場周辺の警備をする幹比古たちのグループで、別々の
行動中に、伝統派の忍術使いに襲われた幹比古たち・・。
苦境のところに一条将輝の加勢で、難を逃れた・・・ことを、きっかけに
達也と将輝の共闘が始まって、
気づけば、達也の事情を(一部分だが)知る者がまた、増えました。
そろそろ司波兄妹の置かれる環境に変化が、ありそうです。
次巻は、「四葉継承編」、夏ごろ発売予定とのことです。

青の祓魔師(エクソシスト) 14巻



加藤和恵・作。ジャンプコミックス・集英社。

人間と悪魔の間に生まれた双子の兄弟、奥村燐と奥村雪男。
兄・燐は、魔神サタンの力(青い炎)に目覚め、燐を連れ去ろうとした
サタンと対峙して、兄弟の養父・藤本獅郎は命を落とした。
燐は、サタンを倒すために、祓魔師になる決意をする。

そして、藤本の友人であったメフィスト・フェレスが理事長の、
表向き正十字学園、実は祓魔塾に入塾して仲間たちに出会う…。

前巻までは、啓明結社イルミナティの研究施設に連れ去らわれた
祓魔塾の神木出雲を救出するべく奥村たちは、島根県の稲荷に
潜入したところでした。

今巻、ついに出雲を見つけるも、奥村燐が差しのべた手を、
出雲自身は取らず、「これは、あたし一人の問題よ」と固辞するのだった・・。

なにげに長く続いている青エクです。
テレビ・アニメになったり、劇場版が出たり、しましたが、
惑わされず?地に足を付けたペースを守っています。
当分、終わりそうもない展開なので、長く・・・楽しめそうです。
とりあえず、出雲編は、次巻でケリが付くのではないでしょうか。
次巻は、夏かな?

天晴 アルバム/サディスティック・ミカ・バンド



89年リリース。
加藤ミカではなく、桐島かれんをヴォーカルに迎えての、再結成した
サディスティック・ミカ・バンド。ミカ=MIKAの表記をMICAに変えて
一時的な活動をした時のアルバムです。

メンバーは、
加藤和彦、、、、、、、、ヴォーカル・ギター・キーボード。
小原礼、、、、、、、、、ヴォーカル・ベース・キーボード。
高橋幸宏、、、、、、、、ヴォーカル・ドラムス・キーボード。
高中正義、、、、、、、、ギター。
桐島かれん、、、、、、ヴォーカル。
です。
なんかスゴイ面子ですよね。

収録曲は、
1     Boys & Girls
2     脳にファイア!Brains on Fire
3     薔薇にプラズマ
4     賑やかな孤独
5     暮れる想い
6     42℃のピクニック
7     ダシール・ハメット&ポップコーン
8     UN COCO ROCO
9     愛と快楽主義者
10    7 Days,at last!
です。

ゲスト・ミュージシャンには、坂本龍一、小林武史、忌野清志郎らの
名前がクレジットされています。
個性的な顔ぶれなので、音楽性も個性的。
それぞれの特徴がよく表れている楽曲で、構成されています。
私のお気に入りは、
「ボーイズ&ガールズ」「薔薇にプラズマ」「ダシール・ハメット&ポップコーン」
「7デイズ、アット・ラスト」です。

てとくち 5巻(完)



大崎知仁・原作。河下水希・漫画。ジャンプコミックス・集英社。

両親を「血煙の重蔵一味」に殺された周助は、一味の正体と壊滅を、
お家取り潰しにされた元旗本・花村家の里江は、
濡れ衣を着せたものに復讐を、それぞれ秘めたまま二人は、
「便利屋」稼業をコンビで始めることに。
口のたつ少年・周助と、鬼水流の剣技と脇差・名越盛国の女剣士・里江、
「手」と「口」の二人のお話です。

いきなり完結してしまうとは、もう少しあれこれあって欲しかったかな。
しかも、なんというか、悪玉がすごく小物感が強くなっちゃったかな。
なにかありそうな、呪術を使うような者を側近に置いている割には、
残念な人物でした。なんというか、驚きの展開といえば、
その通りなんだけれど、いい意味ではないですね。
もったいないな、という感想です。

里江の兄、花村拓馬と里江は、切り合うことに・・・。そこに、曽根が駆け付けた
ことで、源之丞が拓馬を切る。訳のわからない曽根は、源之丞を問いただすが、
里江が目覚めたら、こうお伝えください。さらばです・・・・・・・・・・と、だけ答えた。

アジアカップ in 豪州 開幕

サッカーです。
日本とオーストラリアでは、時差はあまりありませんが、
北半球と南半球、季節は真逆で、夏、真っ盛り・・・・。
とても見ごたえのある内容の試合は望めない大会になりそうです。
ただでさえ、不安定なレフェリング、環境、ハプニングが付き物の
アジアカップが、開幕しました。

出場16ヶ国を4つのグループに分けて、上位2か国が、
トーナメントに進出します。そのグループは、・・・・・・・
Aグループ
     オーストラリア・韓国・オマーン・クウェート
Bグループ
     ウズベキスタン・サウジアラビア・中国・北朝鮮
Cグループ
     イラン・UAE・カタール・バーレーン
Dグループ
     日本・ヨルダン・イラク・パレスチナ
です。

開幕戦の結果は、
オーストラリア4-1クウェート
でした。開催国として初戦を逆転勝利で、飾りました。
展望を私なりに見てみますと、
Aグループは、W杯出場国でもあるオーストラリアと韓国で、
決まりでしょう。無風区、・・かな。
Bグループは、どのチームにも、チャンスのある激戦区に
なりそうです。敢えて私予想として、サウジと北朝鮮を上げておきます。
Cグループは、イランが突出している他は、僅差の争いになりそうです。
イランと・・・・・・・・・カタール・・・かな。
Dグループは、日本にとって必ずしも楽なグループではないです。
W杯予選で戦ったヨルダン、イラクは、お互いを知り尽くしている対戦と
言っていいでしょう。しかも、苦杯を舐めさせられたことのある両国です。
パレスチナも、油断はならないでしょう。

過去、日本が優勝している大会も、楽に勝てた大会はひとつもないです。
激闘、苦戦、の連続です。アジアもベスト16レベルになると、日本も
ちょっとしたことで勝敗を左右されてしまう戦いばかりです。
だからこそ、勝利が必要なのです。勝利によってのみでしか、
アジアの大会では、得るものがありません。

日本代表の試合は、12日夕方キック・オフで、
対パレスチナ代表戦で、開幕です。

NEO SIGNALIFE/ゆいかおり



7日にリリースされた、ゆいかおり10枚めのシングルです。

久しぶりのアップ・テンポなダンス曲です。
MVが、宇宙船的なものの中で、歌って踊るというもので、
SFちっくな衣装とデザインになっています。
カップリング曲は、「オリオンからのメッセージ」です。
こちらは、最近のゆいかおりらしい曲になっていますね。
ゆったりめの、かわいらしい心情を吐露するような歌です。

3枚めのアルバムのリリースが待ち遠しいです。
♪♪ドゥ・ノー、ユー・ノウ、、ターーゲット・・・

監視官 常守朱 6巻(完)



三好輝、サイコパス製作委員会、天野明、虚淵玄・作。
ジャンプコミックス・集英社。

シビュラシステムという、人の犯罪係数を測定し、その数値が高くなると、・・
色相が濁るという言い方をする・・、セラピーを受けさせたり、犯罪を犯すほど
になると、公安局の執行の対象になるという社会の、お話です。

公安局に新人の監視官として常守朱が赴任してくるところから始まります。
色相が濁り過ぎていて、潜在犯となった者は、牢獄で一生を終えるか、
公安局の執行官として、監視官の統制の下、ドミネーター(犯罪係数を測定し、
犯罪者を直接裁く)を行使する立場(犯罪と直接向き合うために、
色相が濁り易い、故に、更に犯罪係数が高くなれば、逆に執行される立場)
になるかを選ぶ。近未来系刑事もの、です。

一度は、捕らえた槙島聖護だったが、逃亡を果たす。それを知った狡噛慎也は
執行官としてでなく狡噛、個人として槙島を追う・・・。
一方、公安局刑事課一係の面々(常守朱、宜野座伸元)は、槙島と狡噛と
両方を追うことに・・・・・。

完結です。
危うさのあった常守朱が、六合塚弥生(執行官)に「あなたになら、命を
預けられます」と言わせるまでに、刑事として成長したところで、
なにも、終わってもいない・・・・・それどころか、むしろますますの難事件が、
待ち受けていることでしょうね。
振り返ると、常守朱のアバターが、かわいかったな。

東北イタコも、UTAUになる



↑ 東北三姉妹の長女・東北イタコです。
なにかが憑依する少し腹黒なお姉さんです。

zzm_itako_gya.png

その東北イタコも、UTAUの音源の仲間入りするらしいです。
CVは、木戸衣吹さん。
しゃべるとどんな感じになるのか、想像ができないのですが、
早く聴いてみたいものです。
先日の東北きりたんの歌もまだ出てきていないですね。
MMDの映像では、ニコ動でちらほら見られるのだけど。
クリエイターさんたち、頑張ってくださいな。

イラストは、「東北ずん子オフィシャルサイト」よりお借りしました。
当サイト内の「東北三姉妹の四コマ・マンガ」も、可愛かったです。

zzm_a1zunko16.png

PERMANENT VACATION アルバム



エアロスミス、
87年リリース、9thアルバム「パーマネント・ヴァケーション」です。

このときのメンバーは、
スティーブン・タイラー、、、、、、、、、、、、ヴォーカル・ピアノ・ハーモニカ。
ジョー・ペリー、、、、、、、、、、、、、、、、、ギター・バックグランドヴォーカル。
ブラッド・ウィットフォード、、、、、、、、、、ギター。
トム・ハミルトン、、、、、、、、、、、、、、、、ベース。
ジョーイ・クレイマー、、、、、、、、、、、、、ドラムス。
です。

収録曲は、
1     HEART’S DONE TIME
2     MAGIC TOUCH
3     RAG DOLL
4     SIMORIAH
5     DODE(LOOKS LIKE A LADY)
6     ST.JOHN
7     HANGMAN JURY
8     GIRL KEEPS COMING APART
9     ANGEL
10    PERMANENT VACATION
11    I’M DOWN
12    THE MOVIE(instrumental)
です。

73年にデビューしたエアロスミス。
70年代に第1期黄金期を迎えるが、
77年5th「ドロー・ザ・ライン」アルバムをリリース後、ジョー・ペリーが
脱退。ソロ・プロジェクトを始める。
その後、6th、7thアルバムをリリースするも、鳴かず飛ばず・・・。
85年に、ジョー・ペリーとブラッド・ウィットフォードが復帰して、再結成。
8thアルバム「ダン・ウィズ・ミラーズ」をリリース。
86年にRUN D・M・Cが、70年代にヒットした「ウォーク・ディス・ウェイ」を
カバーして、そのMVにスティーブン・タイラー、ご本人も出演で、話題に。
そして、87年の「パーマネント・ヴァケーション」アルバムがヒット。
第2期黄金期を迎えるきっかけとなったアルバムです。

「デュード」「エンジェル」「ラグ・ドール」の3曲が、シングル・ヒット。
他に、私のお気に入りは、
「マジック・タッチ」「ガール・キープス・カミング・アパート」
「パーマネント・ヴァケーション」などです。
古き良き、音楽の伝統を守りつつ、アクセントを加えた楽曲が揃っています。
カッコよくて、盛り上がれるアルバムです。
ざわざわと血が騒ぐ1枚です。

第93回高校サッカー選手権大会・ベスト8出揃う

12日、成人の日に埼玉スタジアムで決勝戦が行われる
高校サッカー選手権。

本日5日には、準々決勝の4試合が行われます。
    流通経大柏(千葉) - 立正大淞南(島根)
    前橋育英(群馬) - 京都橘(京都)
    日大藤沢(神奈川) - 静岡学園(静岡)
    履正社(大阪) - 星稜(石川)
これまでの全部の試合を見た訳ではないけれども、
印象に残ることが、いくつかあります。
まず選手にハーフと思われる選手が、いくつかの学校(チーム)に
主力として活躍するくらいのレベルで所属していることです。
これまでも、帰化や留学生という形では、活躍していましたが、
普通に増えてきているのでしょうね。
高校生なので名前は出しませんが、将来的には、U-22日本代表の
鈴木武蔵選手(アルビレックス新潟)みたいに活躍してくれることを
期待したくなりますね。

チームとしては、あんまり個性はないかもしれません。
フラットにオフサイドを取るチームとか、細かくパスを繋ぐとか、
チーム戦術よりも、複数での個人戦術が主流なのかな?
と思わせてくれるほどに、局面ごとにガチンコ対決みたく激しく
ボールの奪い合いが行われています。

日大藤沢を除く7校は、高松宮杯U18サッカーリーグに所属していて、
各地域のJリーグ・クラブチームとリーグ戦を経験している学校(チーム)
です。
以前は、体力・走力の高校サッカーとテクニックのクラブ・サッカーと、
特長がありましたが、日頃から対戦もあり、選手もクラブ出身の
高校サッカー選手も増えて、大きな違いはなくなってきているかもしれません。

近年、以前ほど静岡県勢は、全国大会で勝てなくなってきていました。
静岡学園は、夏のインターハイ優勝の東福岡高に勝って、
勢いに乗ってきているかもしれません。
どこが優勝しても、不思議はないくらいに、実力的には拮抗している
ようです。前回大会の富山第一みたく初優勝もあるかもです。

レイカ 2 警視庁刑事部捜査零課



樹のえる・著。清原紘・表紙イラスト。メディアワークス文庫・KADOKAWA。

街のお巡りさんを夢見ていた宝福大和(ほうふくやまと)は、刑事になり、
「警視庁刑事部零課」に配属された。
ゼロ課課長代理、羽佐間巧警部は、日頃は「なんでも相談」を電話で受け付け
ながら、盆栽の世話に勤しむ。
春日梓警部補は、ひがなネットに勤しむプロファイラー。
陣内義嗣巡査部長は、「見当たりの陣さん」といわれ、殆どゼロ課に
顔を出すことがないベテラン。
そして、音無レイカ巡査は、ある特殊な能力を持っていた。
実は、大和も、死体が近くにあると鳥肌だって発見できる特殊な能力の
持ち主だった。

レイカは、6年前に「連続首狩り殺人事件」で姉の音無愛華を亡くした
ショックで、顔が姉の顔になってしまい、そのときに死体の顔をコピー
できる能力が目覚めた。
当時の事件担当者だった羽佐間は、いまだ捕まらぬ犯人への復讐に
燃えるレイカを刑事にして、他の被害者家族とも連絡を取り合っていた。

大学受験合格者へのテレビ・インタビューで、映し出された女性が、
6年前の事件の被害者・篠宮みすずに似ていると、娘が生きていたと
羽佐間のもとに、電話をかけてきたのは、その母・篠宮明美だった。
本人確認のために、篠宮夫人を連れて、大学まで赴くことになった
レイカと大和なのでした・・・・・・・・。

他に2つの事件が絡む今巻ですが、いくつかそのままにされた事や、
何やら意味ありげな発言があったりと、伏線めいたものが散らされています。
いくつかの事件をともに解決することで、レイカと大和と、それぞれの
変化が見られ始めています。果たして、今後どのように関わるのか、
楽しみです。

新年の挨拶

新春のお慶びを 申し上げます

寒いですね。
吐く息が白い元旦でした。

その前に、大晦日は紅白を見ました。
しこたま呑んだので、前半部はうつらうつらしながらでしたが、
後半部は楽しみにしていた音楽を、堪能しました。

初詣は、陽が高く昇ってから参りました。
寒いんですよ。私の実家の辺りは。
たき火から離れられなくなりそうなので、そそくさと、
やるべきことを果たし、帰ったら、早速、祝杯・・・。
今年の正月は、たくさん呑みました。
弱いんですが。

名残り惜しいのですが、日常に戻って参りました。
あまりに寒いので、冬眠してしまうかもしれませんが、
気負わず、騒がず、少しずつ進化できるようにしたいですっ。
今年も、宜しくお願い致します。

img363.jpg

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

麻生波枕

Author:麻生波枕
FC2ブログへようこそ!
好きなもの、好きなことを
大切にしています。
音楽・コミックス・
ノベルス・スポーツ・
イラスト・その他を、
おもしろかわいいを
こよなく愛しています。

最新記事

検索フォーム

アルバム コミックス他Ⅰ

紹介した表紙などです。

アルバム コミックス他Ⅱ

コミックス等の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅲ

コミックス他の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅳ

コミックス他の表紙です。

黒メイド時計

QRコード

QR

カテゴリ

リンク

アルバム 音楽Ⅰ

紹介した音楽ジャケット。

アルバム 音楽Ⅱ

音楽ジャケットです。

月別アーカイブ