大晦日2014



ご訪問いただき、ありがとうございます。
2014年は、細やかな変化があった1年でした。
そんななか、ブログもなんとか続いています。

皆様のブログを拝見・拝読しますと、
いろいろと刺激にもなりますし、
有益な情報もあり、楽しかったです。

来年もまた、宜しくお願いします。
では、良い歳を・・・。
スポンサーサイト

ナナマル・サンバツ  9巻



杉基イクラ・作。角川コミックス・エース・KADOKAWA。

文蔵高校に入学した越山識は、読書好き以外にとくに特長も無かったが、
深見真理と出会って、クイズの面白さを知り、文蔵高校クイズ研究会に、
真理とともに入部した。
ライバルもでき、クイズの奥深さを学びつつ、文蔵高クイ研は、
夏の全国大会SQ(スクウェア)に出場する為に、
部長の笹島学人の故郷、京都で合宿をすることに・・・・・。

合宿しているところに、帝山高校クイ研の天満竜壱・虎壱兄弟が、
押し掛けてくる。彼らは、笹島の幼馴染みで、師匠からもらった
早押しボタンを懸けて、クイズ対決をすることに・・・。

ライバルとなる各学校も、SQに向けて始動していて、
いよいよ大会に突入するのかな?
でも、合宿終わり間際になにやら気になる伏線が、あったような。
次巻は、初夏くらいでしょうか?

時槻風乃と黒い童話の夜  第3集



甲田学人・著。メディアワークス文庫・KADOKAWA。

長い黒髪と漆黒の衣装を身にまとう、硬質の美貌の少女が、
夜に溶け込む・・・・・・。
人死にが付きまとう、その少女の名は時槻風乃。
時槻と出会ったものは、不幸に見舞われる・・・。
それを阻止せんとする森野洸平には、彼女との因縁があるようです。

今巻は、『いばら姫』のお話です。
4年前まで住んでいた田舎に帰ることになった衣谷繭は、
かつての同級生たちと再会を果たすが、
彼女たちの遊び場だった『空き地』に、幽霊が出るという噂を聞き、
夜に、懐中電灯も持たずに出かけるのだった・・・。

一方、時槻風乃は、折の合わない母から療養のためにと、
なかば強制的に祖母のところに、しばらく滞在することになった。
その場所は、幼い頃によく妹と一緒に帰省していた田舎であった・・・。

今巻は1話構成ですが、よりホラーなお話になっています。
森野洸平の出番はないので、サイド・ストーリー的なもの
なのかもしれないですね。
彼がいたなら、・・・・・結末は違うものになったのでしょうか?
それとも・・・・・・・・・・・・。

全日本フィギュア選手権・女子フリー

テレビ放送を見ました。

結果は、
優勝     宮原知子       初優勝
二位     本郷理華
三位     樋口新葉
―――――――――――――――――――――――
五位     村上佳菜子
です。

村上選手は、SPで出遅れた分が、響いた順位ですが、挽回するまでの
フリーの演技にはならなかったようです。
ミスのあとにすぐ、気持ちを切り替えられないところがあるようで、
もう少しメンタルの強さが欲しいですね。
もしかしたらですが、ジャンプのミスが多くなっているのは、
先人たちも経験したであろう、身体の成長に伴う感覚のズレが、
今、村上選手にはあるのかもしれませんね。

樋口選手は、冒頭のジャンプにミスがあったものの、スピード感のある
演技で、ミスを引きずらないどころか、プログラムの変更して対応する
とは、とても13才とは思えないメンタリティですね。
しかも、緊張から解放された涙ではなく、悔し涙というから、
驚きです。

本郷選手は、音楽(カルメン)と、演技のタイミングがばっちり
合っていて素晴らしかったです。これといってミスはないものの、
まだまだ伸び白がある感じですね。世界選手権が楽しみです。

宮原選手は、完璧でした。ジャンプの安定感と躍動感のある演技で、
自信に満ち溢れたような雰囲気さえありました。
世界選手権で、ロシア勢に割って入れるところを、期待したいです。
優勝、おめでとうございます。

町田樹選手が、現役の引退を発表しました。
「悔いはない」と言われていたのは、そういうことだったのですね。
とても残念ですが、お疲れ様でした。

全日本フィギュア選手権・男子フリー・女子SP

ニュース映像を見ました。

結果は、
優勝    羽生結弦   三連覇達成!
2位    宇野昌磨   シニア初参戦にして準優勝
3位    小塚崇彦   ガッツポーズがスゴイ
-――――――――――――――――――――――――
4位    町田樹     ミスが・・・。
5位    無良崇人
でした。

冒頭のジャンプを転倒したものの、圧巻の演技だった
羽生選手の3連覇は、お見事としか言えませんね。
小塚選手のガッツポーズは、どこか体を痛めちゃうんじゃないかと、
心配になるほどの動きでした。それだけ、うっぷんが溜まるような
今シーズンだったということなんでしょう。
町田選手・・・・う~ん、本人コメントでは、「悔しさはない・・」と
言われていますが、私は悔しいです。きちんと全部ハマった演技を
観たいと思わせてくれるプログラムなのだから、完成したものを
ぜひとも、見せて欲しいです。

女子のSPの結果は・・、
1位    本郷理華
2位    宮原知子
3位    樋口新葉
――――――――――――――――――――――――
9位    村上佳菜子
です。

村上佳菜子選手・・・・どうしちゃったんでしょうね。
負の連鎖みたいなところにおちいっているみたいですね。
グランプリ・シリーズも、そんな印象でした。

樋口選手は、若干13歳の新鋭です。
プレッシャーをものともしない堂々たる演技でした。
明日のフリーも、楽しみですね。
宮原選手は、今シーズン落ち着いて演技に臨めているようで、
結果も安定していますね。
そして、期待の本郷選手。ばっちり決めてくれました。
ロシア大会の優勝・グランプリ・ファイナルに繰り上げでも出場
できて、勢いに乗れている感じですね。
明日のフリーでも、伸びやかな演技を楽しみにしています。

女子のフリーは、テレビ観戦できそうなので、とても楽しみです。

全日本フィギュア選手権・男子SP

演技をみることができず、
ニュースで結果のみ知りました。

結果は、
1位   羽生結弦
2位   町田樹
3位   宇野昌磨
4位   村上大介
5位   無良崇人
6位   小塚崇彦
です。

今シーズンの成績を、反映したようなSPの結果ですね。
羽生選手は、さすがですね。
町田選手も、ほぼノーミスの演技だったとか。
コンディションはだいぶ快復しているのでしょうか。
宇野選手は、ジュニアのグランプリ・ファイナルの優勝者ということで、
好調を維持しているようですね。

明日のフリーが、楽しみですが、残念ながら、
都合により見ることはできません。
ニュースを楽しみにするとします。
男子は、サプライズ的な結果にはならないように思います。

完結した二つのコミックス

まずは、
「ILLEGAL RARE 全4巻」
椎橋寛・作。ジャンプ・コミックス・集英社。

幻獣・怪物といわれるものが、乱獲されて、今は希少種になっているが、
いまなお逆に、希少種、ゆえに狩り(ハンターの)対象になっているため、
”違法希少種”・・イリーガル・レアを保護しようと、
希少種市(マーケット)のある犯罪都市・スカァシティの警察に新設された
「保護対策課」
の面々のお話です。

市長マーダックの配下、最強のヴァンパイア・ハンター、デルメザと、
アクセルたちの決戦に至り、
いくつかの謎が分かったり、デルメザを倒したり、とめでたしめでたし的に
締めくくられてはいます。
フクメンは、取られることはなかったですが、その正体をそれとなく示した
ところに、とどめていました。
作者本人のあとがきコメントを読むと、
「長期連載(ぬらりひょんの孫)の直後の連載は、難しい」と、言われていましたが、
コミックス「バクマン」を地で行くことになったようです。
「バクマン」というのは、漫画家を目指す少年たちのお話なんですが、
人気投票でランキングが下がると、連載が打ち切りになるという、
コミックス業界の厳しい一面も、描かれていました。

次に、
「黒子のバスケ 全30巻」
藤巻忠俊・作。ジャンプコミックス・集英社。

ウィンター・カップ決勝戦、赤司率いる洛山高校と黒子、火神の誠凛高校の
対戦。なんとか食い下がる誠凛だが、少しも点差が縮まらない攻防の連続、
それでも、少しずつ洛山のメンバーを攻略しつつあったところで、
赤司が、ゾーンに入ると、一人で誠凛相手に点差を広げ始める・・・・・。

なかなか長い戦いになっているウィンター・カップ決勝戦・・・。
まだ一年生なのに、既に究極に近い強さを発揮していますが、
やはり、この試合で完結しました。
お互いに更に上のレベルの戦いを見せていたが、
火神がもうひとつ上のゾーンに突入する扉を開ける鍵に、
とうとう気づき、逆転勝利・優勝というフィナーレでした。

黒子のバスケには、黒子視点でない別の物語がすでに、
コミックスとしてシリーズ化していますので、そちらは続くようです。

近頃、完結を迎える作品が続いています。
やはりどこか寂しいものがありますが、最後まで読み遂げたことは、
冥利につきます。これでまた、新しいお話に向き合っていけます。

私的に音楽賞2014

2014年、私がよく聴いた音楽の中から、
受賞したからといって、トロフィーも賞金も無い、
これといって名誉ってわけでもない、
私による私のためだけの音楽賞を、ここに記します。

まず初めに、
期待しているで賞。
アルバム・ジャケット賞。
お気に入りアルバム賞。
は、該当者なしです。

今まで通りに、CDを買っていたつもりでしたが、
CDを買ったのは、旧譜が多かったです。逆に、
新曲は、配信ダウンロードで入手していました。
いつのまにか、時代の流れに流されていました。

お気に入り歌詞賞。は、
「ローラの傷だらけ」ゴールデンボンバー、
「SI.RI.TO.RI」鏡音リン・レン(ワンオポ)の2曲です。
まず、「ローラの傷だらけ」のタイトルで、「傷だらけのローラ」じゃ
ないの?と、一定の年齢層は、思ったはず。
そして、元カノの名前を出した辺りのメロディと詞の乗っかり具合が
良かったです。
「SI.RI.TO.RI」は、そのまましりとりの歌詞なんですが、「る」で
始まって「る」で終わる単語を、よくあれだけ集めたものです。
鏡音リン・レンの掛け合いになって、面白かったです。
「ん~~」と考えている間も、いいですね。
あ、申し遅れました。この曲は、ボカロ曲です。

お気に入り楽曲賞。と、お気に入りヴォーカル賞。は、
同時受賞という形で、
「掌-show-」
「凛麗」
喜多村英梨
です。
ぶっちゃけアニソンなんですが、メリハリがあって、ドラマティックで、
世界観に酔いしれられるヴォーカルと、楽曲です。

2014年を象徴しているで賞。は、
「レット・イット・ゴー~ありのままの~」松たか子
です。
アナ雪のヒットは、今年を語る上で、やはり外せないでしょう。
「渋谷純愛物語」SPICY CHOCOLATE
です。今時なラブソングです。
「number one」絢香
です。ソチ五輪のフジテレビのテーマ曲です。
レジェンド葛西や羽生結弦の金メダルなど、印象深い大会でした。

世間的には、「妖怪ウォッチ」絡みの妖怪体操やゲラゲラポーも、
ありなんでしょうが、私的には身近に子供がいないので、
いまひとつピンときませんね。

私的には、懐かしの過去曲に出会えた1年だったかな。
佐藤隆、小比類巻かほる、森高千里、杏里、ザ・グッバイ・・・・。
逆に、ボカロ曲は、あまり出会えなかったかな。

来年は、どんな音楽に出会えるかな。

クラブW杯inモロッコ・決勝

ヨーロッパ・チャンピオン
レアル・マドリード(スペイン)と、
南米・チャンピオン
サンロレンソ(アルゼンチン)との対戦。

結果は、
レアル・マドリード2-0サンロレンソ
で、レアル・マドリードの優勝でした。

スターティング・メンバーは、
サンロレンソ
GK                  トリコ
DF   ブファリーニ   カンネマン    ジェペス      マス
MF                メルシエル
         オルティブサ           バリエントス
FW    ベロン                      カリンスキ
                  カウテルッチオ  
レアル・マドリード
FW                ベンゼマ
      Jロドリゲス                   Cロナウド
MF        イスコ              ベイル
                   クロース
DF  マルセロ  セルヒオ・ラモス    ぺぺ     カルバハル
GK                カシージャス
でした。

試合は、前半37分、コーナー・キックからセルヒオ・ラモスのヘッドで、
レアルが先制。
そのあと、マルセロがケガで交代になるハプニングはあったものの、
交代で入る選手は、ポルトガル代表のコエントラン・・・。
前半は、サンロレンソのシュートがゼロという実力差のある戦いを
失点1でなんとかしのいだ内容でした。

後半は、6分にベイルのゴールでレアルに追加点が入ると、
サンロレンソは、選手交代で(ベロン⇒ロマニョーリ、ジェペス⇒チェット、
カウテルッチオ⇒マトス)反撃を試みるも、
中央はブロックがきつく、突破できず、サイドもクロスを入れることすら、
難しく、レアルの堅守ぶりが、際立ったかな。
レアルの攻撃陣は、フォーメーションなど意味ないくらいに、ポジション・
チェンジが激しく、個々の能力の高さを、サンロレンソDF陣の頑張りが、
余計に証明しているかのようでした。

正直、クラブ世界一にあまり意義を感じられなくなっています。
というのも、ヨーロッパのクラブの圧倒的な戦力と、他地域のクラブの、
南米ですら、実力差がある試合になっているからです。

記憶に残るほどのクラブ世界一の試合と言えば、
93年のトヨタ・カップです。
ACミランとサンパウロFCの対戦。
翌年のアメリカW杯の決勝のカードと同じ、
イタリアとブラジルの戦いで、それぞれの代表選手が、
そのクラブの殆どを占めていた時代でした。

今は興業的な意味しかないように思います。

応天の門  1巻、2巻



灰原薬・作。バンチ・コミックス・新潮社。

藤原氏が権勢を誇る平安の時代。
歌人・在原業平と、まだ文章生の菅原道真が出会い、
「鬼」の仕業と噂される「連続女官失踪事件」の解決に二人が、
絡む・・・・・。
これを、きっかけに業平と道真は、面倒事に関わることに。

「玉虫姫」のお話が、1巻までに収録されています。

なんとなく夢枕獏の「陰陽師」の安倍清明と源博雅の二人に似た
関係なのかな?という印象も、あります。

2巻の方には、「藤原高子の屋敷に怪異現る」のお話が
収録されています。
業平と高子の関係や、道真の居なくなった兄に関わることが、
気になりますね。

img359.jpg

次巻は、来年春ごろとのことです。

風夏 4巻



瀬尾公治・作。講談社コミックス・講談社。

両親が海外出張になったために、東京で姉姉弟妹(きょうだい)4人で
生活することになり、転校してきた榛名優は、転校早々、クラスメイトの
秋月風夏と強烈な!?・・出会い方をする。
そのときに風夏が落としたCDは、人気歌手・氷無小雪のCDで、
その氷無小雪は、榛名優の幼馴染みでもあった・・・。
優と風夏と小雪の恋模様と、音楽を通して巡り巡っていくお話です。

バンドを組むことにした風夏と優たちは、ギタリストに先輩の石見沙羅を
迎えて、学園祭で初ライブをすることになった。
が、その前に小雪が、優と会っていたところをツイッターで拡散されて、
ひと騒動に・・・。
殺気だった小雪ファンがライブ会場に押し掛ける中、渦中の小雪も心配に
なって駆け付けたところ、風夏と優たちのライブが始まった・・・。

展開が早いな~と、思っていたらあり得ないことに・・・・・・・・。
もう終わらせる気なのかな?
ということになっています。当初の予想とは違うストーリーになるようです。

次巻は、2月17日発売予定とのことです。
表紙は、石見沙羅です。

DAYS 9巻



安田剛士・作。講談社コミックス・講談社。

デイズという漫画は、柄本つくしが、高校に進学するときに出会った
風間というサッカーの才能にあふれる少年と友達になることで、初めて
サッカーの楽しさ・面白さを知り、高校でサッカー部に入ることを決めるものの
聖蹟高校サッカー部の強豪校としてのレベルの違いに戸惑いつつも、
愚直に向き合っていく、というお話です。

高校サッカー選手権・東京都予選の準決勝は、
聖蹟と京王河原との対戦。
ケガやイエロー・カードの累積などで、攻撃の要の3選手を欠く聖蹟。
前半でディフェンダーを退場させてしまい、先制するも、苦しい試合展開。
つくしの頑張りで、ファウルをもらい、ゴール前でFKのチャンスを
君下が決めて、あとは試合終了まで守るだけなのだが・・・・・・・。

柄本つくしの、試合後に見られた一面が印象深いお話になっています。
急成長を遂げるつくし。
決勝戦を前に、なにかをつかむのかもしれませんね。

次号は、2月17日発売予定とのことです。

beyond...アルバム/杉山清貴



85年に杉山清貴&オメガトライブを解散して、ソロ・デビューする
86年にリリースされたファースト・アルバム「beyond...」です。

収録曲は、
1   ocean
2   what rain can do to love
3   position 0 の憂鬱
4   one more night
5   alone
6   illusion を消した夜
7   you don’t know me
8   long time ago
9   さよならのオーシャン
10  reflexive love
11  miss.dreamer
12  shadow
です。

シングル曲は、「さよならのオーシャン」のみですが、
意欲に満ちた楽曲が並んでいます。
殆どの曲が、杉山清貴本人の手によるものですが、
「ワット・レイン・キャン・ドゥ・トゥ・ラブ」は、志熊研三から、
「アローン」と「ミス・ドリーマー」は、佐藤健から提供された曲です。

アルバム全曲が、お気に入りです。
曲間にSEをいれたり、フェード・アウトとイントロを交差させたり、と
軽くコンセプト・アルバムのような雰囲気があります。
全編英語詞の歌もあったり、ダンサブルだったり、しっとりバラードだったり、
盛り沢山な内容のアルバムです。

「ミス・ドリーマー」は、日本テレビのアニメ「三国志」で、小喬だったかな?が、
燃え落ちる楼閣のなかで、舞を舞うシーンで流れていた曲ですが、
号泣したのを、覚えています。

M I X  6巻

あだち充・作。
ゲッサンサンデーコミックス・小学館。

「タッチ」からしばらく後の・・・・・
明青学園高校野球部に所属する立花義兄弟、走一郎と投馬、
そして妹・音美を中心とする青春と野球と
それぞれの過去と現在が、交錯するお話です。

走一郎と投馬のそれぞれの父親も、明青の野球部でピッチャーだった
という過去話から、音美(明青中学)のクラスメイトの赤井遼の兄・智仁は、
旧須見工・健丈高のスラッガーだった・・・・。

いよいよ夏の高校選手権・東東京大会が開幕する。
1回戦の明青の相手は、その健丈高に・・・・。

さて、この立花バッテリーが、どういうふうに、赤井兄を打ち取るのか?
勝つのはどちら?

GPファイナル・IN バルセロナ

フィギュア・スケートです。
結果は、
女子・・
優勝・・E トゥクタミシェワ
2位・・・E ラジオノワ
3位・・・A ワグナー
4位・・・A パゴリラヤ
5位・・・J リブニツカヤ
6位・・・本郷理華

男子・・
優勝・・羽生結弦
2位・・・J フェルナンデス
3位・・・S ボロノフ
4位・・・M コフトゥン
5位・・・無良崇人
6位・・・町田樹
でした。

まず、女子から。
本郷選手は、G ゴールド選手のケガによる辞退で、
繰り上げ出場となり、難しい面もあったかもしれませんが、
長い手足を活かしたダイナミックな演技は、良かったです。
優勝のトゥクタミシェワ選手は、ミスらしいミスもなく、
10代とは思えない落ち着きと、安定感のある演技でした。
リブニツカヤ選手は、ジャンプの転倒などありましたが、
演じているプログラムは、難易度の高いものなので、
全て成功していたら、優勝もあり得たでしょうね。
ロシアの4選手は、他の国の選手より少しレベルの高い演技に
挑戦していますね。

男子は、羽生選手が連覇を達成しました。
ジャンプをひとつ転倒しましたが、それ以外はどの演技も、
加点が大きく伸びそうな美しい演技でした。
私が期待していた町田選手は、コンディションが悪そうで、
大会を重ねるごとに、演技も良くなかったですね。
最初のアメリカ大会(優勝)での演技が、いちばん良かったです。
そのときでも、体力的にきつそうなプログラムという印象だったので、
コンディションが少しでも良くないと、更に難しくなってしまうので
しょうね。まだ、今シーズンの大会がありますので、
快復してもらって、もう一度、あの演技を見せて欲しいものです。

今、エキシビジョンを見ながらの、書いています。

天皇杯サッカー・決勝

Jリーグ優勝とJリーグ・カップ優勝と、三冠達成をめざす、
ガンバ大阪と、
J1昇格のプレーオフを下剋上で、最後の椅子を手にした、
モンティディオ山形との
対戦でした。

結果は、
ガンバ大阪3-1モンティディオ山形で、
ガンバ大阪が三冠を達成しました。

キックオフ直後は、山形の昇格を決めた勢いそのままに、
プレッシングが効いて、山形ペースでしたが、
中盤でパスをつなぐのが厳しいとみるや、
ロング・ボールをトップのパトリック選手に当てて、こぼれを拾った
宇佐美選手が、先制点を決めました。
前半4分、ガンバのファースト・シュートでした。

しばらくこう着しましたが、パトリック選手が前半22分、
追加点を奪い、前半終了。

後半立ち上がりは、選手交代もあって、再び山形ペース。
どちらにも、チャンスがあったが、ガンバの方が再三の
チャンスをものに出来ないでいると、山形のロメロ・フランク選手の
ゴールで、1点差に迫りました。が、
山形のプレッシング・サッカーは、運動量が求められるもの。
選手交代で、運動量の低下を抑止していましたが、
3人の選手交代が終わったあとに、山形の選手が足を攣らせてしまい
治療の間、山形はピッチ上、10人の状態に・・・・・。
数的有利なガンバは、抜け目なく3点目奪い、勝負あり。

山形は、健闘していましたが、ガンバの試合巧者ぶりが、
目立った決勝になりました。

Jリーグは、全日程終了。
次は、高校サッカー選手権とアジア・カップが楽しみです。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている~白から始まる秘密~

img353.jpg

太田紫織・著。角川文庫・KADOKAWA。

櫻子さんシリーズの6冊目です。
旭川在住の乙女な男子高校生・館脇正太郎と
地元の名家、九条家の骨好きで、男前なお嬢様・九条櫻子の
二人の物語です。

前巻では、
今までの事件には、謎の画家・花房が関わっていて、どうやら人の悪意に
付け込み、人殺しをさせて、死体から蝶形骨を取って集めているらしいと
推測されるので、櫻子と正太郎は、
櫻子の叔父で法医学者の設楽教授のファイルにある事件に、
『蝶形骨を奪う犯人』と類似するものがあり、調査をしていたところ、
正太郎は、入院するほどの大ケガを負ってしまい、母親からはもう
関わるなと言われ、櫻子からも、私とはもう関わらない方がいいと、
絶縁宣言されてしまうのでした。

今巻は、その退院するところから、櫻子さんが絶縁宣言するに至った
経緯について、かねてから思い当たるものがあった正太郎は、
設楽教授を訪ね、改めて確信するとともに、新たな決意をすると
初めて櫻子に出会った中学生のときの過去話を回想する・・・。

ここで、二人の関係が終わってしまうようなら、お話も終わってしまうので、
なんとか復縁?するのですが、元の鞘に収まったというよりは、
いままでとは違うものに、変わっていきそうです。
そこには、ある人物の影がちらり・・・・・。
ホラーな雰囲気も、強くなりそうですね。

東北きりたん UTAUになる

zzm_kiritan_standup.png

久しぶりの東北ずん子関連のことです。

東北イタコ、東北ずん子、東北きりたん
東北三姉妹の末妹にして、
ずん子LOVEなきりたんが、UTAUの音源に加わりました。
CVは、茜屋日海夏さん。

UTAUとは、フリーソフトの歌声合成ソフトです。
東北ずん子が今年、ボーカロイド化して、
ニコニコ動画で、ちらほらと歌と動画を楽しめるようになりました。
きりたんの歌も、耳に出来る日も近いかな。

zzm_kiritan_sleep.png

東北きりたんのイラストは、
「東北ずん子オフィシャルサイト」よりお借りしたものです。


軍靴のパルツァー 7巻



中島三千恒・作。バンチ・コミックス、新潮社。

軍事大国ヴァイセンから同盟国バーゼルラント王国に、
軍事顧問として派遣されたベルント・ヴァルツァー少佐は、
第2次ノルデントラーデ戦争に、バーゼルラントの義勇兵部隊を率いて、
参戦していたが、窮地を脱して、第2王子・アウグストを無事に帰還させる
事に成功した。
ヴァイセンと双璧の大国・エルツライヒ帝国が、議長をつとめる国際和平会議
にて、ヴァイセン国王の暗殺計画を未然に防いだバルツァーだったが、
自身は賊たちに幽閉されていたところを、暗躍するリープクネヒトに
救われた・・・・ところまでが、前巻のお話でした。

今巻は、その旧友にして宿敵?かもしれないリープクネヒトとバルツァーが
会談の場を設けて、お互いの腹の探り合いの後、
二人はエルツライヒへと向かうのだった……。

バーゼルラントを舞台にして、思惑たっぷりな面々が、いよいよ分かり易く、
動き始めたところでしょうか。
そんななか、バルツァーはどこに軸足を置くのか?
難しい選択を迫られ続けるようです。
次巻が楽しみです。

クレイモア 27巻



八木教広・作。ジャンプ・コミックス・集英社。

人を食らう妖魔に対抗する為につくられた存在・・・
クレイモア(大剣)と呼ばれる銀髪・銀眼の女性たちは、
半人半妖、ゆえに人には忌み嫌われながらも、
報酬をとって、妖魔を退治する。

主人公クレアは、ある決意のために、自らクレイモアになったのだが、
その道中で、少年ラキに出会い、ミリアに出会い、と幾多の出会いと
戦闘を生き抜くことで、たくさんのことを得ていくお話です。

途中、クレア喪失後、ミリア中心の話になって、私の気持ちも離れ
そうになりましたが、なんとなく気になって、ずるずると読み続いていました。
が、今巻で綺麗に完結しました。

きっかけは、TVアニメでした。ナイトメアの「レゾンデートル」がOP曲で、
印象深い設定だったので、コミックスを読むに至りました。
「深淵」、「覚醒」と誰がどんだけ強いのか?ピンとこないところまで、
いってしまって、挙句、主人公がいないという展開・・・・。
どうなっちゃったの?と、思いましたが、
なんとか、落ち着くべきところに着地して良かったです。
振り返ると、長かったですね。

Jリーグ優勝は、ガンバ大阪

9年ぶり2度目の優勝をガンバ大阪が、最終節を引き分けながらも、
決めました。J1昇格年にJ1優勝は、柏レイソル以来ですね。
そのガンバも、W杯中断前は、低調でした。
後半、一気に逆転しての優勝なんですが、
浦和レッズとの直接対決で勝利したことが、大きかったですね。

シーズンの殆どを首位を維持していた浦和レッズでしたが、
FW興梠選手の負傷離脱が、影響したのかもしれませんね。
終盤の得点力の低下が、勝ち点を伸ばせなかった原因だったのでは
ないでしょうか。早速、FWの補強をしたようです・・・。

来シーズンは、2ステージ制のポスト・シーズンありのJリーグに、
変更になります。どうなりますやら・・。
国立競技場の改築にともない、日産スタジアム(新横浜)に決勝の舞台が、
変更になった天皇杯は、13日にガンバ大阪とモンテディオ山形の対戦です。
元日決勝でなくなったことは、良かった・・・・のかな。

BLUE MURDER/John Sykes



89年リリースされた「BLUE MURDER」アルバムは、
歌えるギタリスト、ジョン・サイクスを中心に結成されたバンド、
ブルー・マーダー(海賊)のデビュー・アルバムです。

この時のメンバーは、
ジョン・サイクス、、、、、、、、、、、、ヴォーカル、ギター。
トニー・フランクリン、、、、、、、、、、ベース。
カーマイン・アピス、、、、、、、、、、、ドラムス。
です。

ジョン・サイクスのキャリアは、
TYGERS OF PAN TANGから始まり、
THIN LIZZYで運命の出会いを果たし、
WHITESNAKEで良し悪し両面で実績を積んだ後の、
ブルー・マーダーの結成とあいなりましたが、
収録されている楽曲は、それらの経験をふまえた香りのする
音楽になっています。
分かり易いところで、「ブラック・ハーテッド・ウーマン」という曲は、
そのままホワイト・スネイクの「サーペンス・アルバス」アルバムに、
入っていても違和感のないものです。少し説明すると、
「サーペンス・アルバス」アルバムのレコーディング時まで
ホワイト・スネイクに在籍していたものの脱退せざるを得ないことになり、
後、このアルバムは、大ヒット・・・。
未練なのか、中てつけなのか、
あれは俺がつくったアルバムだ、との思いでもあったのかもしれませんね。

お気に入り曲は、「Riot」「Jelly Roll」「Blue Murder」「Billy」です。

93年「Nothin’But Trouble」アルバムをリリース。
4年の歳月がかかり、前のメンバーは、レコーディングに名残を残すのみで、
新メンバーで、2枚目のアルバムとなりました。
この時のメンバーは、
ジョン・サイクス、、、、、、、、、、ヴォーカル、ギター。
ケリー・キーリング、、、、、、、、ヴォーカル、ギター。
トミー・オースティン、、、、、、、、ドラムス。
マルコ・メンドーサ、、、、、、、、、ベース。
です。
お気に入り曲は、
「We All Fall Down」「Cry For Love」「Dance」
「Save My Love」「She Knows」などです。
力みの抜けたサイクスらしさが活かされていると思います。
華やかなロックよりも、バラード曲の方が、サイクスの真骨頂なのでは
ないかな?と、歌えるギタリストならではな、メロディーがいいですね。

img350.jpg

94年リリースの日本でのライブの模様を収めたアルバム、
「Screaming BLUE MURDER~Dedicated to Phil Lynott」です。 
収録曲は、
1   RIOT
2   CRY FOR LOVE
3   COLD SWEAT
4   BILLY
5   SAVE MY LOVE
6   JELLY ROLL
7   WE ALL FALL DOWN
8   PLEASE DON’T LEAVE ME
9   STILL OF THE NIGHT
10  DANCIN’ IN THE MOONLIGHT
です。
3、8、10が、シン・リズィの曲で、フィル・ライノットからの強い影響、
リスペクトが感じられます。
9 は、ホワイト・スネイクのあのアルバムwからの曲です。
最後に、ベースのマルコ・メンドーサの超絶プレイぶりも素敵な、
ライブ・アルバムです。

文豪ストレイドッグス 6巻

img346.jpg


朝霧カフカ・原作。春河35・漫画。角川コミックスエース・KADOKAWA。

文豪の名を持つ、異能者たちのお話です。
中島敦は、マフィアに懸賞金を懸けられる虎の異能者だが、
本人に自覚のないところを、武装探偵社の太宰治によって、
異能者として自分の居場所をみつける・・・。

福沢諭吉率いる武装探偵社と、
森鴎外率いるポートマフィアと、
フィッツジェラルド率いるギルドの
三つ巴の闘争に突入しましたが、それぞれの目的?などが、
いまひとつはっきりしないまま、そこかしこで戦端がきられています。
戦力的に苦しい武装探偵社に、マフィアがあの手この手を
仕掛けてきた・・・・・。

というところですが、主人公の中島敦の出番が少な・・・・。
今巻は、布石なのかな?
次巻を待つとします。

表紙は、真ん中が中島敦(武装探偵社)、左上は中原中也(マフィア)、
左下は芥川龍之介(マフィア)、右上はH・P・ラヴクラフト(ギルド)、
右下はJ・スタインベック(ギルド)です。

ROCK CONCERT アルバム/KUWATA BAND



86年、1年間くらい活動したKUWATA BAND。
・・・の、ライブ・アルバム「ロック・コンサート」アルバムです。

メンバーは、
桑田佳祐・・・・・・・・・・・・・ヴォーカル、ギター。
今野多久郎・・・・・・・・・・・パーカッション、ギター、ヴォーカル。
河内淳一・・・・・・・・・・・・・ギター、ヴォーカル。
松田弘・・・・・・・・・・・・・・・ドラムス、ヴォーカル。
琢磨仁・・・・・・・・・・・・・・・ペース、ヴォーカル。
小島良喜・・・・・・・・・・・・・キーボード、ヴォーカル。
です。

収録曲は、
ディスク・1
1   SMOKE ON THE WATER~MC
2   YOU NEVER KNOW
3   RED LIGHT GIRL
4   BELIEVE IN ROCK’N ROLL
5   DEVIL WOMAN~MC
6   MERRY X’MAS IN SUMMER
7   ALL DAY LONG
8   ZODIAC
9   天国への扉
10  LIKE A ROLLING STONE
11  風に吹かれて
12  SKIPPED BEAT
ディスク・2
1   ONE DAY
2   I’M A MAN
3   FEEDBACK
4   SHE’LL BE TELLIN’
5   PARAVOID
6   ”BOYS” IN THE CITY
7   GO GO GO
8   鰐
9   BE MY BABY
10  BAN BAN BAN
11  神様お願い
12  HEY JUDO
です。

シングル「BAN BAN BAN」でデビュー。
「スキップ・ビート」「メリー・クリスマス・イン・サマー」「ワン・デイ」と、
シングル曲をリリースし、続いて、
全曲英語詞楽曲のオリジナル・アルバム
「NIPPON NO ROCK BAND」アルバムをリリース。
シングル・アルバム+カバー曲で構成されたライブの模様を
MC込みで収めた「ロック・コンサート」アルバムは、
一気に駆け抜けるような、活動ぶりがよく伝わる・・内容です。

私のお気に入り曲は、ディスク2の方に、集中しています。

Dimension W 7巻

img343.jpg

岩原裕二・作。ヤングガンガンコミックスSUPER・スクウェアエニックス。

コイルという新しいエネルギー・システムが確立した世界・・・・・。
「回収屋」という不正コイルを回収する稼業を営むマブチ・キョーマと、
コイルの第一人者、百合崎博士が最後に残したアンドロイド・ミラの二人が
織りなす、お話です。

サルバ、ルワイ王子兄弟は、腕のたつ回収屋を集め、ニュー・テスラ、
始まりの場所になるイースター島に出発する。
島、近くに来ると謎の球体に襲われ、意識を奪われたサルバを
回復させるために、ルワイはサルバの意思を継ぐ・・・・・。
一方、別ルートでイースター島に来たマブチとミラは、
自らの目的の為に、愛車を駆る。

イースター島を虚無の島に変えた元凶(コイル?)のある、
グランド・ゼロを目指して、それぞれのパーティーはバラバラに
行動していたが、キョーマたちのグループの前に、
ルーザーが立ちはだかる。
「何もカモを、ワスレた貴様に、資格なし」と、行く手を阻まれ、
更に、キョーマはあの謎の球体に意識を奪われてしまう…。

いよいよキョーマの過去に何があったのか、
百合崎博士やミラとの因果などが、少しずつ明かされています。
まだ、新たな存在が登場したりするので、お話は続きそうです。

次巻は、来年6月下旬ころ発売予定とのことです。

3月のライオン  10巻



羽海野チカ・作。ジェッツコミックス・白泉社。

少年プロ棋士・桐山零のお話です。
幼少時に家族を亡くし、独りになった零は、父親の友人であり
プロ棋士の幸田家に、我が子同然に育ててもらっていたが、
将棋については、幸田の実子である香子や歩より優れていたために、
家庭内にギクシャクしたものを感じていた。
早くプロになって独り立ちしようと、中学生にしてプロに合格し、
幸田家を出て、一人暮らしを始めていた。

一人暮らしを始めた六月町の近く、三月町に住む川本三姉妹に
ぼろぼろになっていたところを助けられ、それ以来、
家族同然な、お付き合いの桐山零なのでした。

今巻では、
零は、高校三年生になって、同じ高校に、川本ひなたが、
新入生として入学して来たところから、始まります。

将棋の話も、もちろんありますが、基本的には、普通にドラマ的な
お話が展開されています。将棋のルールもろくに知らない私でも、
読めるお話です。

その川本家に、ある人物がやって来て、またひと波乱ありそうな
ことになっています。そのとき、零は・・・・・・・。

いや、びっくりな展開ですよ。次巻が、待ち遠しいです。

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

麻生波枕

Author:麻生波枕
FC2ブログへようこそ!
好きなもの、好きなことを
大切にしています。
音楽・コミックス・
ノベルス・スポーツ・
イラスト・その他を、
おもしろかわいいを
こよなく愛しています。

最新記事

検索フォーム

アルバム コミックス他Ⅰ

紹介した表紙などです。

アルバム コミックス他Ⅱ

コミックス等の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅲ

コミックス他の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅳ

コミックス他の表紙です。

黒メイド時計

QRコード

QR

カテゴリ

リンク

アルバム 音楽Ⅰ

紹介した音楽ジャケット。

アルバム 音楽Ⅱ

音楽ジャケットです。

アルバム 音楽Ⅲ

音楽ジャケットです。

月別アーカイブ