フットボール・ネーション 6巻



大武ユキ・作。ビッグコミックス・小学館。

日本人離れしたサッカー・センスを持つ沖 千尋は、
訳あって少年院に入っていた・・・。
幼い頃に、同じチーム・メイトだった一ノ瀬 迅は、今やJリーグの
横浜Uで活躍するトップ・プロだが、Jリーグには、沖のようなタレントが
いなくて、物足りなく思っていた・・・。

少年院を出たばかりの沖は、草サッカーの助っ人で、小遣い稼ぎをしている
ところを、東京クルセイド(社会人リーグ・アマチュア)の監督にスカウトされる。
「目標は正月の国立。天皇杯で優勝して、日本のサッカー界の目を覚まさせよう。」
というところで、順調に勝ち上がってきた東京クルセイドだが、

沖がトラブルに巻き込まれ?いや、自ら起こし?
次の試合には、沖無しで戦わなくてはいけなくなった・・・・・。

視野や、筋肉の使い方や、科学的なアプローチからの
サッカー教本的な解説が特徴のサッカー漫画です。
もちろん、それだけではなくて、沖の複雑な家庭事情などのドラマ性もありです。

ただ、発売が年に一冊、二冊のペースなので、忘れそうです。
スポンサーサイト

「TIME~時へのパスポート」アルバム・ELO

img165.jpg

81年リリースされたELO・・エレクトリック・ライト・オーケストラの代表作、
『TIME~時へのパスポート』アルバムです。

このときのメンバーは、
ジェフ・リン・・・・・・・・・ギター、ヴォーカル。
リチャード・タンディ・・キーボード、ギター。
ぺヴ・べヴァン・・・・・・ドラムス、パーカッション。
ケリー・グローカット・・ベース、コーラス。
です。
70年代には、チェロやヴィオラといったストリングスのメンバーも
いたのですが、楽器の進歩や時代の変遷に合わせ、徐々に
メンバー編成も小さくなっていきました。
ELOはジェフ・リンのバンドと言っていいかも知れません。

収録曲は、あえて邦題のみで表記します。
その方が、アルバムの雰囲気が伝わりそうなので。
1  プロローグ
2  トワイライト
3  ロスト・ワールド、2095
4  チケット・トゥ・ザ・ムーン
5  タイム・トラベラー
6  孤独のスペース・シップ
7  さらばロンリー・レイン
8  エンド・オブ・ザ・ワールド
9  ライツ・ゴ―・ダウン
10 ヒア・イズ・ザ・ニュース
11 21世紀の男
12 ホールド・ザ・タイド
13 エピローグ

時というか、時代?をテーマにしたコンセプト・アルバムです。
シングルとしてカットされたのは、「ホールド・ザ・タイド」だけですが、
日本では、「トワイライト」がよく知られています。
CMやらいろいろなタイ・アップで使われていますし、テレビドラマの
「電車男」でテーマ曲的になっていたので、耳にすれば、
ああ~って、思うのではないでしょうか。

奥田民生が、パフィのデビュー「アジアの純真」で、和製ジェフ・リンみたく
いわれたのは、この頃のサウンドに似ていたからじゃないでしょうか。

万能鑑定士Qの事件簿 4巻

松岡圭祐・原作。神江ちず・漫画。清原紘・キャラ原案。
角川コミックスエース・KADOKAWA。

原作小説のコミックス化、4冊目です。
力士シールの謎解きをきっかけに、万能鑑定士、凛田莉子と「週刊角川」の
記者、小笠原悠斗は、日本のハイパー・インフレ詐欺事件の解決に、
貢献する・・・・・。
そのときのはたらきを買われて、地元牛込署の葉山警部補だけでなく、
本庁捜査二課・宇賀神警部から、ある事件解決に協力を要請される・・。
それは、万能贋作者・雨森華蓮のしっぽを掴むことだった・・・・。

雨森華蓮の飼い猫、ヨゾラ(黒猫)が、のちのち重要な役割を果たすことに
なったような気がします。

今月末(週末)に、映画『万能鑑定士Qの事件簿-モナ・リザの瞳-』が
公開されることに合わせるように、
関連作品が、相次いで発売になって、ほくほくな私。
映画も見たいな。

特等添乗員αの難事件 1巻



松岡圭祐・原作。蒼崎律・漫画。清原紘・キャラ原案。
あすかコミックスDX・KADOKAWA。

待ちに待った「特等添乗員α」シリーズのコミックス化です。
厚労省の若きエリート官僚の壱条那沖は、ニコノヤの黄色いバナナ事件で、
失脚し、観光庁に異動になった。
その最初の仕事先で、浅倉絢奈に出会う。
彼女は、中卒ニートで、添乗員を目指すも、家族からも見放されるほど、
独特な思考法、故に、うまくゆかず、本人も悩んでいた・・・。

再会した絢奈と那沖・・。絢奈の何気ない一言で、那沖は「黄色いバナナ事件」の
汚名返上に成功する。那沖は、絢奈の独特な思考法・・・
ラテラル・シンキング(水平思考)の可能性に注目する。

那沖の支援を得て、絢奈は添乗員資格の合格を目指す・・・・・。

絢奈が、かわいいです。
絵柄と作風が、ぴったりで、早くも次巻が楽しみです。

激闘!二つの決勝戦

どちらも、サッカーです。

まずは、ヨーロッパ・チャンピオンズ・リーグ決勝。
レアル・マドリードVSアトレチコ・マドリード

タレント集団のビッグ・クラブ、レアルと
今季リーガ・エスパニョーラを最終節まで、バルセロナと
競って、優勝を決めたアトレチコの対戦です。

お互いをよく知るスペインのクラブ同士の戦いです。
まず、試合をコントロールしていたのは、アトレチコでした。
豊富な運動量で、球際も厳しく、ボールを奪えばシンプルに速く、
相手ゴール前に攻め込むスタイル。
個人の技術が活かされないレアルは、思うような戦いができず、
少ないチャンスも、決めきれないでいると、
アトレチコに先制されることに。

アトレチコ優勢に見えるゲーム展開だったが、
不穏な気配は、試合開始早々に始まっていました。
アトレチコのエース・ストライカー、ディエゴ・コスタが、リーガ最終節、
バルセロナ戦での負傷が癒えず、途中交代となっていました。
実は、チーム自体満身創痍で、選手層も厚い訳でないアトレチコは、
それでも、自分たちのやり方を通す以外に、道はありません。
一方レアルは、イエローカードの乱発や疲労により、アトレチコの動きが
鈍くなり始めたことで、名将アンチェロッティは、マルセロとイスコを投入、
じわじわと押し込むことに成功・・・。
あとは、時間だけが、全てを決めるという試合の流れのなかで、
試合終了間際に、セット・プレーで、レアルがついに、同点に追いつきました。

試合は、十五分ハーフの延長戦に突入しましたが、
アトレチコには、もはや攻撃の決め手はなく、防戦に追われ、
最後は、個の力で突破したディ・マリアのシュートを、GKが弾いたところを
ベイルが押し込み、とうとう勝ち越し点が決まりました。
力尽きたアトレチコに、反撃の余地はなく、逆に追加点を献上・・・。
優勝は、
レアル・マドリード4(延長戦)1アトレチコ・マドリード
です。

続いて、女子サッカー・アジアカップ決勝。
連覇を目指すオーストラリア代表と、
初優勝を狙う日本代表の対戦です。

グループ・リーグで、対戦している両チームですが、そのときは、
オーストラリア代表が、2点を先行していて、試合の流れを
日本代表が、じわじわ取戻し、なんとか2点奪い、ドローに
持ち込んだゲームでした。

戦前の予想通りに、どちらにもチャンスがある、厳しい戦いでした。
先制は、日本代表でした。
が、追加点をなかなか奪えないでいると、オーストラリア代表にも、
得点のチャンスが増えていきました。
1-0の試合運びで、終盤の厳しさをヨーロッパ・チャンピオンズリーグの
試合で見せられていましたから、嫌な光景を何度となく連想しましたが、
最後まで、日本代表はしたたかに戦い抜きました。
優勝は、
日本女子代表1-0オーストラリア女子代表

初優勝、おめでとうございます。

タイトルを獲得するということは、
かくも厳しく、かくも残酷で、
かくも甘美なものなんですね。

アルスラーン戦記 1巻2巻



田中芳樹・原作。荒川弘・漫画。講談社コミックス・講談社。

人はみな平等をうたうイアルダポート教を国教とするルシタニアと
奴隷制をよしとするパルスは、異教徒の国として、戦が絶えなかったが、
パルスの王・アンドラゴラスは、不敗の王として、これを退け続けていた。
その王子・アルスラーンは、剣術の腕もあがらず、どこかおっとりとした
頼りないところのある王子であった。
その王子・アルスラーンも、14歳になると、ついに初陣を迎える。

が、これまでのルシタニアとは、なにかが違い、
パルスの不敗の王は、策略にかかり、行方不明となる。
アルスラーンも命の危ういところを、騎士ダリューンに救われる・・。
潰走するパルス軍・・・王都エクバターナに侵攻するルシタニア軍・・・。
王都奪回するために、アルスラーンとダリューンは、
隠匿するナルサスのもとを訪ねる・・・・・・というお話です。

いろいろと、謎めいたものもあり、思惑もいろいろと絡み合っていく
お話になりそうです。

img163.jpg

3つのトシキ

3つのジムノペディ、エリック・サティみたいなタイトルですが、
もちろん、オメガトライブのカルロス・トシキでもなくて、

角松敏生の3枚のアルバムの紹介です。
きっかけは、私の身内が大ファンで、それとなく耳にして気に入りました。
79年「SEA BREEZE」アルバムでデビュー。
それから5枚目、
85年「Gold Digger~with true love~」アルバム。

img154.jpg

ジャケットのイメージ通りに、都会の夜が似合う曲です。
お気に入りは、
「I can’t Stop The Night」
「Tokyo Tower」
「No End Summer」
です。

あくまで私の主観によるものですが、
三大スケベな歌詞・ミュージシャンの一人として本領発揮のアルバムです。
(ちなみにあとの二人は、桑田佳祐と岡村靖幸です。)

86年「T’s 12inches」アルバムです。

img155.jpg

7分くらいのリミックス・シングル曲を集めたアルバムです。
基本的には、ダンス・リミックス的な仕上がりです。
私のお気に入りは、
「LUCKY LADY FEEL SO GOOD」
「STEP INTO THE LIGHT」
「GIRL IN THE BOX」
「TOKYO TOWER」
「DO YOU WANNA DANCE」
です。

87年「SEA IS A LADY」アルバムです。

img159.jpg

こちらは、ギタリスト・角松敏生としての音楽・・・
とくに『夏=女=海』(本人によるライナーノーツより)というところからの、
カシオペア、T-スクウェア、高中正義のようなフュージョン・アルバムです。
これからの季節にぴったりなんですが、
全ての曲名に、女性の名前が冠されています。
もはや、いわずもがな・・。

私のお気に入りは、
「WAY TO THE SHORE ”ERI”」
「SEA LINE ”RIE”」
「THE BASS BATTLE ”CHAKO”」
「MIDSUMMER DRIVIN’ ”REIKO”」
です。

女子サッカー・アジアカップ・準決勝

今月、ベトナムで開催されている女子サッカーのアジアカップです。
この大会の上位五か国に、来年、カナダで開催されるW杯への出場権が
与えられます。そして、ベスト4に残ったのは、
日本代表、オーストラリア代表、韓国代表、中国代表です。

まず、5か国目の出場権を懸けて、地元ベトナム代表とタイ代表が対戦。
2-1で、タイ代表が勝ち、五番目の出場枠に滑り込みました。

そして、準決勝・・・。
日本代表2(延長戦)1中国代表
澤、岩清水のヘッドで、PK戦突入か?という終了直前の勝ち越しでした。
まだ、日本代表は、アジアカップのタイトルを獲ったことがないのです。
悲願まで、あとひとつ・・・。

もうひとつの準決勝、オーストラリア代表と韓国代表の勝者と対戦です。
オーストラリア代表は、ディフェンディング・チャンピオンな上に、
今大会のグループ・リーグでは、日本代表は、辛くもドローにした強豪・・。
韓国代表も、近々の対戦で日本代表が敗戦しているので、
どちらが相手でも、日本代表にとっては、厳しい戦いが待っています。

せっかくのチャンスを、今度こそ、ものにして欲しいものです。

まさかのC&A

敢えて触れないでおこうかな、とも思っていましたが、

ほんとに寝耳に水でした。
飛鳥涼、覚せい剤所持の容疑で逮捕。
週刊誌のことは、全然、知りませんでしたし。
こんなことになろうとは。

報道されていることが事実であるならば、使用の容疑での再逮捕も、
時間の問題なのかな、と。
かなり常習性も高そうで、これは、もう・・・。

所属レコード会社が、販売を停止、更に店頭のものも回収と、
迅速な対応を決めました。
音楽には罪はないのだから、・・と言いたいところですが、
正しい判断だったと思います。

79年にデビューして、
「万里の河」がヒット。
フォーク・デュオの枠組みを出て、
「モーニング・ムーン」が、ヒット。
「カウント・ダウン」とか、お気に入りです。
87年「スーパー・ベスト」アルバムをリリース。
img153.jpg

代表曲のひとつ、
「YAH-YAH-YAH」
織田裕二と石黒賢の医療ドラマの主題曲でした。
ドラマともども、インパクトのある曲です。

94年の「HEART」とか、「Something There」とかの頃まで、
よく聴いていました。

DAYS 6巻

安田剛士・作。講談社コミックス・講談社。

デイズという漫画は、柄本つくしが、高校に進学するときに出会った
風間というサッカーの才能にあふれる少年と友達になることで、初めて
サッカーの楽しさ・面白さを知り、高校でサッカー部に入ることを決めるものの
聖蹟高校サッカー部の強豪校としてのレベルの違いに戸惑いつつも、
愚直に向き合っていく、というお話です。

合宿の練習試合で、柄本はFWなのに、DFとしてプレーすることに。
監督としては、逆の立場になって、FWに必要なものを会得して欲しかったのだが、
柄本は、DFとしての自信をつかむのだった・・・。

続いて、竜真高校、青函学園と練習試合をこなすのだが、
柄本と風間との間に、いったい何が?
サッカーだけでなく、デリケートな信頼関係とかを、
ギャグ・テイストを織り交ぜながら、描いていく・・・。

次巻は、7月17日発売予定です。

ブラック・ラグーン 10巻



広江礼威・作。サンデーGXコミックス・小学館。

犯罪者の街、ロアナプラ・・。
そこで魚雷艇・ラグーン号で、人以外は何でも運ぶ、運び屋稼業を営む
ラグーン商会・・・そのボス、ダッチと情報・メカニックのベニーと、
荒事担当、トゥー・ハンド(二丁拳銃)のレヴィと見習いロックの、
ときに面倒事に巻き込まれ、ときに自ら首を突っ込み、
裏社会というよりも、社会の裏で生き抜く様を描くストーリーです。

前巻まで、ロベルタの復讐劇に奔走させられたロックたちだったが、
結末としては、望めるものの中で最良だったにもかかわらず、
ファビオラの最後の言葉で、落ち込むロック・・・・・
というところから、始まります。

そこへ、偽札偽造グループのジェーンが、新人のテストと称して
フォン・イッファイをロアナプラに連れてくる・・・・。
フォンを巡るお話になりそうです。
ちなみに、表紙がフォンです。

前巻から五年ぶりの新刊です。
もっと間が開いていたように感じましたが、久しぶりです。
いや、お帰りなさい、ですね。
ほんと悪い奴らしか登場しないんですが、なんかカワイかったり、
親しみわいたり、お近づきにはなりたくないですが、
(それこそ、命がいくつあっても足りない目に合うので、)
広江氏の画の力なのか、お話のつくりなのか、
人間臭くて、憎めなかったりもするんです。

その広江氏なんですが、
メカニカルなものも迫力ありますし、
人物もチャーミングに描きますし、
アクションも、シリアスも、ギャグもイケてますし、
全てにハイレベルな画力なんです。
だからこそ、この手の内容でも、私が手を出せたと言えます。
でなければ、子供にも清廉潔白な人にも、見せられないほどの
あこぎな話だし、けっして気持ちいいものではないです。
それでも、そこに生きる人たちの強かさには、憧れますね。

四月は君の嘘 9巻

新川直司・作。講談社コミックス・講談社。

母親の死がきっかけで、自分が弾いているはずのピアノの音だけが
聞こえなくなってしまって、ピアノから逃げていた有馬公生くん。
その彼は、宮園かをり、というヴァイオリストに出会い、一緒に
コンクールに出ることで、ピアノにも、母親にも、そんな自分自身にも
向き合えるようになってきた・・・。
ところが、
その宮園かをりは、病のため床に伏してしまいヴァイオリンが
弾けなくなっていたところ、見舞いに来た公生に、
「一緒に心中しない?」などと言い出す。
そんな宮園と自分の母親が、重なって見えてしまい、
心を再び、閉ざしかけていた公生だったが、
渡や凪の働き掛けもあって、ある決意と行動に出る・・・・・。

img149.jpg


なんとかなりそうかな?
次は「12月の東日本ピアノ・コンクール予選」が話の舞台になるのかな。
楽しみです。

楽しみと言えば、10月からフジテレビのノイタミナで、
「四月は君の嘘」がテレビ・アニメとして放送予定だそうです。
ちょっぴりせつない青春×音楽アニメになるのかな?

ボーカロイド3 東北ずん子

ついに、この時が来ました。
1年くらい前に、ボカロ化するということを、知りまして、
ずっと楽しみにしてまいりました。

発売日は、6月5日予定とのことです。
公式デモ・ソングが、ニコ動にアップされています。
これで、ずん子ちゃんの認知度が、ぐっと上がりますでしょうか?

ちなみに
「麗しき大八洲」 tamachang
「パステルイマジネーション」 しゃぁさん
「Zung!Zung!」 だいすけP
の三曲です。

イラストは「東北ずん子オフィシャル・サイト」より、お借りしました。

zzm_a1zunko10.png

中森明菜シングルス【27】1982-1991 ディスク2

中森明菜、デビューの82年から91年までのシングルス・ベスト・アルバムです。
その2枚目、前記事の続きです。

15・「DESIRE-情熱-」
16・「ジプシー・クイーン」
17・「Fin」
18・「TANGO NOIR」

img145.jpg

「DESIRE」は、和服のイメージが、それも洋服風な動き易い衣装で、
オカッパなウィッグ?に、振り付けもインパクト大でした。
こういう変化を付けられるところは、他のアイドルにはないもので、
アーティスト中森明菜へと。
「ジプシー・クィーン」は、国安わたるによる楽曲です。
一時期、国安わたるがお気に入りでしたが、今は手持ちにないのが残念です。
「TANGO NOIR」は、サビの「・・のわああぁぁぁ~る・・」のところが
まさに「明菜節」とも言える、コブシをころがすような歌唱法です。
これができれば、明菜のモノマネができる、といえるほどのものです。

19・「BRONDE」
20・「難破船」
21・「AL-MAUJ(アルマージ)」
22・「TATTOO」
23・「I MISSED゛THE SHOCK゛」
24・「LIAR」
25・「Dear Friend」

img146.jpg

「難破船」は、加藤登紀子による楽曲です。
なんというのかな、酸いも甘いもよく知る大人の女・・です。
いやいや二十歳を超えたばかりの乙女ですよ。
テレビ、ヴァラエティーに出演する明菜は、おちゃめで子供っぽいこと
このうえないので、ギャップに早熟早逝の危うさを感じたものです。
「I MISSED゛THE SHOCK゛」は、私には好きな曲なんですが、
ここまでずっと、トップだったのですが、さすがに翳りが見え始めた頃です。

26・「水に挿した花」
27・「二人静-天河伝説殺人事件より‐」
img147.jpg

「二人静」は、映画「天河伝説殺人事件」の主題曲で、
・・・・・「きっと、愛しすぎたから」・・・・・
の台詞で始まる雰囲気のある曲です。
作曲は、元C・C・Bの関口誠人です。

私にとっての中森明菜は、ここまでです。
この後も、2009年くらいまで、シングル曲をリリースしたり、ディナー・ショーを
したりしていましたが、2010年以降は活動休止しています。(Wiki情報です。)

体力的にも精神的にも、どこか線の細い印象だったから、もっと早くに休業しても
不思議ではなかったのに、ずいぶんと頑張っていらしたのですね。

いつかまた、その「明菜節」に見合う音楽に出会えたなら、
なんらかのかたちで、その歌声を聴かせて欲しいものです。

中森明菜シングルス【27】1982-1991 ディスク1

いわゆるアイドルとしてではなく、歌手・中森明菜として好きです。
82年に「スローモーション」でデビューしてから、
91年「二人静」までのシングル曲ベスト・アルバムです。

このベストの良いところは、シングル・ジャケットが歌詞カードとともに、
ブックレットみたいになっているところです。
デビュー当時は、アナログ・レコード・・EP・・ドーナツ盤なんて
言われていた頃のジャケットが、拝めるのです。
90年近くには、CDシングル・・7cmCDのジャケット・・
あの細長いものです。
流石に、全部はアップできませんが、いくつか曲紹介とともに。

1・「スローモーション」
2・「少女A」
3・「セカンド・ラブ」
img142.jpg

「セカンド・ラブ」で明菜ファンになりました。
「スローモーション」に続き、来生えつこ・たかお姉弟による楽曲です。
のちの「トワイライト」も、そうです。

4・「1/2の神話」
5・「トワイライト~夕暮れ便り~」
6・「禁区」
「禁区」は、YMOの細野晴臣による楽曲です。
これまでと異なる曲調ながらも、変わらぬ歌唱力を発揮しています。

7・「北ウィング」
8・「サザン・ウィンド」
9・「十戒(1984)」

img143.jpg

「サザン・ウィンド」は玉置浩二、「十戒」は、高中正義による楽曲です。
聴いた感じでは、それぞれ意外なほど、それぞれらしさがなく、
中森明菜の曲として馴染んでいます。

10・「飾りじゃないのよ涙は」
11・「ミ・アモーレ」
12・「赤い鳥逃げた」
13・「SAND BEIGE-砂漠へ‐」

img144.jpg

「飾りじゃないのよ涙は」は、井上陽水による楽曲ですが、
この頃既に、アイドルらしからぬ歌唱力を発揮していたように思います。
「赤い鳥逃げた」は、「ミ・アモーレ」の歌詞が違うロング・ヴァージョンの
12インチ・シングルです。訃報・この曲の作曲者である松岡直也氏は、
先月末に病気のため、永眠されました。ご冥福をお祈りいたします。

14・「SOLITUDE」
「SOLITUDE」は、タケカワユキヒデによる楽曲です。

多彩な作家陣の強烈な個性のある音楽を、見事に自分のものとして
昇華させながら、中森明菜、自らも成長していったような・・
このとき、二十歳でした。

ディスク2、続きは、また明日。

ブラジルW杯23戦士とサプライズ

5月12日、正式に発表されたサッカーW杯のメンバーは、

FW
柿谷、大迫、大久保、岡崎、本田、香川、清武、斉藤。
MF
遠藤、長谷部、山口、青山。
DF
長友、酒井(高)、酒井(宏)、内田、
吉田、今野、森重、伊野波。
GK
川島、西川、権田。

の23名です。

まずケガの不安のある選手が何とか間に合いそう・・と、
2列目がFW扱いなのが、私にはサプライズだったかな。
冗談はさておき、
各メディアでサプライズとして大久保選手を取り上げていますので、
ここは、私らしい視点で、青山敏弘選手をサプライズとして評価したいです。

青山選手は、Jリーグを連覇したサンフレッチェ広島の中盤の要の選手・・、
能力的に疑う余地はありませんが、得意としているプレーのひとつに、
精度の高いロングパス・・とくに自陣深いところから、
カウンターの起点となる、相手ディフェンダーの背後へのパスがあります。

となると、FWにはスピードのある「快足FW」が欲しいところですが、
ご覧の通り、そういうタイプのFWは、選ばれていません。
そもそも、ボール・ポゼッションを高くして攻めるサッカーを標ぼうしているのだから、
当然、FWの選手には、足元の高い技術が求められます。
まさに、そういう選手(岡崎選手は、最近、すごくうまくなりましたよね)ばかり、
選ばれています。
ということは、青山選手が活きる状況が殆どないのでは?
と思いませんか?

実は実は、
この選手選考に理想と現実の監督の苦悩みたいなものが、あるのかもしれませんね。
どんなときも、日本がポゼッション・サッカーができるならば、問題ないが、
できなくなった状況を想定した場合には、
きっと青山選手の活躍が、日本の窮地を救ってくれることでしょう。

なによりも、サプライズは選手選考ではなくて、

ブラジルの彼の地で、

あのトロフィーを高々と掲げることですよね。

これ以上のサプライズは、存在しないと思いませんか。

レイカ 警視庁刑事部捜査零課



樹のえる・著。メディアワークス文庫・KADOKAWA。

街のお巡りさんを夢見ていた宝福大和(ほうふくやまと)は、念願叶った矢先、
刑事に配置転換の辞令がきて、普通なら、喜ばしいことなのだが、
宝福にとっては、戸惑いが大きい中、配属先、
「警視庁刑事部零課」の門をたたく・・。

ゼロ課課長代理、羽佐間巧警部は、日頃は「なんでも相談」を電話で受け付け
ながら、盆栽の世話に勤しむ。
春日梓警部補は、ひがなネットに勤しむプロファイラー。
陣内義嗣巡査部長は、「見当たりの陣さん」といわれ、殆どゼロ課に
顔を出すことがないベテラン。
そして、音無レイカ巡査は、ある特殊な能力を持っていた。

早速、レイカと組んで捜査に出る大和だったが、
実は、大和は死体が近くにあると鳥肌だって発見できる能力の持ち主だった。

個性的な面々が、揃ったゼロ課・・・。
他にもまだ、いわくがありそうです。

骨休め的な展望

やっとベイスターズが勝てるようになりました。
泣き言を言った甲斐があったでしょうか。
いやいやだって、
勝率が二割台だったんですよ。
下位打線の打率と同じなんですよ、そんなの勝率って言えないでしょ。
セ・リーグは、上と下が綺麗に三球団ずつに分かれちゃっているので、
クライマックス・シリーズ争いを盛り上げるためにも、
ベイスターズに頑張ってもらわないと。

ところで、東大野球部は72連敗の六大学ワーストを更新しました。
こちらも、誰かなんとかしてあげてください。

ブラジルW杯のメンバー発表まで、もうすぐですね。
サプライズ的な人選があるのか、どうか、注目されているみたいで、
いろいろな名前が挙がっていますが、
予想されている時点で、サプライズではないのでは?
というツッコミはおいといて、
私が監督なら、
スペインのバルサやレアルに所属する10代のどちらかを選びたいです。
まだ13とか14才だから、クラブ側が拒否すると思うけど。

たぶん、ザッケローニ監督は私みたいな面白半分な人選はしないと思います。
お馴染みの顔ぶれになると思います。

私の予想では、
FW.柿谷、豊田、大迫、
MF.本田、香川、岡崎、中村(憲)、斉藤、南野、
   遠藤、山口、柴崎、細貝
DF.長友、酒井(高)、酒井(宏)、
   吉田、森重、今野、?
GK.川島、権田、西川、
かな?
センターバックをあと一人入れたいところです。
それで、23人になります。

THE PRINCE’S TRUST



86年ロンドン、ウェンブリー・アリーナで、
英国王室による若者を支援する基金の10周年記念ライブをCD化したものです。
英国のミュージシャンたちが、資金集めも兼ねて毎年ライブを行っていたもので、
とくに10年目は、華やかに2部構成で行われた際の選曲集です。

収録曲は、
MONEY FOR NOTHING/Dire Straits&Sting
CALL OF THE WIND/Midge Ure
MARLENE ON THE WALL/Suzanne Vega
IN THE AIR TONIGHT/Phil Collins
FIELDS OF FIRE/Big Countrey
NO ONE IS TO BLAME/Haward Jones
SOMETHING ABOUT YOU/Level 42
I’M STILL STANDING/Elton John
REACH OUT/Joan Armatrading
BETTER BE GOOD TO ME/Tina Turner
SAILING/Rod Stewart
GET BACK/Paul McCartney
です。

それぞれ代表曲と言えるもので、
GET BACKは、ポール・マッカートニーから、
ポール・ヤング、ティナ・ターナーとヴォーカル・リレーする、
締めに相応しい盛り上がりです。

私のお気に入りは、
「MONEY FOR NOTHING」
「NO ONE IS TO BLAME」
「SOMETHING ABOUT YOU」
「I’M STILL STANDING」
「GET BACK」
です。

ハワード・ジョーンズの「NO ONE IS TO BLAME」は、
オリジナルは、もう少し速いテンポの電気的なサウンドなんですが、
このときの、フィル・コリンズとのリアレンジによって、
名バラードに生まれ変わって、ヒットしました。

ホーンテッド・キャンパス 恋する終末論者

櫛木理宇・著。角川ホラー文庫・KADOKAWA。

青春オカルトミステリーです。
雪越大学に一浪して合格した八神森司は、霊的なもの感じることのできる少年
であるが、なるべくそういうものに関わらないように、見えていないものとしていた。

高校生のときに、1年後輩の灘こよみに忍び寄る黒い影を遠ざけて以来、
灘に淡い恋心を抱くようになって、
晴れて、同じ大学の同級生となったのだが、
灘からは、「八神先輩」と呼ばれる、近づけそうで近づけない間柄のまま
なのでした。
そんな二人は、灘が心霊的なものに憑かれやすいことを理由に、
幼馴染みにして先輩でもあるオカルト研究会部長・黒沼麟太郎に、
オカ研にいた方がいいと薦められ、入会することに・・。

4作目「ホーンテッド・キャンパス 死者の花嫁」では、
森司は、灘の両親と会うまでに、灘自身とも親密度を高めたのだが、
なんというか、持ち前の謙虚さというのか、森司自身への自信の無さからか、
これまでと変わらない森司と灘の関係ではあるが、
灘の方には、変化が見え隠れするように・・。
他には、黒沼の二人の幼き頃の話しも、語られます。

そして、5作目「ホーンテッド・キャンパス 恋する終末論者」では、
森司が高校生時代にクラスメイトだった、北聖学館大三年生・板垣果那と
再会したところ、灘との二股疑惑が森司を悩ませることに・・・。

今回のお話では、板垣にもなにやら事情があるようだが、
森司は知ることもなく・・。
その森司の、良くも悪くも人の好さが、よく分かるお話です。
森司と灘の関係にも、微妙な変化が訪れたようです。

森司・・・それで、いいのか?
と、私からは、言葉をかけたい。

次巻は・・・秋ぐらいかな~、待ち遠しいです。

United Support of Artists for Africa



85年にリリースされたチャリティー・アルバム、
「We Are The World」です。

ボブ・ゲルドフが発起人で、クインシー・ジョーンズ、M・ジャクソン等が、
賛同して、当時の著名な、影響力のあるアーティストを集められるだけ
集めてつくった楽曲、アルバムです。

孤高のイメージが強かった、ボブ・ディランや、
カントリーの神様、ウィリー・ネルソンなど、
いろいろな垣根を越えた、豪華な顔ぶれが揃うことは、
後にも先にも、これが最初で最後でしょう。
音楽の持つ力が、社会的に信じられた時代だったから。

収録曲は、
「We are The World」USA for AFRICA
「If Only for The Moment,Girl」Steve Perry
「Just a Little Closer」The Pointer Sisters
「Trapped」Bluce Springsteen&The E Street Band
「Tears are Not Enough」Northern Lights
「4 The Tears in Your Eyes」Prince&The Revolution
「Good for Nothing」Chicago
「Total Control」Tina Turner
「A Little More Love」Kenny Rogers
「Trouble in Paradise」Huey Lewis&The News
の10曲です。

「Trapped」は、CDでは、ここでしか聴けない(オリジナルアルバム未収録)
ブルース・スプリングスティーンのライブ演奏曲です。

「Tears are Not Enough」は、カナダ出身のアーティストたちに
よる楽曲です。私の知る範囲では、
ブライアン・アダムス、コリー・ハート、マイク・レノ等が参加しています。

全体的に地味な選曲ではありますが、
チャリティーの意義に沿うものなんじゃないでしょうか。

逸れますが、
山寺宏一が、ひとりで「ウィ・アー・ザ・ワールド」を
モノマネしていたのが、凄かったです。
もう一回見たいな~。

ホーンテッド・キャンパス 桜の宵の満開の下

櫛木理宇・著。角川ホラー文庫・KADOKAWA。

青春オカルトミステリーです。
雪越大学に一浪して合格した八神森司は、霊的なもの感じることのできる少年
であるが、なるべくそういうものに関わらないように、見えていないものとしていた。

高校生のときに、1年後輩の灘こよみに忍び寄る黒い影を遠ざけて以来、
灘に淡い恋心を抱くようになって、
晴れて、同じ大学の同級生となったのだが、
灘からは、「八神先輩」と呼ばれる、近づけそうで近づけない間柄のまま
なのでした。
そんな二人は、灘が心霊的なものに憑かれやすいことを理由に、
幼馴染みにして先輩でもあるオカルト研究会部長・黒沼麟太郎に、
オカ研にいた方がいいと薦められ、入会することに・・。

2作目「ホーンテッド・キャンパス 幽霊たちとチョコレート」にて、
森司は、ヴァレンタインで灘から、手作りチョコをもらって、
ほくほくなところだったが・・・。

3作目「ホーンテッド・キャンパス 桜の宵の満開の下」では、
春休みがあっという間に過ぎて、大学二年生になっても、
これまで通り変わりないものと思っていた森司だったが、
恋のライバルが登場する。
灘と小中学と同級生だった雪越大学歯学部二年、小山内陣は、
甘いルックスの好青年だった・・。
その小山内もまた、灘に思いを寄せていたのだが、
どういうわけか、森司がその相談をうけることに・・・。

私が森司の友達か、近しい関係者だったなら、
灘のことは諦めるように言うかもしれないですね。
森司ばかり、傷ついたり、耐えていたりと、荷がかちすぎるのでは?と。
でも、絶対聞き入れないでしょうね。

さて、雨降って地かたまる、ことになるのでしょうか。

ウィルソン姉妹のHEART



85年リリース、レコード会社移籍後の起死回生のアルバムです。
「HEART」アルバムは、バンド名を冠した渾身の一作です。

バンド自体は、70年代にデビューして、それなりに商業的な成功もして
いましたが、バンド内の人間関係やヒット曲が少なくなってきて、
不遇の状態に。

アン・ウィルソン(ヴォーカル)とナンシー・ウィルソン(ギター、コーラス)
の姉妹を中心に、心機一転の、2度目のデビューともいえる、このアルバムは
大ヒットしました。
「What About Love?」
「Never」
「These Dreams」
「Nothin’At All」
「If Looks Could Kill」
が、シングルでヒット。
他に私のお気に入りは、
「Shell Shock」
です。ライブ映えするロック・チューンです。

アン・ウィルソンのヴォーカルは、発音がいいのか、声質のせいか、
聞き取り易くて、軽くハスキーかかったり、高音域でかわいらしく聞こえたり、
見た目は、姉御肌な感じですが、
いろいろと表情豊かに、女心を歌い上げます。

img137.jpg

87年リリース「BAD ANIMALS」アルバムです。
「Alone」
「There’s The Girl」
「Who Will You Run To」
が、ヒット。
「Alone」は、名バラード曲です。
他に私のお気に入りは、
「Wait For An Answer」
です。
この曲は、外部ライターのリサ・ダンベロという女性アーティストの
作ですが、クィーンズライクも、彼女の曲を採用していたりと、
この時期によく耳にしたのですが、女性のかわいさと怖さと巧みに表現した
インパクトのある楽曲を書くので、印象に残っています。

img138.jpg

2000年リリース「グレイテスト・ヒッツ85~95」アルバムです。
「HEART」アルバムから90年の「BRIGATE」アルバム、
93年「Desire Walks On」アルバムまでのベスト・アルバムです。

ロビン・ザンダーとアン・ウィルソンのデュエット曲、
「Surrender To Me」
も、収録されています。
映画「テキーラ・サンライズ」の愛のテーマです。

映画といえば、「フットルース」でのラバーボーイのマイク・レノと
アン・ウィルソンのデュエット曲、
「Almost Paradise」
も、名曲ですよ。これは未収録です。

そして、70年代のヒット曲、
「Barracuda」
は、日本公演のライブ演奏で、ゴキゲンなロック・チューンで、
おあとも、よろしいです。

てとくち 3巻

大崎知仁・原作。河下水希・漫画。ジャンプコミックス・集英社。

両親を「血煙の重蔵一味」に殺された周助は、一味の正体と壊滅を、
お家取り潰しにされた元旗本・花村家の里江は、濡れ衣を着せたものに復讐を、
それぞれ秘めたまま二人は、「便利屋」稼業をコンビで始めることに。
口のたつ少年・周助と、鬼水流の剣技と脇差・名越盛国の女剣士・里江、
「手」と「口」の二人のお話です。

この3巻でのおもだった話しは・・・・・
正式に二人で組んで「便利屋」を始めた周助と里江の前に、
里江の元許婚の沖田源之丞が、現れた・・・。
と、
周助の義父・大黒屋徳兵衛と奉行所同心の曽根勘右衛門の
若かりし頃の話し。

なにゆえ源之丞は、4年も経って里江の前に現れたのか?

次巻は、9月予定とのことです。

img135.jpg

ホーンテッド・キャンパス



櫛木理宇・著。角川ホラー文庫・KADOKAWA。

青春オカルトミステリーです。
雪越大学に一浪して合格した八神森司は、霊的なもの感じることのできる少年
であるが、なるべくそういうものに関わらないように、見えていないものとしていた。

高校生のときに、1年後輩の灘こよみに忍び寄る黒い影を遠ざけて以来、
灘に淡い恋心を抱くようになって、
晴れて、同じ大学の同級生となったのだが、
灘からは、「八神先輩」と呼ばれる、近づけそうで近づけない間柄のまま
なのでした。
そんな二人は、灘が心霊的なものに憑かれやすいことを理由に、
幼馴染みにして先輩でもあるオカルト研究会部長・黒沼麟太郎に、
オカ研にいた方がいいと薦められ、入会することに・・。

そのオカ研は、キワものとして軽んじられることはなく、
むしろ、霊的な相談を受け、解決していたので、重宝されていたのでした。

お話の進み方は、ショート・エピソードを紡いでいくかたちなので、
サクサクと読みやすいです。
あとは、八神森司と灘こよみの、ゆったりとした関係性(恋の行方)が、
読みどころでしょうか。

VICTORY/JACKSONS



84年リリース、「ヴィクトリー」アルバム、ジャクソンズ(ジャクソン5)です。

メンバーは、
ジャッキー・ジャクソン
ティト・ジャクソン
ジャーメイン・ジャクソン
マーロン・ジャクソン
ランディ・ジャクソン
マイケル・ジャクソン
です。

収録曲は、
1 Torture
2 Wait
3 One More Chance
4 Be Not Always
5 State Of Shock
6 We Can Change The World
7 The Hurt
8 Body
です。

シングルでヒットしたのは、
「トーチャー」「ステイト・オブ・ショック」「ボディ」です。

兄弟それぞれが、ヴォーカルをつとめた曲が並んでいます。
ジャーメインとマイケルがリードをつとめる「トーチャー」と
マイケルとミック・ジャガー(ゲスト参加)の「ステイト・オブ・ショック」
の2曲が、お気に入りです。
また、TOTOのメンバーも、レコーディングに参加していて、
とくに「ウェイト」はいかにも、TOTOっぽい音です。
ちなみに、デビッド・ペイチ、スティーブ・ポーカロ、
スティーブ・ルカサー、ジェフ・ポーカロの4人です。

img133.jpg

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

麻生波枕

Author:麻生波枕
FC2ブログへようこそ!
好きなもの、好きなことを
大切にしています。
音楽・コミックス・
ノベルス・スポーツ・
イラスト・その他を、
おもしろかわいいを
こよなく愛しています。

最新記事

検索フォーム

アルバム コミックス他Ⅰ

紹介した表紙などです。

アルバム コミックス他Ⅱ

コミックス等の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅲ

コミックス他の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅳ

コミックス他の表紙です。

黒メイド時計

QRコード

QR

カテゴリ

リンク

アルバム 音楽Ⅰ

紹介した音楽ジャケット。

アルバム 音楽Ⅱ

音楽ジャケットです。

月別アーカイブ