ロシアW杯アジア最終予選 B組 最終節

サッカーです。

サウジアラビア代表 X 日本代表

スターティングメンバーは、
FW             岡崎
     原口                 本田
MF         井手口     柴崎
               山口
DF  長友     昌子     吉田      酒井(宏)
GK             川島
でした。

気温32度、湿度70%、高温多湿の試合。
お互いにペース配分を考えた試合の立ち上がり・・。

前半から、選手のユニフォームは、汗でべっとり、
給水タイムを取り入れられた試合に。

お互いにチャンスがありのの、
お互いにしのぎのの、
気になったのは、本田選手のプレーぶりでした。
らしくないミス?が、ちらほら。

前半はスコアレスで終了。

後半は、
後半0分、本田⇒浅野
の選手交代でスタート。

後半は、サウジアラビアが、勝たないといけない
条件下で、攻勢にでると、
ずるずると押し込まれがちになり、カウンターで迎え撃つも
得点にならず・・。

切り札として投入したサウジのファハド選手に
かき乱され始める日本DF陣・・。

後半18分、そのファハド選手に背後を取られ、
サウジアラビアが、先制。

後半21分、岡崎⇒杉本。
後半33分、柴崎⇒久保。
と、選手交代で、得点をうかがうも、
チャンスらしいチャンスを作れず、交代で入った選手を、
有効的に活用できず、終盤はパワープレー気味で、
暑さで集中力が欠けた攻撃に終始。

そのまま試合終了。

サウジアラビア代表 1-0 日本代表
で、サウジアラビア代表がB組2位で、
W杯出場権を獲得しました。

暑い中での試合に一日の長のあるホームの、
サウジアラビア代表が、したたかに任務を遂行した
のに対し、日本代表は、いつも通りでノープランでした。

先のオーストラリア代表戦に全てを傾注していた
ようで、勝っていて良かったですね。

スポンサーサイト

ロシアW杯アジア最終予選 B組 第九節

サッカーです。

日本代表 X オーストラリア代表

勝てば、W杯出場が決まる試合でした。

スターティングメンバーは、
FW            大迫
      乾                浅野
MF        井手口     山口
             長谷部
DF  長友     昌子     吉田      酒井(宏)
GK            川島
でした。

前半は、ホームの日本が先に仕掛け、
オーストラリアも、押し返したり、攻防が続く
立ち上がり。
近々の試合で、一番いい試合の入りの前半。

前半41分、長友選手のクロスに飛び込んだ
浅野選手のゴールで、日本が先制。

集中して前半を終了。

後半は、両チームともにメンバー変更なく、
スタートしたが、同点に追いつきたい
オーストラリアが先に選手交代で動く。
ユリッチ選手、ケーヒル選手を投入。

オーストラリアに押し込まれる時間が長く
なるところ、後半29分、
乾⇒原口
に選手交代。

後半37分、その原口選手がボールを奪い、
それを受けた井手口選手が、ゴール前を
ダイアゴナルにドリブルで仕掛け、一閃。
井手口選手の待望の追加点で、
一気に有利な試合展開を、最後まで続けて、
後半41分、42分、
大迫⇒岡崎
浅野⇒久保
と選手交代で前線からのプレスを継続し、
オーストラリアにチャンスを作らせず、
試合終了。

日本代表 2-0 オーストラリア代表
で勝利した日本代表が、
6大会連続のW杯出場を決めました。

理想的な時間帯での得点といい、
集中力を切らさない試合運びができました。
なんの不満もない見事な戦いぶりでした。
選手、監督、スタッフ他の皆さん、
おめでとうございます。
そして、ありがとうございました。
最後は約束通りに、

強ぇじゃん、日本!

日本代表激闘録2000



2000年レバノンで開催されたアジアカップの試合を
総集編的に収録したDVDです。

この時の代表メンバーは、
GK 20 高桑大二朗
    1 川口能活
   21 下田崇

DF 26 海本慶治
    6 服部年宏
    4 森岡隆三
    3 松田直樹
   22 中澤佑二

MF 12 森島寛晃
   10 名波浩
    8 望月重明
   11 三浦淳宏
   15 奥大介
   24 明神智和
   14 中村俊輔
   17 稲本潤一
   30 小野伸二

FW  9 西澤明訓
   19 久保竜彦
   13 柳沢敦
   27 北嶋秀明
   29 高原直泰

監督 フィリップ・トルシエ

でした。

99年、ナイジェリアでのU-20代表W杯で
準優勝した小野、高原、稲本たちゴールデン世代と、
日本サッカーの歴史を塗り替えてきた、その上の世代との
融合で、期待された2000年シドニー五輪では、
トーナメントでアメリカ代表に敗れたあと、
2002W杯に向けた強化と結果を求められた大会でした。

結果は、
グループリーグ
VSサウジアラビア代表 4-1 
VSウズベキスタン代表 8-1
VSカタール代表    1-1
1回戦
VSイラク代表     4-1
準決勝
VS中国代表      3-2
決勝
VSサウジアラビア代表 1-0
で日本代表が優勝しました。

この大会のMVPは、現ジュビロ磐田監督の
名波選手でした。

今の代表と比べても、ディフェンス面は同じ脆さを
抱えた(零封試合は決勝のみ)ものの、オフェンスは、
名波選手のゲームメイク、中村(俊)選手、森島選手の
チャンスメイクと、各選手の役割が明確で、
観ていて楽しい攻撃でした。

31日、ロシアW杯出場を賭けた大事な試合、
VSオーストラリア代表
を控えています。

代表メンバーも発表されて、
いよいよというところですが、
コンディションを始め、近年の戦いぶりを思うに、
不安材料ばかりが、目立ってしまう・・。

そろそろ、この頃の代表に寄せていた希望とか、
わくわくとかを、再び感じさせてほしいものです。

強ぇじゃん、日本!

そういう記事が書ける試合をお願いします。


第99回全国高校野球選手権大会の出場校決まる

高校野球です。

出場校が出そろいました。

残念ながら清宮人気の西東京の早実、機動破壊で知られる
群馬の健大高崎、大阪の履正社など敗退しましたが、
各地域に全国レベルのチームが、複数存在する今日ならでは
の出来事ですね。

最多出場回数は、38度目の南北海道・北海です。
36度目の長野・松商学園、
他に愛知・中京大中京、奈良・天理、広島・広陵など
高校野球ファンに馴染み深い学校も、目立ちますね。

久しぶりというわけではないですが、
31年ぶりの茨城・土浦日大、24年ぶり香川・三本松、
21年ぶりの福岡・東筑。選手が生まれる前ぶりなので、
初出場みたいなもの。

初出場といえば、静岡の藤枝明誠と日大三島の決勝の
スコアが、23-10とラグビーみたいなハイスコアで、
驚きました。
他の決勝戦でも、二桁得点の試合が多いですね。
暑いなかでの試合、疲労や集中力次第で一気に
試合が動いてしまうのが、近年の傾向なのかな。

昨年の優勝校、栃木・作新学院は、連覇がかかっていますが、
それを阻止するのは、大阪・大阪桐蔭か、神奈川・横浜か、
それとも・・・どの地域のどの学校が優勝しても、不思議の無い
今日、はたして今大会は、どういうものに・・。
深紅の優勝旗は、いづこへ。


コンフェデレーションズ・カップ 開幕

サッカーです。

ワールドカップの開催前年に、プレ大会として開催される、
コンフェデ杯(略称)は、各大陸チャンピオンが参加する
大会です。

出場国は、
ロシア代表(W杯開催国)
ドイツ代表(W杯優勝国)
ポルトガル代表(ユーロ優勝国)
チリ代表(南米選手権優勝国)
メキシコ代表(北中米杯優勝国)
カメルーン代表(アフリカ・ネーションズ杯優勝国)
オーストラリア代表(アジア杯優勝国)
ニュージーランド代表(オセアニア杯優勝国)
です。

グループリーグは、
A組
ロシア、ポルトガル、メキシコ、ニュージーランド。
B組
カメルーン、チリ、オーストラリア、ドイツ。
です。

ここに日本代表の名がないのは、残念ではあるが、
今のチーム状態を考えるに、出場していたら、さらに、
ボロボロになってしまったかもしれないですね。

逆に言えば、選手の発掘の機会を失ったとも言えますが、
新戦力の台頭を待つほか、ないのかな。

さて、
コンフェデ杯に話を戻して、まだ歴史の浅い大会なうえ、
今は、W杯開催国の運営シミュレーションの性格が強い
ので、参加国のモチベーションのバラつきは否めませんが、
はたして、今大会はどうなりますやら。

ロシアW杯アジア最終予選 B組 第八節&U-20W杯 総括

サッカーです。

イラク代表 X 日本代表。

中立国イランでのアウェイ戦、灼熱と乾燥との戦い。

スターティングメンバーは、
FW            大迫
     久保                 本田
MF            原口
         遠藤       井手口
DF 長友                     酒井(宏)
         昌子       吉田
GK            川島
でした。

前半は、風下でスタートした日本。
イラクは、日本DFの背後、とくに左右サイドにロングパスで
チャンスをつくる。
日本は、体力があるうちに先制したいところ、
前半8分、コーナーキックから、大迫選手のヘッドで
待望の先制。
も、ずるずるとイラクの狙いに守勢にまわる展開に。

それでも強かにカウンターで仕留められれば、
この試合は、ものにできたのだが・・。

前半終了。

後半、早くもゲームプランが狂いだす。
後半16分、井手口⇒今野。
井手口選手の頭部打撲の負傷交代。

イラクの選手交代で、押し込まれる時間が長くなり、
カウンターが出来ない・・。

後半24分、原口⇒倉田。
カウンターを決めきる交代とは、思えない。
なぜ、乾選手や浅野選手ではないのか・・・。

酒井(宏)選手、久保選手の動きが鈍る、負傷・疲労の
気配があるなか、
後半27分、イラクに同点を許す。

後半30分、酒井(宏)⇒酒井(高)。

すでに反撃する力なく、チャンスらしいチャンスもなく、
イラクも、攻撃までの力なく、
灼熱の消耗戦は、ドロー。

イラク代表 1-1 日本代表
でした。

ぶっつけ本番が好きな監督ですね。
敗因は、・・あえて敗因といいます、井手口選手の離脱で、
攻撃のカードが切れなくなったことと、
選手の状態を把握できない、遅すぎる選手交代と、
人選の消極さです。ミスと言ってもいいのでは。

酒井(宏)選手の交代は、失点した後なので、同じSBの
選手でなくて、FWの選手を起用して後ろは、3バックでも
良かったのでは?

選手と私は、勝ちたかった。
ベンチは、敗北を恐れた。

もう手倉森監督(!)でもいいのでは。


U-20W杯in韓国は、イングランドU-20代表の優勝で
終わりました。
日本U-20代表は、3位でグループ突破をしたが、
トーナメント1回戦で、ベネズエラU-20代表に、延長の末、
敗退しました。
痛かったのはチームのエースFWの小川選手が、
グループリーグ2試合目で、負傷離脱してしまい、
久保(建)選手を飛び級で招集するほど、攻撃の選手が
弱かったところで、苦しくなったでしょうか。
堂安選手の活躍が目立った反面、選手層の薄さが
気になるところです。

今大会、飛び抜けたチームがなかったので、僅差の試合
が多かったし、ベスト4に日本と同組の、
ウルグアイU-20代表とイタリアU-20代表が残ったので、
たら、ればですが、日本にも行けたのではと、
思うと残念でした。
経験として選手の財産になれば、いいですね。


強化試合 対シリア代表戦

サッカーです。

日本代表 X シリア代表

スターティングメンバーは、

FW             大迫
      原口                  久保
MF         香川        今野
               山口
DF  長友                     酒井(宏)
             昌子   吉田
GK             川島
でした。

前半開始まもなく、香川選手の負傷離脱。
前半9分、香川⇒倉田
予定外の選手交代の上、日本の攻撃の指揮者を失い、
また、シリア代表チームの仕上がりが良く、プレスに
苦心して、ロングボールでの単調な攻撃に終始。
そして、アンカーを置くシステムで、守備も不安定に。

前半はスコアレスで、なんとかしただけで、
イラク代表戦に向けて、不安にしかならないものでした。

後半0分、久保⇒本田。
後半は、本田選手を投入して、攻撃のヴァリエーションを
増やしたいところ、
シリアのコーナーキックを一度跳ね返したものの、サイドで
奪われ、クロスを中央であわされて、
後半2分、シリア代表が、先制。
出鼻をくじかれる。

ほんとこの頃の代表チームは、試合の入り方が下手。
理由は一つ、ゲームコントロールのできるMFがいないから。
それと、伝統的にアンカーを置くシステムは、実力差がない
相手には、機能しないので、反対です。

後半7分、山口⇒井手口。
不安定な守備の改善なのか、負傷交代なのか・・。

本田選手が機能し始めて、左サイドでシリアのプレスを
かいくぐり、長友選手が抜け出しクロスに、今野選手がゴール。
後半12分、日本が同点に。

後半14分、原口⇒乾。
後半18分、今野⇒浅野。

選手交代で、攻撃が活性化して、何度かチャンスを作るも、
決めきれず、逆に守備は、負担は減ったものの、不安定感は、
最後まで払拭できず、ラインコントロールもばらついたまま。

後半39分、大迫⇒岡崎。

このまま、試合終了。
日本代表 1-1 シリア代表。

不安にしかならないお寒い内容でした。

改めて、長谷部選手の長期離脱が痛いですね。
頼むから、ドイス・ボランチのトップ下を置くシステムにして
欲しいです。
FW             ●
       ●               ●
MF             ●
            ●     ●
DF    ●       ●   ●        ●
GK             ●

私目線で及第点の選手は、
大迫選手と乾選手だけでした。

UEFAチャンピオンズリーグ決勝

サッカーです。
1日遅れの記事になります。
ヨーロッパのクラブ・チャンピオンを決める大会の決勝が、
英国はウェールズで開催されました。

スターティングメンバーは、
レアル・マドリード(スペイン) 4-3-3
GK            ナバス
DF  カルバハル  ヴァラン   ラモス     マルセロ

MF     クロース    カゼミーロ   モドリッチ

FW      イスコ     ベンゼマ   ロナウド

ユベントス(イタリア)3-4-2-1
FW              イグアイン
      マンジュキッチュ       ディバラ
MF  サンドロ                 ダニ・アウベス
           ケディラ     ピァニッチ
DF     キエッリーニ   ボヌッチ   バルザーリ
GK              ブッフォン
でした。

キックオフ直後は、ユベントスが押し込み気味でした。
しかし、先制したのは、レアル。
前半20分、左から右に流れたロナウド選手が、
右アウトサイドを駆けあがるカルバハル選手にパス、
ほぼダイレクトの、クロスに合わせたのは、ロナウド選手でした。

とはいえまだ、ユベントスのペースで、
前半27分、左サイドからのクロスをイグアイン選手が落として、
それを受けたマンジュキッチュ選手が、オーバーヘッド気味の
シュートで同点に。

前半は、一進一退の試合展開でした。

後半も前半と同じになる気配だった頃、後半16分、
カゼミーロ選手のロングシュートが、相手選手に当たり、
コースが変わって、ゴール。勝ち越し点。

攻勢に出たいユベントスだったが、モドリッチ選手にボールを
奪われて、カゼミーロ選手とワンツー気味のパス交換で、
ユベントスDFの背後に抜けたモドリッチ選手からのクロスを
ニアで合わせたロナウド選手のゴールで、突き放す。
後半19分のことでした。

後半21分、バルザーリ⇒クァドラード。
後半25分、ピァニッチ⇒マルキージオ。
後半31分、ディバラ⇒レミナ。
と、選手交代で活路を見出したかったユベントスだったが、
機能せず、
レアルは、体力面やプレイスタイルの変化をつけて、
ユベントスDF陣にプレッシャーになるような交代で、
応じる。
後半31分、ベンゼマ⇒ベイル。
後半37分、イスコ⇒アセンシオ。
後半43分、クロース⇒モラタ。

後半38分、クアドラード選手がラフプレイで、2枚目の
イエローカードで退場。

アディショナルタイムに、マルセロ選手のクロスに、
アセンシオ選手が合わせてレアルが4点目。

試合終了。

ユベントスは、いいところが全く出せませんでした。
逆にレアルは、モドリッチ選手の戦術眼の高さが、
利いていたように思いました。
事故のようなカゼミーロ選手のゴールの後、すぐの
ロナウド選手のゴールの演出ぶりは、ユベントスの選手の
心を折るようなプレイだったと、思います。


U-20 W杯・in 韓国 開幕

サッカーです。

20歳以下のワールドカップが、韓国で開催されています。

日本U-20代表は、グループDで、
イタリアU-20代表、ウルグアイU-20代表、
南アフリカU-20代表、と対戦します。

久保建英選手が、飛び級でメンバー入りしていることでも、
注目されています。

このU-20カテゴリーでは、ながらくアジア予選を突破できず、
強化の課題とされていますので、結果を求めるのは、
難しいのかな。
果敢に戦ってほしいものです。

ロシアW杯アジア最終予選 B組 第六節

サッカーです。

UAE代表 X 日本代表
アウェイ、UAEはアルアインでの試合。

スターティングメンバーは、4-3-3で、

FW           大迫
     原口              久保
MF      今野       香川
             山口
DF 長友   森重       吉田    酒井(宏)
GK           川島
です。

お互いに慎重な立ち上がり・・。
前半12分、右サイドの酒井(宏)選手のアーリークロス、
抜け出た久保選手の先制ゴール。
日本の最初のシュートが、ゴール。

このあとの試合運びで、UAEにチャンスが続くとき、
GK川島選手のビッグセーブ!
UAEのロングボールで、ピンチになるも、
集中力を保って守り、前半終了。

川島選手の起用は、驚きでしたが、結果としては、
成功でした。ハリルホジッチ監督には、なにか、
感じるものがあったのか・・。

後半は、開始早々、UAEペースに・・。
押し込まれていたところ、
後半6分、右サイドから久保選手のクロスに、
ファーでフリーになっていた今野選手が、胸トラップ後、
シュート・・・待望の追加点!!
出鼻をくじく試合展開。

攻めたいUAEだが、集中を欠くことなく対応する日本・・。
したたかにカウンターを繰り返すなかで、
トドメの得点は生まれず、じりじりしたなかにも、
落ち着きは、日本の方にあったでしょうか。

選手交代は、
後半25分、香川⇒倉田
後半32分、久保⇒本田
後半36分、大迫⇒岡崎(負傷交代)
でした。

UAEのエースFW,ハリル選手が負傷欠場していたことは、
UAEには、攻め手が乏しくなったかもしれません。

とはいえ、この試合は日本の選手層の厚さの、
勝利と言えるかもしれませんね。

次は、ホームでタイ代表戦です。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

麻生波枕

Author:麻生波枕
FC2ブログへようこそ!
好きなもの、好きなことを
大切にしています。
音楽・コミックス・
ノベルス・スポーツ・
イラスト・その他を、
おもしろかわいいを
こよなく愛しています。

最新記事

検索フォーム

アルバム コミックス他Ⅰ

紹介した表紙などです。

アルバム コミックス他Ⅱ

コミックス等の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅲ

コミックス他の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅳ

コミックス他の表紙です。

黒メイド時計

QRコード

QR

カテゴリ

リンク

アルバム 音楽Ⅰ

紹介した音楽ジャケット。

アルバム 音楽Ⅱ

音楽ジャケットです。

アルバム 音楽Ⅲ

音楽ジャケットです。

月別アーカイブ