青のオーケストラ 1巻



阿久井 真・作。裏少年サンデーコミックス・小学館。

中学3年生の青野ハジメは、大好きだったヴァイオリンを
止めていて、進路についても、とくに考えてもいなかった。

体育の授業でケガをした青野は、保健室に行くと、
そこには、下手くそなヴァイオリンを弾く秋音律子がいて、
武田先生の意向もあって、彼女にヴァイオリンを
教えて欲しいと、頼まれるのだが・・・。


設定やらは、どこかにあるような、あったような感じですが、
その後の方向性や結末に、目新しいものがあることを
期待してみようかな。
すぐ終わってしまいそうな気もしないではない・・・けど、
あれやこれや、絡み合うことを楽しみに。

表紙は、青野ハジメです。

スポンサーサイト

アルテ 7巻



大久保圭・作。ゼノン・コミックス・徳間書店。

16世紀のフィレンツェ。
貴族令嬢のアルテは、父の急逝に伴い、
母の一方的な結婚相手探しに反発して、
画家職人として生きていくために、家を飛び出した。
女性が手に職を持って、一人で生きていけない時代のお話です。

風変わりな画家職人・レオの工房に、弟子入りすることができた
アルテは、ヴェネチアの名門貴族・ファリエル家のユーリに雇われて、
レオから離れての初めての絵の仕事のほかに、ユーリの姪、
カタリーナの家庭教師の仕事も、受け持つことになった・・・。

アルテがすぐに家庭教師を辞めるかどうか、賭けていたメイドたち、
やり切る方に一人賭けていたダフネが、一人勝ちした結果になり、
手にした掛け金の、意外な使い途は・・・・・・。


ダフネの過去話や、カタリーナの事情や、何気ない言葉に
傷つくアルテや、いろいろあってのヴェネチア編の終わりに
繋がりそうです。

昨今、女性議員さんたちの、残念な活躍ぶりばかりが伝えられる
にあたり、「アルテ」で活躍する女性たちを読むと、ますます
もったいないことと、思います。

次巻は、来年1月20日(土)発売予定とのことです。


ましろのおと 18巻



羅川真里茂・作。講談社コミックス・講談社。

三味線の師匠でもあった松吾郎爺さんが亡くなって、
青森から、東京に出てきた澤村雪(せつ)は、
三味線を弾くことが出来ないでいた。
いろいろな人に巡り合って、三味線にも自分自身にも
向き合うようになるお話です。

梶、荒川、雪、そして田沼舞(卒業後、加入予定)を加えた
カルテット「STC」で、活動することになり、
まずは、CDをつくり、ライブをしながら、
プロモーションしていく雪たちだが、
雪には、なんか気持ちよくないズレ?を演奏に感じ
始めていたが、その正体をつかめずにいた・・。

ツアーを順調にこなししているものの、音のズレの
正体は、分らないままだった。
その頃、若菜は梅子のプロデュースで、
着実にステップアップしていくのでした。
もやもやを抱えたままで、タケトのバンド、
ピンク・パンク・ガジェットの前座で演奏することに
なり、STCの三人は・・・。


久しぶりな登場のキャラもあり、なんだか世間は
狭いな的な展開になっていますが、
全体的には、ゆるやかに進んでいる印象ですね。
次巻では、はたして・・・。

表紙は、澤村若菜です。

次巻は、11月中旬、発売予定とのことです。


空挺ドラゴンズ 1巻



桑原太矩・作。アフタヌーンKC・講談社。

捕龍船クィン・ザザ号のクルー、ミカさん、タキタ、ヴァニーさん、
ジロー他、彼等・彼女たちのお話です。

空を泳ぐ希少な龍を捕獲して、それを捌き、資源として
食糧として還元していくことを生業としている。

そんなクィン・ザザ号の面々の、
それぞれの思いや、背景を描いていく・・。


今巻では、小さい龍や、伝説の光る龍、そして空中海賊など
のエピソードでしたが、ヴァニーさんが印象的でした。

バイオレンス・アクション vol.1



浅井蓮次・漫画。沢田新・原作。
ビッグ スピリッツ コミックス スペシャル・小学館。

ケイは20才の専門学生・・そのバイト先が、
デリヘルを装った殺し屋稼業なのでした。
ご指名がはいると、依頼を難なくこなすプロなのだが、
どこにでもいる勉学に励む女の子にしか見えなくて・・・。

タイトルそのまんまの、お話ですが、なぜかそこで活躍
するのが、いかついおっさんではなくて、悲運を背負った
青年でもなくて、コンビニでバイトしてそうな女子学生という
違和感に、変な小気味いいものを、感じてしまいます。

表紙は、スマホを持つかのような手慣れた加減に
ピストルを持つケイです。

正解するカド 1巻



奥橋睦・漫画。野崎まど・アニメ脚本。東映アニメーション・原作。
モーニングKC・講談社。

外務省の首席事務官・真道幸路朗は、タフネゴシエイターとして
知られていたが、同じく外務省の事務官・花森瞬とともに、
羽田空港から機上の人になるところだった。
そのとき、羽田空港、直上に突如出現した謎の立方体『カド』に
吞み込まれてしまう・・。
その中で出会ったのは、宇宙の更に外側の世界『異方(ノヴォ)』
から来たヤハクィザシュニナと名乗る者だった。
ヤハクィザシュニナは言う、人類の推進のために来たと・・。
協力を求められた真道は、『異方』サイドの交渉窓口として立つ・・。

春からテレビアニメとして放送された「正解するカド」の
コミカライズです。
アニメを見ていないので、コミックとの違いは判りませんが、
どんでん返し的なものを、期待しちゃいますね。

次巻は、17年末頃発売予定とのことです。

表紙は、ヤハクィザシュニナです。

ナナマルサンバツ 14巻



杉基イクラ・作。角川コミックス・エース・KADOKAWA。

文蔵高校に入学した越山識は、読書好き以外にとくに特長も
無かったが、深見真理と出会って、クイズの面白さを知り、
文蔵高校クイズ研究会に、真理とともに入部した。

夏の全国大会SQ(スクウェア)、東京予選もいよいよ決勝。
アイドルチームぷらねっとに辛勝した文蔵チーム。
本戦出場権は8チームのなかから、4チームが獲得できる
ものの、その直前に越山と真理は、笹島部長たちの秘密を
当人たちの不本意な形で、知ってしまう・・・。
動揺を隠せない文蔵チーム、
はたして全国への出場権は・・・・・・・?

ひとくぎりになりそうですね。
テレビアニメも始まり、キャストに?と思うものは
ありますが、どんな感じになりますやら。

次は、敗者復活戦のスマホ予選の話になるのかな?

表紙は、左奥から深見誠司、その下に御来屋千智、
あとは文蔵チーム、手前から越山識、その右に
深見真理、その上に井上大将、その左に笹島部長です。

かくしごと 4巻



久米田康治・作。講談社コミックスデラックス・講談社。

『隠し事は何ですか?
   隠し事は、描く仕事でした。』

パパ・後藤可久士(ごとう・かくし)は、娘・後藤姫(ごとう・ひめ)に
対して、自分の仕事が漫画家であることを、ひた隠しにしています。

主な登場人物は、
チーフアシスタント・志治 仰(しじ・あおぐ)。
新人アシスタント・芥子 駆(けし・かける)。
アシスタント・筧 亜美(かけい・あみ)。
アシスタント・墨田 羅砂(すみた・らすな)。
担当編集・十丸院 五月(とまるいん・さつき)。
担任・六條一子(ろくじょう・いちこ)。
他です。

姫の授業参観に、アシスタント志治仰の企業参観、
そして、後藤家に新しい家族が・・・。

前後に挟むカラーページの方が、
なんか気になるかもしれません。

さよなら私のクラマー 3巻



新川直司・作。講談社コミックス・講談社。

中学生時代にライバルとして(?)競い合った周防すみれと
曽志崎緑は、高校生になって一緒のチームで戦うことに。
でも、二人が入学した蕨青南(わらぴせいなん)高校
女子サッカー部は、前途多難なチームだった・・・。

日本一の強豪校、久乃木学園と、練習試合をすることに
なった蕨青南(ワラビーズ)だが、その実力差は圧倒的に
あり、大差の一方的な試合に・・・。
そんななか、恩田希をはじめ、ワラビーズの面々は、
この試合を経験したことによって、より強くなりたい、
より巧くなりたい、とレベルアップのために、
ワラビーズが、動き始める・・。

チームの新ユニフォームの予算のために恩田たちは、
フットサル大会の賞金を目当てに参加する。
一方で、男子サッカー部と合同で練習したいワラビーズは、
顧問の体育教師・飛鳥先生に、あの手この手で迫るが・・?


県予選も始まり、少しずつチームらしくなって来たでしょうか。

次巻は、いつかな?

表紙は、曽志崎緑です。


ハヤテのごとく 51巻52巻〔完〕



畑 健二郎・作。少年サンデー・コミックス・小学館。

王玉を綾崎ハヤテから奪ったヒスイと姫神は、
王玉を使って庭城への扉を開こうとするが、
そのためには、ひときわ絶望の感情の高まりを
必要とするという・・・。

そんな折にハヤテの、あの両親がナギのもとに、
接触しようとしていた・・・・。


完結です。
心残りなく、すべてにケリをつけたかな。
そんなエンディングでした。
それ故、必ずしも誰もが、ハッピーエンドっていう訳には
いかなかったようですね。
どのキャラに、思い入れがあるかで、受け止め方も
変わりそうですね。
私は、・・私の場合は、複雑な感じです。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

麻生波枕

Author:麻生波枕
FC2ブログへようこそ!
好きなもの、好きなことを
大切にしています。
音楽・コミックス・
ノベルス・スポーツ・
イラスト・その他を、
おもしろかわいいを
こよなく愛しています。

最新記事

検索フォーム

アルバム コミックス他Ⅰ

紹介した表紙などです。

アルバム コミックス他Ⅱ

コミックス等の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅲ

コミックス他の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅳ

コミックス他の表紙です。

黒メイド時計

QRコード

QR

カテゴリ

リンク

アルバム 音楽Ⅰ

紹介した音楽ジャケット。

アルバム 音楽Ⅱ

音楽ジャケットです。

アルバム 音楽Ⅲ

音楽ジャケットです。

月別アーカイブ