さよなら私のクラマー 6巻



新川直司・作。講談社コミックス・講談社。

中学生時代にライバルとして(?)競い合った周防すみれと
曽志崎緑は、高校生になって一緒のチームで戦うことに。
でも、二人が入学した蕨青南(わらぴせいなん)高校
女子サッカー部は、前途多難なチームだった・・・。

日本一の強豪校、久乃木学園との、練習試合を通じて、
恩田希をはじめ、蕨青南(ワラビーズの)の面々は、
より強くなりたい、より巧くなりたいと、
レベルアップのために動き始める・・。

インターリーグで、力を付け、自信も持ち始めた
ワラビーズ。埼玉代表の座を勝ち取って、
インターリーグ決勝トーナメント、千葉代表の
栄泉船橋高と対戦することに・・・。


ワラビーズの顧問、深津吾郎の過去話がありのの、
風変わりなチーム?栄泉船橋との試合は、
どんなことになるのでしょう。

気になる次巻は、今秋発売予定とのことです。

表紙は、栄泉船橋3年生、浦川茜です。


スポンサーサイト

ロシアW杯 グループH 第一節

サッカーです。

グループリーグ 第一節
日本代表 X コロンビア代表

スターティングメンバーは、
FW            大迫

MF   乾        香川       原口
         柴崎      長谷部
DF 長友                    酒井(宏)
          昌子    吉田
GK            川島
です。

前半開始早々、日本のカウンターで、コロンビアDFが、
ハンドで止めて、レッドカード退場、PKに。

前半6分、PKを香川選手が決めて、日本が先制。

10人のコロンビア相手に、ボールを保持する時間が
長くなった日本だったが・・・。

前半30分、クアドラード⇒バリオス
コロンビアは守備の安定を図る?

前半39分、FKを決められて同点に。

前半終了。

後半は、積極的に攻める日本。

後半13分、キンテロ⇒Jロドリゲス
得点を取る交代ですが・・。
先発じゃなかった訳が分かるほど、ロドリゲス選手の
コンディションが悪そうで、動きが鈍く、
日本の攻勢が続く。

後半23分、香川⇒本田
       イスキエルド⇒バッカ

後半28分、本田選手のCKを、大迫選手がゴール。

後半34分、柴崎⇒山口
後半39分、大迫⇒岡崎

試合終了間際は、コロンビアの反撃をしのいで、
試合終了。

結果は、
日本代表 2-1 コロンビア代表
で、日本が勝ち点3を獲得。

zunko-yatta-.png

「東北ずん子オフィシャルサイト」よりお借りしました。

まさかね。
こんな試合を予想はできませんでした。
試合開始で、退場者が出て、試合を有利に運べる
展開でしたが、それでも、失点を許し、バタバタと
不安定な場面も。
最後まで、よく体を張った頑張りが実った勝利でした。

次は、セネガル代表戦、どうする日本代表。

100万の命の上に俺は立っている 5巻



山川直輝・原作。奈央晃徳・漫画。
講談社コミックスマガジン・講談社。

帰宅部の中学3年生、四谷友助(よつや・ゆうすけ)と、
クラスの人気者、新堂衣宇(しんどう・いう)と、
病弱で目立たない箱崎紅末(はこざき・くすえ)、
時舘由香(ときたて・ゆか)の4人に、更に
鳥井啓太(とりい・けいた)が加わって、
顔下半分のゲームマスターに強制的にクエストに参加
させられ、それを期限以内に攻略をしないと、
元の世界に戻れないという・・、
しかも、パーティーメンバーが同時に全滅してしまうと、
リアルな死につながる、過酷なものでした。

「ジフォンバフォをヴァイクダマニアで捧げる」という
クエストを、オークを倒し、巫女を守ることで達成した
四谷たちは、元の世界に戻り、夏休みに入った。
地元に帰省した四谷だったが、マスターから、
近く「6人目」に出会うと告げられる・・・・。


んー、分ってきそうで、全然である。
元の世界と、クエストの世界との間に因果関係が、
ありそう・・・・・・・で?
というのが、今のところでしょうか。
早くも次のクエストが!?

次巻は、11月9日発売予定とのことです。

表紙は、鳥井啓太です。



化物語 1 ひたぎクラブ



西尾維新・原作。大暮維人・漫画。
マガジンKCDX・講談社。

直江津高校3年生、阿良々木暦は、階段にて
バナナの皮で足を滑らせ、転落する女生徒を受け止めた・・。
その女生徒、戦場ヶ原ひたぎは、紙にも等しく軽く、
体重が無かった・・・。

怪異と縁のあった暦は、忍野メメのもとに、
戦場ヶ原を案内する・・・。


「物語シリーズ」のコミカライズです。
大暮維人、氏のことは、「天上天下」で知っていましたが、
その画風でなら、シリーズの雰囲気を、アニメとはまた
異なる美麗さで、描いてくれそうで、楽しみですね。
実際、1巻でも、期待を裏切らないものでした。

神主姿の忍野とか、カッコいいです。
物語的には、大きな変化はないでしょうが、
ビジュアル的には違いを楽しみにしたいです。


次巻は、8月17日発売予定とのことです。

表紙は、戦場ヶ原ひたぎです。

ロシアW杯の私的展望

サッカーです。

ワールドカップ最後の強化試合、
日本代表 4-2 パラグアイ代表
でした。

リザーブの選手を積極起用すると明言された
試合でプレーする選手たちの意気込みが、
良く表れた試合でした。さて、
初戦に向けたメンバーやプランを、西野監督が
どう判断するのか・・。


16日、ではなくて、14日深夜、15日未明に、
開催国、
ロシア代表 X サウジアラビア代表
の試合で開幕します。

グループ分けの時点で、あまり番狂わせ的なものは、
起きないかな、と予想していますが、はたして・・・。

私のベスト4の予想は、
アルゼンチン、ブラジル、スペイン、ドイツ、
かな。手堅過ぎるね。

どう?

で、優勝は、
ブラジルとスペインの決勝で、
ブラジル代表の優勝かな。

ブラジル代表の不安要素は、故障(けが)者と
チームとしてのピークが、コウチーニョ選手が好調時で、
けがをする前だったかな、と思うくらいで、
それを補う選手層の厚さも、今チームも随一です。

私が注目したいチームは、クロアチア代表と、
コロンビア代表です。
まず、クロアチアは、私好みの選手が多く、
かつてはボバン選手とか、センスあふれる選手を
輩出する国です。
今なら、モドリッチ選手です。年齢的には、ピークを
過ぎてはいますが、円熟味を発揮して欲しいです。

次に、コロンビア代表ですが、優勝経験国以外なら、
このチームが、優勝に近いかな、と。
理由は、
日本と同組のチームは、わりと戦績が良いことと、
ある解説者に「不思議ちゃんサッカー」と評されるように、
フランス代表相手に、2失点した後に逆転して勝つ
ような爆発力もあるチームです。
勝ち上がっていけば、対戦することになるドイツ代表の
壁を越えられるかどうか・・。
カルロス・バルデラマ選手活躍時の、
コロンビア・サッカーは好きでした。

日本代表については、
少しでも、夢を見させてもらえれば、いいです。

どんな試合や、ドラマがありますやら、楽しみです。

個人の見解


スタンプは、
TVアニメ「LAST PERIOD~終わりなき螺旋の物語~」
オフィシャルサイトよりお借りしました。

THE ROAD TO HELL アルバム/SUNSTORM



先日リリースされたサンストームの5枚目のアルバム、
「ザ・ロード・トゥ・ヘル」アルバムです。

サンストームは、ジョー・リン・ターナーの、
プロジェクト的なバンドで、前作から引き続き、
ジョー・リン・ターナー、、、、、、、ヴォーカル。
アレッサンドロ・デルヴェッキオ、、、キーボード。
シモーネ・ムラローニ、、、、、、、、ギター。
ニック・マッズッコーニ、、、、、、、ベース。
エド・サラ、、、、、、、、、、、、、ドラムス。
が、メンバーです。

収録曲は、
01  ONLY THE GOOD WILL SURVIVE
02  THE ROAD TO HELL
03  ON THE EDGE
04  BLIND THE SKY
05  MY EYES ON YOU
06  FUTURE TO COME
07  EVERYWHERE
08  RESURRECTION
09  CALLING
10  STATE OF HEART
11  STILL FIGHTING
12  EVERYWHERE(acoustic)(Bonus Track Japan)
です。

img784_20180610034624e36.jpg

どこかで耳にしたっぽい楽曲も無きにしも・・。
でも、近年、少ないタイプなので、楽しみでした。

なんでも、ジョー本人は、療養中とのことで、
早い快復を願うばかりです。

疾走感のあるアップテンポな曲が好きです。
でも、
「エブリホウェア」のボーナストラックの方は、
歌い込み加減が、良くて、聴き入りますね。

お気に入りは、
「オン・ジ・エッジ」
「マイ・アイズ・オン・ユー」
「ステイト・オブ・ハート」
「エブリホウェア」
です。


強化試合 対スイス代表戦

サッカーです。

スイスでの試合。
スイス代表 2-0 日本代表
という結果でした。

スターティングメンバーは、
GK  川島
DF  長友、槙野、吉田、酒井(高)
MF  長谷部、大島、宇佐美、本田、原口
FW  大迫
でした。

選手交代は、
前半39分、大迫⇒武藤
後半10分、宇佐美⇒乾、酒井(高)⇒酒井(宏)
後半25分、大島⇒柴崎
後半30分、本田⇒香川
でした。

前半にPKでスイスが先制。
後半終了間際にカウンターから失点。

攻撃も守備もいいところなく、試合終了。

気のせいじゃないよね?
試合を重ねるごとに弱くなっていく・・。
絶望しているのは、私だけじゃないよね。

zunko-cry.png

「東北ずん子オフィシャルサイト」よりお借りしました。

転生したらスライムだった件 8巻



伏瀬・原作 川上泰樹・漫画。みっつばー・キャラ原案。
シリウスKC・講談社。

伏瀬(ふせ)原作ラノベ「転生したらスライムだった件」の
コミックス化されたものです。

変な夢を見た一介のサラリーマン、三上悟は、同じ職場の
マドンナを射止めた後輩をかばって、通り魔に刺されて
死んでしまう・・・。
そのときに、変な声がずっと聞こえていたが、
改めて目覚めてみると、なんとスライムになっていた。
それも、ユニークスキル「大賢者」と「捕食者」を駆使して、
これから直面する難局を乗り越えていく?お話のようです。

魔王カリオンの使者として魔国連邦に訪れたフォビオ
だったが、魔王ミリムに一撃で伸されたことを、
根に持っていた・・・。
一方、魔王クレイマンと中庸道化連は、復活しつつある
暴風大妖渦(カリュプディス)を利用して・・・。


わりとあっさりと展開していく今巻のお話。
次への伏線なのかな。
国として発達していくなか、リムル個人のお話へと、
そろそろ?動き出すのか・・。

次巻は、9月頃かな?かな?

表紙は、左にフォビオ、右にリムルです。

かくしごと 6巻



久米田康治・作。講談社コミックスデラックス・講談社。

『隠し事は何ですか?
   隠し事は、描く仕事でした。』

パパ・後藤可久士(ごとう・かくし)は、娘・後藤姫(ごとう・ひめ)に
対して、自分の仕事が漫画家であることを、ひた隠しにしています。

主な登場人物は、
チーフアシスタント・志治 仰(しじ・あおぐ)。
新人アシスタント・芥子 駆(けし・かける)。
アシスタント・筧 亜美(かけい・あみ)。
アシスタント・墨田 羅砂(すみた・らすな)。
担当編集・十丸院 五月(とまるいん・さつき)。
担任・六條一子(ろくじょう・いちこ)。
他です。

出版社パーティーの一連の流れのあと、
サンタに手紙を出す・・や、正月、年賀状がきて困って、
来なくて困って・・などです。

巻頭、巻末のカラーページのところで、
新展開が・・。
数年後?のお話の同時進行が意味するものが、
分かりそうで、んー・・な感じです。

次巻は、10月くらいかな?

表紙は、左に姫、右にパパです。

ピーチ・ミルク・クラウン 1巻



手原和憲・作。ビッグコミックス・小学館。

六輪高校2年、陸上部部長・幸田与一を中心に、
安田恩、沼繁二郎、丹下桃、片桐照子、都さんの
6人による青春ラブストーリーです。

噂の転校生・丹下桃に出会った与一は、恋に落ちちゃった。
その丹下は、ケガで陸上を離れていたが、
陸上部のマネージャーをしたいと、入部する。
事情を知った安田は、丹下に選手として陸上をやらないか?
と誘うと、迷う丹下だったが、そこで、照子が意外な行動に・・。


コメディ色は、あまり強くなく展開されるのだろうか?
まだまだ、これからなカンジですね。
巻末で、新たなキャラも・・。
さて・・。

次巻は、8月末発売予定とのことです。

表紙は、丹下桃です。


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

麻生波枕

Author:麻生波枕
FC2ブログへようこそ!
好きなもの、好きなことを
大切にしてます。
音楽・コミックス・
ノベルス・スポーツ・
イラスト・その他を、
おもしろかわいいを
いと愛し。
「ハクオロとユズハ」

最新記事

検索フォーム

アルバム コミックス他Ⅰ

紹介した表紙などです。

アルバム コミックス他Ⅱ

コミックス等の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅲ

コミックス他の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅳ

コミックス他の表紙です。

アルバム コミックス他Ⅴ

紹介した表紙などです。

QRコード

QR

カテゴリ

リンク

アルバム 音楽Ⅰ

紹介した音楽ジャケット。

アルバム 音楽Ⅱ

音楽ジャケットです。

アルバム 音楽Ⅲ

音楽ジャケットです。

月別アーカイブ

黒メイド時計